中佐治の中佐治!?

8/3 今日から岡ゼミの中佐治調査。

毎年、丹波市内の様々な集落を訪れ
住まいと暮らしのカタチを調査する
建築学科岡先生の地域再生ゼミ。

これまで、
佐治スタジオがある佐治のまちはもちろんのこと、
ATACOMで活動する成松の町、
(実はこの授業で調査したのが成松との関わりの始まり…)
春日町の黒井や柏原町の城下町、
青垣では、稲土の菅原集落、遠阪の今出集落などなど

そして今年は、僕が暮らしている集落。
遠阪の中佐治の中佐治がフィールドに。

詳しく言うと、遠阪校区の中の、中佐治総区の中の、中佐治自治会。
ちなみに僕が暮らすのは中佐治の2組。
いやーややこしい…というか複雑ですね。

というわけで、中佐治の中心である平岩家をメインに
学生たちによる集落調査の始まり始まり。

自分の暮らす集落だから、いろいろ知りたいことは山のようにあるのだが、
ここは学生目線でどんな発見をしてくるのか楽しみにしようかと。

といっても、やはり地元のことは地元の方に学べとうことで、
初日の晩は、平岩家の当主、平岩さんにスタジオまでお越し頂き、
中佐治のルーツ、平岩家のルーツについてレクチャー。
b0116276_02394039.jpg
「かつては、上佐治・中佐治・下佐治と呼ばれていたらしい」「えー!?」
「山垣城のふもとでは、「屋敷」「堀」「馬場」といった小字が残っていて…」
「えー!?どう見ても田んぼにしか…」

などなど、面白いお話盛りだくさんでしたね。
いやー昔の暮らしや大昔の都市計画は「地形のチカラ、大地のチカラ」を
最大限に生かしていたんだ…すごいですよね、僕らのご先祖さま。

というわけで、毎年いろんな発見がある地域再生の授業。
楽しみな夏が今年も始まりましたね。

デマチ


[PR]
# by saji_saji | 2017-08-03 02:31 | 出町日誌 | Comments(0)

地域再生ゼミが始まりました

8月2日

地域再生ゼミが始まりました。

7月31日〜8月2日までで今日は最終日。

今日で発表は終わりですが、来年はこのゼミで実際に休暇小屋を施工したいという思いがあるそうです。
ゼミの課題が川の傍に建つ休暇小屋ということで、仮説的にも川の傍に休暇小屋が建つと佐治川の新しい活用の仕方や佐治の新しい過ごし方を発見できるかもしれません。

具体的に話は進んでいませんが、来年はどのようになるかたのしみですね。
うえじ
b0116276_23023676.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-08-02 23:02 | 新!室長日誌 | Comments(0)

火曜日の南花台

8/1

今日から8月ですね。毎日あっという間です。
火曜はふだんなら丹波に行っていますが、
大学が夏休みに入ったこともあり、イレギュラーで南花台です。
火曜に南花台にいるっておそらく1年ぶりくらいなんですよね。
面白くって曜日によって結構雰囲気違うんですよね。
今日は火曜日はのんびり時間が流れているってことがよくわかりました。

のんびり時間が流れていると、多くなるのが差し入れ。
今日は練乳アイスをもらいました。

セキヤ

b0116276_10521318.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-08-01 21:46 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

佐治スタジオ、夏の滞在型講座始まる。

7/31 毎夏恒例。佐治スタジオの滞在型講座が始まる。

今年もあの季節が到来。
そう、夏休みに大学生がたくさん丹波にやってくるアレです。
自転車を乗り回して、車道の真ん中を走って怒られてるアレです。
関大佐治スタジオによる夏の滞在型講座のコトです。

今年も100名近い大学生が青垣町を中心に、
丹波市各所で活動致しますので、暖かくかつ厳しく見守って下さい。

と言っても、佐治スタジオの事業を引っ張っているのは、
室長の植地くんですんで、ヒラの僕は出番は無いんですけどね…
b0116276_23260146.jpg
と言うわけで、出番が少なくなった僕はというと…
事務所に使っている衣川會舘の中庭でプチ菜園。

イタリアントマトを植えていたのですが、
思いのほか、育ってきているのでパチリ。

いやー、今年の夏も暑くなりますね〜。
植地くん、関谷くんのおかげで、
SAJIHAUSの仕事に集中できるはずが…
暑すぎて仕事に集中できない。

結局今日も夜なべになるわけです。

出町



[PR]
# by saji_saji | 2017-07-31 23:25 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

今年は「◯の◯」

7月30日

本日はATACOM審査会でした。タイトルは顔文字みたいになりましたが、このブログでは最優秀賞になった作品は伏せておきます。

ATACOMは造り物を何にするか隠していないですが、何に決定したかは学生から聞いてください。
審査会も今年で8年目でロイヤルや実行委員会などで地元の方とも交友関係が深まり、たくさんの方が審査会に来てくれました。長い時間をかけて地域に関わってきたことを実感できる会になりました。
b0116276_22450842.jpg
b0116276_22461830.jpg
また、摂南大学の学生や新しい学生が加わり、今年はどんなATACOMになるのか楽しみにしています。
今年は愛宕祭だけでなく川裾祭や様々なイベントに参加しており、アタコムリターンズというコンセプトで活動をしていますが、今までの歴史を踏襲しながら、新しい目標を立てて、様々なことにチャレンジして欲しいと思っています。

審査会のあとは、地元の方々と交流会を行い、成松の方々もたくさん参加してくれて、とても賑やかな会になりました。次は8月17〜25日まで関西大学の学生、佐治スタジオのスタッフ一同お世話になりますが、暖かく迎えていれてください!

よろしくお願いします。
うえじ
b0116276_18061598.jpg
b0116276_22465082.jpg
b0116276_22451971.jpg
b0116276_22475756.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-07-30 22:43 | 新!室長日誌 | Comments(0)