東京での出来事 その2

5/17

その2は表彰式の話を書いておきたい。
今回南花台のプロジェクトが「第10回協働まちづくり表彰」にて優秀賞を受賞した。
https://noma-lgf.jp/2018/award/

表彰式だけでなく、受賞団体のパネルトークがあったのだけど、
共通するキーワードは以下の2つ。

「シェア」
どの取り組みも自分の財産だったり、企業の持ち物をシェアして誰でも使えるような形にしていて、
それが景気になり拠点になり、活動が広がっていた。
これまでの協働まちづくり賞ではあまり出てきてなかった流れとのことだったが、
時代の流れは、「みんなで使う」ということなのだろう。

「無理せず自分たちでできることを」
グランプリの団体が話していたのだけど、
「継続することを目的とせず、無理せず楽しく好きなことをやっているだけ。結果的にこうなっている。」ということだった。「楽しいことをやっているところには自然と人が集まってくると思うんです。」と話していたのが印象的だった。

こうやって並べてみると丹波でのプロジェクトはほとんどがこのキーワードに当てはまる。
10年以上前から取り組んでたんだから、やっぱり丹波は最先端なんだなと笑。

ともかく、南花台の取り組みとして賞をいただくのは初めてのこと。
いただいた楯を地域の方に早く見せたいと思う。

タイシロウ

b0116276_20174411.jpg
b0116276_20173812.jpg

[PR]
by saji_saji | 2018-05-17 20:11 | タイシロウの日記 | Comments(0)
<< 青中・西高道の駅の夕べ遊び屋台... 東京での出来事 その1 >>