どんな子供の頃だったかなって思い返すのもたまにはいいかも。

4月10日

高畑勲監督の訃報を「あ~・・・・。」
と残念で言葉にならなかった私です。
皆さまはいかがでしょうか?

ありきたりですが、
あのとろけるチーズと、干し草のベッド、そしてアルプスの山々。
そうです、あの「アルプスの少女ハイジ」の虜になった子供の頃。
大人になって、何度目の再放送かわかりませんが
会話の節々に大切なメッセージがいっぱい隠されていることに
ようやく気がつき、ジブリの高畑監督の作品だと知った時の衝撃。

はたまた、悲しいけれどなぜか食い入るように見ていた
「母をたずねて三千里」。
これも大人になってから監督の作品だと知りました。

そんなこんなことを考えていたら、子供の頃に好きだった本の話になり、
「秘密の花園」「雪の女王」「海底二万マイル」「赤毛のアン」を
何度も繰り返し読んでいたと私。
一方、「野口英世」「キュリー夫人」やら私がとりあえず読んだような
伝記物を好んでいたと、出町前室長・・・。

子供の頃の記憶や好みって、
やっぱり、その人に影響を与えるんだなと思ったわけです。

前置きがかなり長くなりましたが・・・。
今週末、関西大学建築環境デザイン研究室の春のゼミ合宿が
丹波市青垣町と福井県大野市の2か所を移動し、2泊3日で行われます。

「どんなアニメ好きやった?」
「どんな本読んでた?」と聞く機会はないでしょうが、
どのような幼少期を過ごしていた学生さんたちが、
丹波や大野でどのようなことを感じ、
どのように過ごしてくれるのか楽しみであります。
(A)


[PR]
by saji_saji | 2018-04-10 16:59 | 丹波の出来事 | Comments(0)
<< 「団地談笑。」に参加してきた。 コイノボル。 >>