少し早く、焼き上がり。

5/7 少し前の話ですが。

ゴールデンウィークには毎年恒例のアレがありまして、
伊賀上野の伊州窯へ行って、アレをするわけなんですが、
今年は5月3日~4日最終日にかけて参加してきた。
b0116276_15171730.jpg
今年も河原さんの粋な計らいで、土ひねりをさせて頂き、
花器を一つ作らせてもらったのだが、
驚くことにアレの中を覗くと、アレの一番先頭に並んでいてるではないか!!
「なんてことを・・・河原さん恐縮です…」と思いながら、ワクワクですわ。

アレしている最中も、倒れてないか、破裂してないか気になってしゃーない。
そんなアレの最中に信楽から、アレの職人さんが来られて、
「手前の作品を、倒しておき(熾き)の上でちょっと焼いてから、出しましょか」
何言うてはんのか分からへんかったけど、焼き上がりが面白くなるみたい。

とうぜん最前列に並ぶ僕の花器もそのターゲットに、
「出町さんは、どうなさりはりますか?」
と聞かれたら、不安もあるけど面白そうやから
「ぜ、ぜひ」
と答えるわけです。

で、信楽の職人さんが
ゴーゴー燃えるアレに向かって、ステンレスのカギ棒であれこれして、
数時間後、真っ赤に・・・いや白くまばゆい光を放つ土だったものがアレから登場出てきた。
b0116276_15171937.jpg
「美しい・・・」

土だったとはとても思えない姿に、言葉を失った。

時間が経つと冷めてきて、
少しづつ本来の姿を見せ始めるのだが、
その変化の様相も美しい…。
b0116276_15171988.jpg
いやー焼き上がりも素晴らしいけど、
土と火と木に向き合う人の営みに心を打たれた。

奥深き陶芸の世界。

出町

[PR]
by saji_saji | 2018-05-07 16:05 | 出町日誌 | Comments(0)
<< 藤の花。 佐治農園-作付け- >>