未来予想図づくりワークショップ-その2-

1/13

9月から未来予想図づくりをやってきて、
今日は2回目の大きなワークショップを行った。
地域行事と重なってしまったにもかかわらず、
初めての方を含め、たくさんの人が集まってくれた。
たくさんの意見が出てきた。しっかりまとめていきたい。

今回はいつもと時間を変えて実施してみたのだけど、
子供達がテラスに遊びに来て、彼女たちもなんとなく気にしながら
遊んでいて、時々会場にやってきて僕にじゃれてくる。
「いまは南花台未来を考えてるんやで。」というと
「わたしゆうえんちほしい!」
「わたしゴーカートではしりたい!」
とハチャメチャなことを言ってくる。
困ったなぁー、と思ってたのだけど、そこは得意の(?)根気と真摯な態度で接していく。
「歳離れた人と話す場所が南花台にあったらいいなって思ってる人もいるねん。」というと
「わたしゴリラのおっちゃんにあそんでもらうねんけどなぁー、いろいろあそびおしえてくれて、なかよくなったよー」となんだかいいエピソードを言ってくれたりする。

ワークショップで大切なのはでてきた結果ではない。
意見交換をするプロセスが大切なのだと思う。
彼女たちが、思ってることを楽しそうにそのまま言葉にしてくれるその様子を
会場の人たちが見ていたことがよかったし、
今日のことが少しでも彼女たちの記憶に残って、大きくなった時にふと思い出して欲しい。
住んでる街の未来を考えていたことを。


タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-01-13 22:43 | タイシロウの日記 | Comments(0)
<< 看板をデコレーション 寒度の限界へ。 >>