台風の為...

9月30日

本日は棚田オーナープロジェクトの稲刈りがあり、それを載せようと思っていたのですが、台風で中止となったので、昔の旅行の写真を載せます。

4年前に一ヶ月ほど中欧の方へ行っていたのですが、
その時に寄ったアルバニアの「ジロカストロ」が以外とよかったので紹介します。
アルバニアは5年ほど前まで内紛で治安が悪かったのですが、
その分、観光地感があまりなく、ありのままの風景が見れたように感じます。
また、アルバニアはこのジロカストロとベトラという二つの地域が世界遺産になっています。その二つにはキャッチフレーズがありジロカストロは石の町。ベトラは千の窓の町。と言われています。どちらも魅力的だったのですが、今回はジロカストロを選びました。

アルバニアは内紛があったこともあり、他の国よりインフラも少なく観光客も少なかったです。バス停もなく、人づたえにバスの場所を聞くのですが、英語も基本的に通じないので苦労しました。
b0116276_15122226.jpg

ジロカストロは写真で見ての通り、床も壁も屋根も全て石でできています。
メイン通りの綺麗な舗装と路地の苔が生えているような荒くたい舗装など
石だけを使っているのですが、そのデザインに多様性がありました。
b0116276_15105918.jpg
b0116276_15113112.jpg
b0116276_15071847.jpg
b0116276_15031882.jpg
b0116276_15055232.jpg
b0116276_15061574.jpg
b0116276_15053907.jpg

コンクリートなどですると、無機質で統一されてしまいますが、
このように自然のものを扱うというのは、やっぱりいいものだと感じました。

また、宿泊先なども決めてなかったのですが、歩いているとおばさんに声をかけられて10ユーロで泊めてくれるというので、そこで泊まりました。
宿泊施設ではなく、間借りみたいな感じで、家主さんと同じ家の一室を借りました。
室内はカラフルで外との対比が面白かったです。
b0116276_15024925.jpg
b0116276_15021471.jpg
b0116276_15021555.jpg
また、メイン通りには石工?の方が石で看板を作っていたり、家の前段差にみんなが座りながら作業していたりゆっくりしているのが印象的でした。
おそらく、これから観光地化していく場所なのかなと思うのですが、
そうなる前の姿を観れてよかったなと思いました。
b0116276_15042161.jpg
また、そんな町に出かけたいなと思う、今日この頃でした。
うえじ





[PR]
by saji_saji | 2018-09-30 14:51 | 新!室長日誌 | Comments(0)
<< 雨の日は・・・。 Bloom Coffee 秘密... >>