<   2018年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

思い出を記録

2/28

今日で完全に引越しが終わった。
これまでは居住実験として大学で借りていた部屋を出て、セキヤ個人で借りる部屋ができたからだ。

住んでいた部屋がある街区はURの集約事業の対象エリアになっていて、建物が潰されることが決まっている。そんなことも頭に浮かんだからか、査定を済ませて、がらんどうになった部屋を見るとなんだか急に寂しくなったりした。
街にあったものが突然なくなるってどんな気持ちなのだろう。。。
いろんな感情を想像してみて、それを記録したくなって写真を撮ってみた。

2019年の3月にはこのエリアの住人の引越しが終わり建物がいよいよなくなることになっている。それまでに地域の人に声かけして一緒にたくさん写真を撮って記録しておくことにしよう。昔の写真を集めて写真展をするのも良いかもしれない!
居住実験していて一番意味があったのは、
こんなことを思えるようになったことだと思う。

タイシロウ
b0116276_09100882.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-02-28 21:08 | タイシロウの日記 | Comments(0)

遠阪のセツブンソウ。

2月27日

ぽかぽか陽気ですね。
ウグイスも昨日の朝から鳴き始め、よりいっそう春の訪れを感じています。

さて。
この季節、青垣町といえば「セツブンソウ」です!
今年は遠阪地区のセツブンソウを見に行ってきました。
道路から少し入ったところで遠巻きに見ただけでも、
ぼんやりと白くなっているのが分かるくらい群生していました。

私有地のため期間限定でしか入ることができないそうですが、
周辺はとてもきれいに手入れされていて、
持ち主の方の愛情かな~、「里山」ってこんなかんじかな~とか
いろいろ思い巡らせながら帰ってきました。

少し話はそれますが、
今、「遠阪地区見つめなおしアンケート」の集計のお手伝いをしています。
廃校になった遠阪小学校の利活用について地域住民の方に配られたものです。
その中で、「活かしたい魅力や資源は?」の設問に
「セツブンソウ」をあげている方がすごく多いです。
また、「あなたはどんなふうに関わりたいですか?」に
「行われるイベントに参加して、その魅力を他の人に伝えるようにする」と
いう方がおられました。

「自分が感じたことを伝えていくという関わり方がある」ということを
私も見習わないといけないなぁと思いました。
(A)
b0116276_14582258.jpg


[PR]
by saji_saji | 2018-02-27 14:58 | 丹波の出来事 | Comments(0)

雪を溶かして水をつくる!の巻

2/26 豪雪の福井・大野へ。
b0116276_21593357.jpg
皆さんは、福井県の大野市をご存知でしょうか?

今年の北陸豪雪で取り上げられている福井市のお隣、大野市です。

いつぞやの本ブログでも取り上げましたが、
今年度から関西大学の活動拠点が福井県の大野市に開設しました。

空き家になっていた布団店を借用し、
「関わり続けける定住のカタチ」を
実践するための拠点として活用していきます。

拠点の名前は、横町通り商店街の名前を拝借し、
「関西大学横町スタジオ」と命名。

これから地元の方々と協働し
どのような活動を展開していけるのか楽しみなわけです。

そんな感じで、今年は拠点をまずは「使えるようにする」ことを目標に、
身近なところから少しづつ整備しています。
とは言うものの、もともとが丁寧に管理されていたので、
しっかり掃除するだけで、寝泊まりはできるようになったのだけれど…。

そんな訳で、僕も2カ月に1かいくらいのペースで大野に行っていて、
先月も1月29日に、テーブルの天板を納品してもらうのに滞在していましたが…。
b0116276_21593300.jpg
なんでか知らんけど「水が出ない」
命綱の井戸水が出てこない…ポンプは動いているんだけど
「・・・水が出ない」

ということで、人生初。
積もりまくっている雪を窓からすくい上げ、
IHコンロに鍋を置いて、溶かしてやりましたよ。
雪を溶かして、水をつくった訳です。
b0116276_21593258.jpg
昔理科の時間に習った、
液体が固体に変化する過程で膨張し、体積が増える。
そのことを実践的に学ぶことができました。

出町


[PR]
by saji_saji | 2018-02-26 21:36 | 出町日誌 | Comments(0)

佐治スタジオの年次報告会「ブルーサミット」!

2/25

第一回目となる「ブルーサミット」が開催されました。
今まで、年度末に報告会を開催することがなく、今年は草郷ゼミの活動が青垣町佐治を舞台に活動し、その成果を発表したいという意向もあり、佐治スタジオの年次報告会を行いました。
ただ、学生やゼミの発表をするだけではもったいないなと思い、佐治スタジオと一緒に活動している様々な団体を招いてサミットのような報告会を開催しました。

Msajiや丹波八宿青垣の秋実行委員会、あおがき灯りの夕べ実行委員会、丹波布技術保存会、まちづくり部、佐治倶楽部、衣川會舘を考える会など様々な団体に声をかけるとみなさん心良く引き受けていただき、佐治スタジオが10年以上活動してきたつながりの強さを感じました。

今回の活動の趣旨として、様々な団体が活動しているのを発表してもらい、様々な人に活動を知ってもらうということ。団体同士の横のつながりというのはあまりないように感じていたので、横同士で協力していけるような体制ができれば、発展的な活動につながり、もっと楽しいイベントや活動ができるのではないかと思い開催しました。

時間が押してしまい、横のつながりの話をする時間はあまりなかったのですが、佐治スタジオはこれからもみなさんと関わりながら一緒に活動していくので、これから先は様々な団体が繋がれるようなハブ的な役割を担っていきたいと思っています。
b0116276_11183039.jpg
b0116276_11174486.jpg
b0116276_11181998.jpg

うえじ

[PR]
by saji_saji | 2018-02-25 23:53 | 新!室長日誌 | Comments(0)

毎月、月末の土曜日はBARの日

2/24 月末の土曜日はBAR Saji Studioの日
b0116276_21224596.jpg
冬のBARは寒さや雪の加減もあって、
夏場に比べてお客さんの数は少ない…。

でも、そこで生まれる出会いと交流の密度は変わらない。
BARを始めてかれこれ何年目になるのだろうか…?

妻に尋ねると…しばらくパソコンをポチポチして「2014年1月25日」
そう、気付いたら5年目に突入していた。
しかも、2014年2月の売り上げは…「2,000円」
大赤字もいいところで、スタジオ使用料2,000円払ってお終い…。

それでも、
「佐治のまちにお酒飲みながら、楽しくワイワイできる居場所を作りたい」
という想いでBAR始めているもんで、
お客さんが一人でも来てくれたら、
それだけでも僕らは楽しい。

そんなこんなで、沢山の方々に支えられて応援して頂いて
続いているBAR Saji Studio。
これからも沢山の方々と一緒に楽しく続けていきたい。

出町


[PR]
by saji_saji | 2018-02-24 23:17 | 佐治倶楽部の活動 | Comments(0)

バーカウンターの椅子

2/23

長年、佐治スタジオを支えてくれていたバーカウンターの椅子なんですが、
一つだけクッションがなくなりました。
盗られたり、壊れたりしたわけではないですよ。
実は、最近ugg coffeeを営業しているときに氷上町で洋服のお直しを営む「おはりこ」の道本さんがお客さんでいらっしゃったのをきっかけに、前々から気になっていたバーカウンターの椅子のクッション部分の修繕を頼んでみました。(足の部分はスタジオで直します)
やはり、専門家の人の話を聞くと、色々なアイデアが出てきます。
バーカウンターの椅子がどのように変化するのか、楽しみにしていてください!

b0116276_10182829.jpg

うえじ


[PR]
by saji_saji | 2018-02-23 10:17 | 新!室長日誌 | Comments(0)

先生って。

2/22

今日は関西大学高等部のSGHの取り組み参加が今年度最終日だった。
高校生たちが書いた論文を見るということだったが、
「みんなの意見や感想が聞きたい」ということで
1年間やってみてどうだったかを聞いてみた。
というのも、実は今回関わらせてもらった「都市環境ゼミ」は
全員第二志望の子たちだということを聞かされていたのだ。
行きたくないゼミに来ていた子たちが、どんなことを思っているのか
少し聞いてみたくなったのだ。

「いまだによくわからない」
「班の子と一緒に取り組めて、未だに集まって話をしたりする」
「みんなで一緒に取り組めたのが良かった」
「論文書くのが難しいことを知った」
などなど個々人でいろんな思いを持ってくれていたが、
ゼミを通して自分の気持ちを自分の言葉で伝えるということは
スキルアップしたように感じている。

高校一年生のこの時期に論文製作を通して
「自分で考える」ことの一端に少しでも触れることを経験してもらえたなら
1年間関わらせてもらった意味もあったのかなぁとおもう。
先生って面白い職業だなぁと感じた。

彼か彼女らが大学に入ったら一緒にPJできる日が楽しみだ。

タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-02-22 23:39 | タイシロウの日記 | Comments(0)

南花台地区『丘の生活拠点』に関するまちづくり連携協定

2/21

昨日、南花台地区『丘の生活拠点』に関するまちづくり連携協定の締結式がコノミヤテラスで行われた。
河内長野市、UR都市機構、関西大学の3者連携協定になる。
丹波市は関西大学とまちづくりの連携協定を2007年に結んでいて、
それが現在の活動に繋がってきているわけだが、
河内長野の方は、これまでの活動が後押しになって連携協定締結に繋がった形だ。

関西大学の芝井学長のあいさつのなかで、
「丹波の佐治スタジオ、男山のだんだんテラスでの活動のアイデアやノウハウをー」
とお話があった。

丹波の活動が日本中いろんなまちに広がっていけばと思う。

以下、本日付関西大学プレスリリース記事です。
タイシロウ

b0116276_23262086.jpg
b0116276_23262192.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-02-21 23:26 | タイシロウの日記 | Comments(0)

今日は生け花教室の日。

2月20日

月一回ですが、衣川會舘で生け花教室を開催しています。
できるだけ季節を感じられる花材を選んで、
気負わずに活けられるようにと思っています。

衣川會舘の大きな特徴である土間を利用しているので、
汚れの心配があまりなく掃除も楽です。
あと、靴を脱がずに気軽に始められるのもいいですね。

だんだんと日暮れが遅くなってきたので
心なしか気分もゆったりします。
帰り際、外に出て「わ~まだ明るい!」っていう声のトーンが高いです。
それではまた来月!
(A)

b0116276_22123177.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-02-20 22:18 | 佐治倶楽部の活動 | Comments(0)

研究室のOBで法人を立ち上げた!の巻

2/19 一般社団法人カンデの定例理事会in男山

今年の1月23日(ひふみん)に、
関西大学建築環境デザイン研究室の卒業生6人で
「協働と実践をもって、集まって暮らす環境をデザインする」
ことを目的に、法人を立ち上げました。

その名も、一般社団法人カンデ。

カンデってどういう意味なんやろうって感じですが、
研究室の略称「カンデ」をそのまま。

昨日は月一の理事会の日。
b0116276_09252813.jpg

吉阪隆正さんのU研究室みたいな感じで、
大学の研究室の意思を引継ぎながら、
社会と関わり続けていくことが出来ればと思っています。

設立メンバーは、
植地惇(関西大学佐治スタジオの室長)
関谷大志朗(河内長野市のコノミヤテラス常駐、ATACOM関係)
辻村修太郎(京都府八幡市男山団地/だんだんテラス)
野々山稔(うのの建築事務所/コノミヤテラスなどの設計担当)
福本優(人と自然の博物館/男山団地や南花台団地の活動、丹波の創設期メンバー)
出町慎(カンデの活動全体に関わってる)
の6名。

今はまだ、組織の基盤整備の真っただ中。
ホームページだけとりあえず立上げているので、
少しづつアップしていきます。

そのうち、もっとちゃんとしたカタチで
皆さんにお披露目できる日がやってきますので
お楽しみに!?

出町



[PR]
by saji_saji | 2018-02-19 23:54 | 出町日誌 | Comments(0)