カテゴリ:タイシロウの日記( 81 )

新しい波

6/13

今日は学校で行われていたATACOM(アタコム)の会議に参加してきた。
※ATACOMは氷上町の成松を中心に愛宕祭や地域行事、最近は空き家を使った活動まで行う学生団体。
佐治スタジオも大学や地域とのつなぎ役として関わっている。
今日の会議では、毎年決めている活動のテーマについて議論が行われていたが、今年はなんと32人もの学生が参加するらしく、史上最大人数の会になっている。

人数が多い分、統率が大変で、いろいろと困りごともあるようだけれでも、人数が多い分、乗り越えやすいのではないかとも思っている。
いい形で応援していきたい。

嬉しいことがあった。
会議中、普段そんな風に発言するようなタイプでもないと思っていた学生が、冷静な分析のもと、場の空気をクッと変えるような意見を言っていた。
会議後、後輩たちに高速バスの予約の取り方を説明する4回生たちがいた。
1回生の頃から知っている彼らからは(失礼承知で)想像できないようなシーンがそこにはあって、(偉そうだけど)「あぁ、なんかみんな大きくなってんだなぁ」となんだかしんみり嬉しくなってしまったのだ。

ATACOMに参加する子は総じてクセのある学生が多いのだけど、
みんな無限の可能性を持っていて、まだまだ伸びるように期待してしまう。

…と元気をもらいながら、いざ最近の自分を省みて
もっと色々できることあるなぁと反省中の帰りの電車の中である。

タイシロウ
b0116276_23190950.jpg
b0116276_23190949.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-06-13 23:19 | タイシロウの日記 | Comments(0)

ベンチなテラス2

6/7

ちょうど1年くらい前に「ベンチなテラス」という記事を書いたが、


先日丹波にもよくくる4回生Tくんと一緒に新しいベンチを製作した。

1年前は平均12人くらいだったラジオ体操も
今では15〜20人近い人が来て荷物を置く場所、終わった後休む場所がないのだ。
さらにテラスの認知度が上がるにつれて(?)コノミヤテラス前に立ち寄る人が増えて、ベンチ難民が多数あらわれていた。そういった現状を踏まえて「ベンチを作りましょう。」ということでTくんと一緒に。
テラスにあった廃校になった小学校の家庭科室の椅子を使い、
無垢の木材を上に取り付け、新たにベンチを作った。

写真の通り大人気のベンチになり、広場っぽくなってきた。
これを契機にコノミヤテラスの店舗側をいろいろと改修していきたい。

ちなみに「ベンチなテラス」の外のベンチはあの後もうひつつ製作し倍の長さにした。
今では、ふらりとやってきた人が使ってくれている。
セキヤ調べでは夜中に男女が座って語り合っていることも。。。

そんな使われ方をされるなんて思ってもいなくて。
場所を作るって本当に深くて面白い。

タイシロウ

b0116276_16202898.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-06-07 22:21 | タイシロウの日記 | Comments(0)

する側される側の双方の喜び

6/6

南花台では「買い物応援プロジェクト」を1年半近く継続して行っている。
買い物に来た方々の荷物を一緒に歩いて家まで運ぶ応援の仕組みだ。
数ヶ月前からは、庭掃除やゴミ出しといった日常の困りごとのお手伝いもしようと「生活応援」としての活動をしていくための話し合いを重ねてきた。
5/21〜6/4までの期間実験的に生活応援プロジェクトに取り組んだ。

結果、1軒庭掃除の依頼が入った。
お願いされた方は大変喜ばれていたそうだ。
会議の中でその報告もあったのだが、
「困っている人のお手伝いをすることができて本当に良かった」
という言葉が印象的だった。

生活応援は継続性も考慮し、
1時間800円と料金をもらいながら
今後も継続しながら実績を積んでいこうということになった。

日本のいろんなところで
生活応援の仕組みや団体がある。
応援される側も応援する側も双方が喜びを感じれることが大切なのだと思う。

タイシロウ



[PR]
by saji_saji | 2018-06-06 21:51 | タイシロウの日記 | Comments(0)

ゴーヤを植えます。

5/30

日が長くなり、西日がきついテラスには
毎年グリーンカーテンを作っている。
去年は朝顔でやったのだけど、今年はゴーヤでやることにした。

せっかくなので子供に植えてもらった。
最初は嫌がってたが、最終的には名前もつけてくれた。
「さくら」と「そうら」らしい。由縁は教えてくれない。
大きく育って欲しい。

タイシロウ

b0116276_15505381.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-30 21:44 | タイシロウの日記 | Comments(0)

東京での出来事 その4

5/29

ずっと行きたいなぁと思っていたのだけど、
なかなか時間がなく(東京からちょっと距離があるので)
諦めていたのだけど、思いの外、表彰式が早く終わったので、
象設計集団がつくった進修館コミュニティセンターを訪れた。
文章書くより写真見てもらったほうがいいかなと思うので、
今回は写真多めの投稿にしたい。久しぶりに建築見て感動しました。
b0116276_15413542.jpg
b0116276_15413551.jpg
b0116276_15413674.jpg
b0116276_15413679.jpg
b0116276_15413625.jpg

近所にこちらも象設計集団の宮代町立笠原小学校もあったので
こちらもちょこっと見に行ったがこちらも写真を見てもらおうと思う。
こんな学校で育った子供たちは将来どんな大人になるのだろう。。。

b0116276_15413639.jpg
タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-05-29 20:40 | タイシロウの日記 | Comments(0)

東京での出来事その3

5/24

今日も東京での出来事を書いていきたい。

ひばりテラス118(ひばりヶ丘団地)
こちらは建て替え事例でかなり大胆に変化しているのが興味深かった。新しくなった住棟・住宅地のコミュニティづくりやエリアマネジメントのために作られたのがひばりテラス118だ。二階建てのテラスハウスをリノベーションしてコミュニティスペースや貸し部屋、カフェ、花屋さんが入っている。前にはこじんまりとしたフリーな広場もあり、子供たちが思い思いに遊んでいたのが、印象的だった。

b0116276_18190336.jpg
b0116276_18190273.jpg


南池袋公園
行政と民間が一緒になって公園を管理している事例なのだが、仕組み等詳しくは下記を読んでもらえたらと思う。
https://www.realpublicestate.jp/column/2707/
平日夕方でこれだけの人が集まっている。ほとんどが20代の若者という感じだったが、親子できている人もいれば、スーツ姿の仕事終わりサラリーマンも見られる。
空間的なことでいうと、周辺は柵で囲われているので、なんともといった感じだが、公園内部はかなり良いと思った。雑居ビルの中にポツリと空いた場所かと思っていたのだか、入り口の位置が大通りまで抜ける道と連続していることから、実際の大きさよりも空間が広く感じられる。さらに隣が墓地ということもあり、その方向に対しては空がとても広い。その広い空にスカイクレーパーが建っていて、自然と目線がそちらに向く。小野寺康さんのいう「主景」があるわけである。
芝生部分はフラットかと思っていたら、傾斜のついた場所もあり、かなり良かった。
一番驚いたのは、セルフでゴザを貸し出しているということだ。みんなちゃんと丸めて返している。日本も捨てたもんじゃないなと思った。

タイシロウ

b0116276_18190373.jpg
b0116276_18190350.jpg
b0116276_18190306.jpg



[PR]
by saji_saji | 2018-05-24 18:14 | タイシロウの日記 | Comments(0)

講義「環境の倫理」

5/23

文学部の木岡先生の講義「環境の倫理」にゲストスピーカーとして読んでいただき、南花台での取り組みを中心にお話しさせていただいた。木岡先生とは大学院での授業で出会って、それ以来卒業してからも、気にかけていただいて、お付き合いさせていただいている。

今回の授業では、関谷からの話の後、テーブルに分かれてグループで議論するという2部構成になっていた。

議論の中では興味深い意見もあった。ひとつは「参加の考え方」についてだ。いろんな取り組みをしているがその中でも参加できない人もいるのではないかという意見だった。
僕は、以前書いた「参加の方法」の話をした。
「参加にはいろんな形があるので、身も待ってくれるという参加の方法もある。無理に呼び込まない、参加してくれるまで待つ」という発想だ。きっとその方が長く関わってくれると思っている。

学生は僕の答えになんとなく不服そうだったけれど、理解はしてくれたようだった。

木岡先生の書籍の中では「対話」の重要性について書いてあるものがあるのだけれど、まさにそうなのだ。目の前にある問題や揉め事が解決する必要はなくって、理解し合う、認め合うためのプロセスとしての対話が大切なのだと思う。
参加の方法についてはいつも賛否が分かれるところなのだけれど、対話を通して僕の想いを伝えたいし、みんながどんなふうに思っているのか知りたい。

学生たちの素直な意見が聞けたとてもいい機会だった。
終了後に頂いたミニッツペーパーでの意見も少しアップしておく。

タイシロウ

b0116276_18474587.jpg
b0116276_18474596.jpg
b0116276_18474566.jpg
b0116276_18474513.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-23 18:24 | タイシロウの日記 | Comments(0)

東京での出来事 その2

5/17

その2は表彰式の話を書いておきたい。
今回南花台のプロジェクトが「第10回協働まちづくり表彰」にて優秀賞を受賞した。
https://noma-lgf.jp/2018/award/

表彰式だけでなく、受賞団体のパネルトークがあったのだけど、
共通するキーワードは以下の2つ。

「シェア」
どの取り組みも自分の財産だったり、企業の持ち物をシェアして誰でも使えるような形にしていて、
それが景気になり拠点になり、活動が広がっていた。
これまでの協働まちづくり賞ではあまり出てきてなかった流れとのことだったが、
時代の流れは、「みんなで使う」ということなのだろう。

「無理せず自分たちでできることを」
グランプリの団体が話していたのだけど、
「継続することを目的とせず、無理せず楽しく好きなことをやっているだけ。結果的にこうなっている。」ということだった。「楽しいことをやっているところには自然と人が集まってくると思うんです。」と話していたのが印象的だった。

こうやって並べてみると丹波でのプロジェクトはほとんどがこのキーワードに当てはまる。
10年以上前から取り組んでたんだから、やっぱり丹波は最先端なんだなと笑。

ともかく、南花台の取り組みとして賞をいただくのは初めてのこと。
いただいた楯を地域の方に早く見せたいと思う。

タイシロウ

b0116276_20174411.jpg
b0116276_20173812.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-17 20:11 | タイシロウの日記 | Comments(0)

東京での出来事 その1

5/16

17日に協働まちづくり表彰の授賞式があるため、
今日から東京に前乗りしている。
せっかく前乗りしたので、河内長野市役所のNさんといろんな事例を見に行くことにした。
いろんな収穫があったので、
しばらく連続記事「東京での出来事」として、書いていきたいと思う。
今回はたまむすびテラスのことについて書いていきたい。


たまむすびテラス
http://www.g-mark.org/award/describe/39440

b0116276_20002796.jpg
3つの企業が入って団地再生した事例。
それぞれの企業が住棟を借り上げて、
シェアハウス、ファミリー向けリノベ住戸、サ高住、さらにシェア農園まで企画している。
また食堂も新設されていて、サ高住に住んでいる人たちはともとより、
周辺住民も利用できるというものだ。
2011年にスタートしており6年目になるという。
団地の再生事例としては魅力的だと感じた。
周辺の道路との関係を考慮しながら、1階部分をぶち抜いて住棟間に抜けを作ったり、
一階部分のコミュニティスペース(共用部分)、シェア農園も機能しているようだった。
併設されているゆいまーる食堂も利用したのだが、
その際に働いている方のお話を聞くことができた。(大変繁盛していて、定食メニューがなくなっていた)。
最初は食堂としてお客さんが来ず、苦労した部分もあったようだが、
最近では徐々にお客さんも増えてきて
(住んでいた人たちの高齢化で移動範囲が狭まったからと話しておられたが、、、)
忙しくしているとのこと。

長く続けることって大事なんだなと。

b0116276_20002645.jpg
b0116276_20002756.jpg



空間的な視点を取り上げるとすれば、縁石やバリカーがほとんどなく、
周囲との連続感が考慮されているところがとても良いなと思った。
一般的に「団地」は周囲と隔離するような構えを取っていることが多く、
問題視されているところなのだが、それがほとんどなくて本当に気持ちが良かった。

境界をどうつないでいくか、やはり大切なのは「アイダのデザイン」なのだと思った。

タイシロウ

b0116276_20002731.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-16 19:47 | タイシロウの日記 | Comments(0)

模様替え

5/10

テラスに関係する場所をどんどん模様替えしている。
まずはカヌーを倉庫に仕舞った。
ラジオ体操の人数が増えすぎて、手が当たったり、溢れてしまう人がいるので、カヌーではなく、ベンチを設置しようということになった。

コノミヤテラスのかなも模様替えした。
ものが多くてごちゃっとした感じから、整理整頓して、机のレイアウトもガラッと変えていた。

今の方が使い勝手も地域からの評判もいい。

ちょっとしたことだったが、毎日開く場所なので、重要な視点だと思う。
常に変化し付ける拠点は、(自分で言うのもアレだが)元気がある拠点なのではないだろうか?

タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-05-10 17:07 | タイシロウの日記 | Comments(0)