<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ゴーヤを植えます。

5/30

日が長くなり、西日がきついテラスには
毎年グリーンカーテンを作っている。
去年は朝顔でやったのだけど、今年はゴーヤでやることにした。

せっかくなので子供に植えてもらった。
最初は嫌がってたが、最終的には名前もつけてくれた。
「さくら」と「そうら」らしい。由縁は教えてくれない。
大きく育って欲しい。

タイシロウ

b0116276_15505381.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-30 21:44 | タイシロウの日記 | Comments(0)

散歩道。

5月29日
日曜日は私たちが住んでいる中佐治区の運動会がありました。
中学生以上になると運動会には参加しないようですが、
今年は子供全員参加の「お菓子取り」が36名で、
昨年よりも多かったそうです!

夏には「盆踊り&花火大会」もあり、
「屋台も出るからすごく楽しみにしてる!」と
近所の子供たちが話してくれました。

中佐治に引っ越してきてまだ日が浅いですが、
住んでいる人にも周りの環境にも私たちはとても満足しています。

なかでもお気に入りは、田んぼの中を緩やかにカーブしている道。

ガードレールがなくて、足元には草花が咲き、すぐ田んぼがあって、
大きな道から1本入っているので車もあまり通りません。
この道を子供たちが行き交って遊びます。
その光景はホントに素敵で、この「散歩道」があることで
私の満足度はさらにアップしています。
(A)
b0116276_11333570.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-30 11:37 | 丹波の出来事 | Comments(0)

東京での出来事 その4

5/29

ずっと行きたいなぁと思っていたのだけど、
なかなか時間がなく(東京からちょっと距離があるので)
諦めていたのだけど、思いの外、表彰式が早く終わったので、
象設計集団がつくった進修館コミュニティセンターを訪れた。
文章書くより写真見てもらったほうがいいかなと思うので、
今回は写真多めの投稿にしたい。久しぶりに建築見て感動しました。
b0116276_15413542.jpg
b0116276_15413551.jpg
b0116276_15413674.jpg
b0116276_15413679.jpg
b0116276_15413625.jpg

近所にこちらも象設計集団の宮代町立笠原小学校もあったので
こちらもちょこっと見に行ったがこちらも写真を見てもらおうと思う。
こんな学校で育った子供たちは将来どんな大人になるのだろう。。。

b0116276_15413639.jpg
タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-05-29 20:40 | タイシロウの日記 | Comments(0)

里の音楽会のはもにか祭りはお祭りでした!

5/28 昨日は、ハモニカ祭りでした。
b0116276_21303260.png
春日町の丹波ハーモニカサークルの方々の演奏に
足立安弘さんのハモニカ亭の極小教室生の演奏、2名の内1名は北九州から!?すごい!
安弘さんのハーモニカと美市川さんのピアノの演奏

という3部構成でした。

今年で4回目の里の音楽会ですが、
安弘さんの「やってみたい」を実現する場として、
地元の方々の「こんな活動が衣川會舘でできたら…」という想いが叶う場として、
里の音楽会を衣川會舘で続けていきたいと思います。

皆さん、本当に素敵な演奏で、
最高の終末を過ごせましたね。

丹波でこんな素敵な時間を過ごせるって幸せですね。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-28 21:33 | 佐治倶楽部の活動 | Comments(0)

ホンイチ

5/27

本日は「ホンイチ」でした。
佐治のライブラリースペースとして、古本市や様々な本を置いています。
中々、大盛況とは行きませんが、来てくださる方、落ち着いて過ごせるようで、
本を手にとって過ごしたり、PCで作業したりしています。

ここでは、キヌイチとは違う空間を演出し、「人と本」を繋いで行けるような
場所にしていきたいと思っています。

また今後も様々な企画をするので、またホンイチの際は覗いて行ってくれると幸いです。
ちなみに来月は英語の絵本に触れる企画「picture book読書会」を企画します。

ぜひ、絵本好きのみなさんは参加してみてください。
うえじ

b0116276_22585504.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-27 22:54 | 新!室長日誌 | Comments(0)

終わりと始まりは表裏一体!の巻

5/26 今晩は、毎月月末恒例のBAR Saji Studioの日。
b0116276_21303165.jpg
ですが、昨日は大路のこどもの森で、
アースバック小屋の漆喰塗作業でした。

3年前の春から始まり、長い年月をかけながら、
いろんな人たちと一緒に試行錯誤を重ねながら、
ようやっとここまでやってきました。

もうこれは、一つの人間ドラマです。

本当は最後の仕上げ作業もかかっわてきたメンバー全員で取り組みたかったのですが
残念ながら時間切れです・・・。

いつまでもブルーシートをかけたまま、
山の中に放置もしておくのは迷惑なんで、
天気の良さそうな日を見つけては、
地元の大路未来会議のメンバーと一緒に漆喰塗作業。

というわけで、大方全体の漆喰塗ができあがったので、
このまま雨が降っても大きく損傷するとこが無ければ、
一旦これで完成って感じですね。

いやー雨の後に現場を見に行くのはドキドキですが、
早く皆さんにお披露目できるように頑張りたいと思います。

しかしまぁ、完成と言っても
完成してから、日々風雨に晒され建物は傷んでいくわけで、
終わりはまた次の何かの始まりなんですよね…。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-26 21:18 | 出町日誌 | Comments(0)

UGGコーヒー研究会(仮)

5/25

今日は「UGGコーヒー研究会(仮)」が開催されました。
グリーンパートナーの一宮さんと色々なコーヒーを淹れる器械を使って、
コーヒーを飲んでみたいということでこの企画が始まりました。

初回ということもあり、青垣町で豆の焙煎店を始めようとしている
マイクの店に行きました。
すでに焙煎機が入っているだけでなく、エスプレッソマシンや
電動ミルなど様々な器械があり、とても面白かったです。

豆の煎り方や挽き方などで味が変わってしまうので、
本当に自分の好きな豆の種類などをこの会を通して発見できればいいなと思っています。

来月のこの会ではマイクが焙煎した豆を使って、佐治スタジオと一宮さんが持つ
様々な道具を使ってコーヒーを飲んでみたいと思います。
コーヒーを淹れる道具でもどのように味が違うのか?
どれが自分に合うのかを試してみませんか?
うえじ
b0116276_22395251.jpg
b0116276_22395506.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-25 22:38 | 新!室長日誌 | Comments(0)

東京での出来事その3

5/24

今日も東京での出来事を書いていきたい。

ひばりテラス118(ひばりヶ丘団地)
こちらは建て替え事例でかなり大胆に変化しているのが興味深かった。新しくなった住棟・住宅地のコミュニティづくりやエリアマネジメントのために作られたのがひばりテラス118だ。二階建てのテラスハウスをリノベーションしてコミュニティスペースや貸し部屋、カフェ、花屋さんが入っている。前にはこじんまりとしたフリーな広場もあり、子供たちが思い思いに遊んでいたのが、印象的だった。

b0116276_18190336.jpg
b0116276_18190273.jpg


南池袋公園
行政と民間が一緒になって公園を管理している事例なのだが、仕組み等詳しくは下記を読んでもらえたらと思う。
https://www.realpublicestate.jp/column/2707/
平日夕方でこれだけの人が集まっている。ほとんどが20代の若者という感じだったが、親子できている人もいれば、スーツ姿の仕事終わりサラリーマンも見られる。
空間的なことでいうと、周辺は柵で囲われているので、なんともといった感じだが、公園内部はかなり良いと思った。雑居ビルの中にポツリと空いた場所かと思っていたのだか、入り口の位置が大通りまで抜ける道と連続していることから、実際の大きさよりも空間が広く感じられる。さらに隣が墓地ということもあり、その方向に対しては空がとても広い。その広い空にスカイクレーパーが建っていて、自然と目線がそちらに向く。小野寺康さんのいう「主景」があるわけである。
芝生部分はフラットかと思っていたら、傾斜のついた場所もあり、かなり良かった。
一番驚いたのは、セルフでゴザを貸し出しているということだ。みんなちゃんと丸めて返している。日本も捨てたもんじゃないなと思った。

タイシロウ

b0116276_18190373.jpg
b0116276_18190350.jpg
b0116276_18190306.jpg



[PR]
by saji_saji | 2018-05-24 18:14 | タイシロウの日記 | Comments(0)

講義「環境の倫理」

5/23

文学部の木岡先生の講義「環境の倫理」にゲストスピーカーとして読んでいただき、南花台での取り組みを中心にお話しさせていただいた。木岡先生とは大学院での授業で出会って、それ以来卒業してからも、気にかけていただいて、お付き合いさせていただいている。

今回の授業では、関谷からの話の後、テーブルに分かれてグループで議論するという2部構成になっていた。

議論の中では興味深い意見もあった。ひとつは「参加の考え方」についてだ。いろんな取り組みをしているがその中でも参加できない人もいるのではないかという意見だった。
僕は、以前書いた「参加の方法」の話をした。
「参加にはいろんな形があるので、身も待ってくれるという参加の方法もある。無理に呼び込まない、参加してくれるまで待つ」という発想だ。きっとその方が長く関わってくれると思っている。

学生は僕の答えになんとなく不服そうだったけれど、理解はしてくれたようだった。

木岡先生の書籍の中では「対話」の重要性について書いてあるものがあるのだけれど、まさにそうなのだ。目の前にある問題や揉め事が解決する必要はなくって、理解し合う、認め合うためのプロセスとしての対話が大切なのだと思う。
参加の方法についてはいつも賛否が分かれるところなのだけれど、対話を通して僕の想いを伝えたいし、みんながどんなふうに思っているのか知りたい。

学生たちの素直な意見が聞けたとてもいい機会だった。
終了後に頂いたミニッツペーパーでの意見も少しアップしておく。

タイシロウ

b0116276_18474587.jpg
b0116276_18474596.jpg
b0116276_18474566.jpg
b0116276_18474513.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-23 18:24 | タイシロウの日記 | Comments(0)

最年少スタッフとして。

5月22日
b0116276_10240421.jpg

TAMBA Blue School」が始まっています。
チラシがお手元にある方はお気づきかもしれませんが、
裏面に昨年のワークショップのようすが掲載されていまして・・・。

そこに植地室長が載ってるんです、とっても小さく。

佐治スタジオの看板周辺を何度もパトロールする最年少スタッフの創君は、
目ざとくそこに貼ってあるチラシのとっても小さな室長を見つけ、
「おーおー」言いながら、何度も何度も、
愛おしそうに小さな人差し指でこちょこちょ触りまくっています。

エクステリアADACHI のYさんにも気付いているようです。

植地室長のことをこの上なく大好きな創君ですが、
それを度外視しても、とても小さなことに目が届くスタッフです。

たぶん、先日の佐治倶楽部総会でスタッフとして紹介されたことを
励みにしているのかもしれません。

最年長スタッフの私も負けてられません。
(A)

[PR]
by saji_saji | 2018-05-22 10:26 | 丹波の出来事 | Comments(0)