新しい波

6/13

今日は学校で行われていたATACOM(アタコム)の会議に参加してきた。
※ATACOMは氷上町の成松を中心に愛宕祭や地域行事、最近は空き家を使った活動まで行う学生団体。
佐治スタジオも大学や地域とのつなぎ役として関わっている。
今日の会議では、毎年決めている活動のテーマについて議論が行われていたが、今年はなんと32人もの学生が参加するらしく、史上最大人数の会になっている。

人数が多い分、統率が大変で、いろいろと困りごともあるようだけれでも、人数が多い分、乗り越えやすいのではないかとも思っている。
いい形で応援していきたい。

嬉しいことがあった。
会議中、普段そんな風に発言するようなタイプでもないと思っていた学生が、冷静な分析のもと、場の空気をクッと変えるような意見を言っていた。
会議後、後輩たちに高速バスの予約の取り方を説明する4回生たちがいた。
1回生の頃から知っている彼らからは(失礼承知で)想像できないようなシーンがそこにはあって、(偉そうだけど)「あぁ、なんかみんな大きくなってんだなぁ」となんだかしんみり嬉しくなってしまったのだ。

ATACOMに参加する子は総じてクセのある学生が多いのだけど、
みんな無限の可能性を持っていて、まだまだ伸びるように期待してしまう。

…と元気をもらいながら、いざ最近の自分を省みて
もっと色々できることあるなぁと反省中の帰りの電車の中である。

タイシロウ
b0116276_23190950.jpg
b0116276_23190949.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-06-13 23:19 | タイシロウの日記 | Comments(0)
<< 「地域再編まちづくりを目指して」 梅雨ですね。 >>