カテゴリ:出町日誌( 88 )

今年も「道の駅の夕べ」が近づいてきたよ。

6/4 毎年恒例の青垣の夏祭りと言えば・・・
b0116276_21315359.jpg
そう「あおがき道の駅のゆうべ」ですよね。
7月22日(日)17時から21時まで、あおがき道の駅で開催!

今年で15回目で、実行委員会が佐治スタジオを中心に
再結成されて、5回目のちょっとした記念の会。

ですが、特別な事はなく、
毎年少しづつ新しいことにチャレンジしています。

今年は、道の駅の特製ロゴ入り「木ぃホルダー」の販売を行います。
ちなみに1個300円で、売り上げは協賛金としてイベント運営費になります!

てなかんじで、少しづつ持続的に自立できるように前進中。

今日は、道の駅の会場準備ということで、
告知用の横断幕の設置や備品のチェックを行いました。

炎天下の下、環さん、庄策さん、植地君お疲れさまでした。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-06-04 21:32 | 出町日誌 | Comments(0)

SAJIHAUS一級建築士事務所をご存知ですか?

6/2 初めまして、SAJIHAUS代表の出町です。
b0116276_21444094.jpg
そう、BAUHAUSのように
建築の設計だけの枠にとどまらずに、
佐治という日本の山間部から
未来の社会をデザインしていく…。
そんな設計事務所を目指して開設!

このたび5月8日付で
一級建築士事務所となりました。

佐治スタジオや佐治倶楽部での経験を活かして
空き家のリノベーションやいろんな空間のデザインを通して
楽しいコト、楽しい場をデザインしていきたいと思います。

事務所のテーマはズバリ。
「アイダをデザインする設計事務所」

山と人のアイダ
山と建築のアイダ
建築と人のアイダ
建築と集落のアイダ
人と人のアイダ

アイダにこそ、21世紀の未来をデザインする鍵がある。

今後とも宜しくお願い致します。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-06-02 21:55 | 出町日誌 | Comments(0)

終わりと始まりは表裏一体!の巻

5/26 今晩は、毎月月末恒例のBAR Saji Studioの日。
b0116276_21303165.jpg
ですが、昨日は大路のこどもの森で、
アースバック小屋の漆喰塗作業でした。

3年前の春から始まり、長い年月をかけながら、
いろんな人たちと一緒に試行錯誤を重ねながら、
ようやっとここまでやってきました。

もうこれは、一つの人間ドラマです。

本当は最後の仕上げ作業もかかっわてきたメンバー全員で取り組みたかったのですが
残念ながら時間切れです・・・。

いつまでもブルーシートをかけたまま、
山の中に放置もしておくのは迷惑なんで、
天気の良さそうな日を見つけては、
地元の大路未来会議のメンバーと一緒に漆喰塗作業。

というわけで、大方全体の漆喰塗ができあがったので、
このまま雨が降っても大きく損傷するとこが無ければ、
一旦これで完成って感じですね。

いやー雨の後に現場を見に行くのはドキドキですが、
早く皆さんにお披露目できるように頑張りたいと思います。

しかしまぁ、完成と言っても
完成してから、日々風雨に晒され建物は傷んでいくわけで、
終わりはまた次の何かの始まりなんですよね…。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-26 21:18 | 出町日誌 | Comments(0)

ようやく、夏の準備を始めました。

5/21 夏の準備には早すぎるが、夏野菜の準備には遅すぎる…。
b0116276_22402319.jpg
昨日、今日とずーっと我が家の畑仕事。
なぜなら、夏野菜の準備がなーんも出来ていないから・・・。

兼業農家と言いながら、忙しすぎて…
我が家の大事な稼ぎ頭(食費を抑えるという意味で…)はほったらかし状態。

知り合いからは、
「今年は、畑やってないんかー?」
なんて言われる始末。

「いやいや、これからでっせー」
って気合を入れまくって迎えた昨日、今日。

もともと5月21日、22日は地元の中学時代の友人と旅行に行く予定が入っていて空けていたので、
旅行がキャンセルになった後も、休日として確保していたのが功を奏した。

というわけで、草引きをして、肥料やらを入れて、畝を作る。基本は草引き。
除草用の薬品も化成肥料も使わずに、堆肥や有機肥料のみで土作り…。
b0116276_22402342.jpg
b0116276_22402217.jpg
夕方になると、近所の子供たちが、
「はーじーめーくーん!」って遊びに来てくれて、
畑で作業している横で、みんなではしゃぎまわっている。
なんかいい風景やな―って感動。

さてさて、明日はいよいよトマトとイタリアントマト、ナスの植え付けやー!

いやー楽しくなってきましたな。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-21 22:56 | 出町日誌 | Comments(0)

木の色目。

5/14 木材を混ぜて空間を作りたい

3年前に空き家を自宅として購入して以来、
いつ終わるか分からない改修工事が続いている。

何だか最近、板材になった木材を使ってスマートな家具を作ることに飽きてきた。
というか、せっかく丹波と言う山の中に住んでいるんだから、
もっと大胆に木材を使った、丹波ならではの改修ができないかと思うようになってきた。

で、我が家の台所を実験場にして、
ゴツゴツした角材を混ぜて使いながら、
イメージする空間作りにチャレンジしてみることに。

早速、イクジウッドの成人さんに相談して、
工場の中を探検しながら面白い材木をかき集める。

やっぱり、製材所。
探してみるとお宝がいっぱいあるわけです。

で、早速交渉して、材木をゲットしプレーナーを借りて
木材の表面を削ると、素材の色が見えてくる。
この瞬間が楽しいんですよね。

というわけで、格子壁に使う材料を選んで並べてみたのがコレ。
b0116276_15171872.jpg
左から、
杉/90mm角
ケヤキ/88mm×75mm
桧/75mm角
レッドシダー/70mm×80mm
桧/85mm角

樹種もサイズも色目も違う木材たち。
いやーいい感じ…。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-14 16:34 | 出町日誌 | Comments(0)

大野市でスタジオを1カ月開けてみたいと思う。

5/12 大野プロジェクトミーティング。

先日、学内で大野市でのプロジェクトに関わる学生と
今年度の活動について検討するミーティングを行った。
b0116276_15171824.jpg
M1の三浦君を中心に7、8名の学生が参加してくれ、
・渓流釣りを通じた地下水の源流調査
・山登りを通じた広域の視点で地域環境を把握する調査
・盆踊りを通じて、シビックプライドと伝統文化の関係性に関する調査
などなど、さまざまな専門性を活かした企画が提案された。

その中で、全員が「そうやな、それやってみよう!」となった企画がこれ。

「大野の横町スタジオを1カ月開けてみたいね。」って企画。

で、10月の1カ月間、関大横町スタジオを開けることが決定。
一応7月はプレってことで、7月24日~31日までの1週間開けてみることに。

これから定期的に大野へ行って、
「1カ月開けてみる」を大学生の力だけで実現するのでなく
「なんかやってみたい」地元の方々や高校生たちなど巻き込んで
実現していきたいと思う。

そして地元の方々と一緒にスタジオを運営していく大野モデルを作っていきたいと思う。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-12 16:20 | 出町日誌 | Comments(0)

少し早く、焼き上がり。

5/7 少し前の話ですが。

ゴールデンウィークには毎年恒例のアレがありまして、
伊賀上野の伊州窯へ行って、アレをするわけなんですが、
今年は5月3日~4日最終日にかけて参加してきた。
b0116276_15171730.jpg
今年も河原さんの粋な計らいで、土ひねりをさせて頂き、
花器を一つ作らせてもらったのだが、
驚くことにアレの中を覗くと、アレの一番先頭に並んでいてるではないか!!
「なんてことを・・・河原さん恐縮です…」と思いながら、ワクワクですわ。

アレしている最中も、倒れてないか、破裂してないか気になってしゃーない。
そんなアレの最中に信楽から、アレの職人さんが来られて、
「手前の作品を、倒しておき(熾き)の上でちょっと焼いてから、出しましょか」
何言うてはんのか分からへんかったけど、焼き上がりが面白くなるみたい。

とうぜん最前列に並ぶ僕の花器もそのターゲットに、
「出町さんは、どうなさりはりますか?」
と聞かれたら、不安もあるけど面白そうやから
「ぜ、ぜひ」
と答えるわけです。

で、信楽の職人さんが
ゴーゴー燃えるアレに向かって、ステンレスのカギ棒であれこれして、
数時間後、真っ赤に・・・いや白くまばゆい光を放つ土だったものがアレから登場出てきた。
b0116276_15171937.jpg
「美しい・・・」

土だったとはとても思えない姿に、言葉を失った。

時間が経つと冷めてきて、
少しづつ本来の姿を見せ始めるのだが、
その変化の様相も美しい…。
b0116276_15171988.jpg
いやー焼き上がりも素晴らしいけど、
土と火と木に向き合う人の営みに心を打たれた。

奥深き陶芸の世界。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-07 16:05 | 出町日誌 | Comments(0)

はじめの初節句。

5/5 こどもの日を意識する。

自分が子供だった時より、
自分が子供の親になった今の方が
「こどもの日」を強く意識している。
b0116276_15171770.jpg
まもなく1歳の誕生日を迎える我が息子の初節句。
朝から、僕も妻もなんだか慌ただしい。

妻は、餅を我が子の背中に担がせるために四苦八苦。
僕は、記念写真を撮ろうと1眼レフをセッティングするのに四苦八苦。
創君は、大人の意図を無視して、遊ぶことに一心不乱。

こうして、我が家の初節句は無事我が家らしく過ぎていった。

父出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-05 15:59 | 出町日誌 | Comments(0)

いい場所はいい。

4/30 ゴールデンウィークですからね。

ちょっと家族で京都へお出かけなんです。
b0116276_15523101.jpg
まずは、知恩院でお墓参りと特別公開している
大方丈、小方丈、狩野尚信・狩野信政筆方丈襖絵、方丈庭園などの見学をして、
いもぼう食べたら大山崎へ。
b0116276_15523172.jpg
そして、いつかの神戸新聞のイベント案内の記事で見た、
「ウィリアム・モリス」の展覧会を見に大山崎山荘美術館へ。
b0116276_15351609.jpg
てかまー、いいもんはいいですね。
いい場所はいい。

当たり前のことですけど、
建築って場所のチカラを可視化したもんなんですよね。

いやー休日は大事ですね。

出町


[PR]
by saji_saji | 2018-04-30 15:49 | 出町日誌 | Comments(0)

くつはじめ。

4/23 靴を履いて大はしゃぎ。

昨日のキヌイチに奈良から僕の母親が遊びに来てくれた。
その時に、創君に可愛い靴をプレゼントしてくれた。
b0116276_15351606.jpg
ほんで、翌日さっそく靴をおろして履いてみた。

まだつかまり立ち、つかまり歩きだけど、
もう走り出してしまうんじゃないだろうかと思うくらい
眩しい笑顔が目に焼き付いた。

父の出町

[PR]
by saji_saji | 2018-04-23 15:30 | 出町日誌 | Comments(0)