常滑

10/18

先日、ATACOM8リーダー中村さんに
「常滑いいですよ!」と勧めてもらい、
横浜帰りに寄ってみた。
ただ、いつもの雨男パワーを全力で発揮し、
ほとんど写真が撮れなかったので、少しだけ。

焼き物のまち・常滑
10本の煙突のある大きな登り窯が印象的だった。
ウォーキングコースも大変良くマップやサインもわかりやすく
雨だったがとても楽しめた。
b0116276_21331314.jpg
空き家リノベーションもたくさんやっていて、
平日だったこともあり、閉まっているところが多かったが、
閉まっていても、シャッターやカーテンで仕切られておらず、
大きな窓やガラス(ほとんどが陶芸作家のギャラリーということもあったが)
ひとけがあるってこういうことなんだなとつくづく思った。

タイシロウ
b0116276_21335162.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-10-18 21:23 | タイシロウの日記 | Comments(0)

旗上弁財天

10/17

10/14の記事で夜行バスで横浜に行くと書いたが、
夜行バスは安いだけじゃない。
朝、モーレツに早いのだ。
なので、いつも僕は朝活する。旅するのだ。

10/15 5:10に横浜駅につき、そこから始発で鎌倉に行った。
建築巡りって建物めぐるのは日中しかできないけど、
集落と寺社仏閣は朝からまわれる、タダで。あぁ素晴らしい…

で、調べてみると鎌倉周辺には寺社仏閣が集中しており、
パワースポットとして今人気らしい。
そういう柄じゃないんだけど、最近文化人類学的な書物を読んで
たまにはこんなのもいいなと思って、
今回はパワースポット巡りをしてみた。

パワースポットってなんか雰囲気違うんですね、
その要因に建築的な要素を探してみたりもするんですが。
どちらかというとオカルト的な側面が強いんかな?
※丹波はパワースポットあります?

まぁともかく全部紹介すると大変なので、印象的な場所を一つ。

鎌倉駅から徒歩15分くらいの場所にある鶴岡八幡宮内に
「旗上弁財天」という神様がいる。
詳しい説明は調べていただくとして…
旗上というぐらいだからとんでもない数の旗が立ててある。
旗でお社が見えないくらいに。けっこう異様な雰囲気です。

そこは源頼朝が妻の北条政子の安産を祈ったと言われる「政子石」があり、
安産祈願や恋愛成就のためのパワースポットらしい。

僕が行くと雨の降る朝の6:00頃だったにもかかわらず
一人の女性が長い間(15分くらい)その石の前から離れない。
(政子石はお社の裏側にある。案内板などはなく知らない人は行かないような場所)
僕はお社やらそこらを見て回って政子石を
見たくてうろちょろしてたけど、女性はただただ佇んで動かない。
願い終わってからも傘で顔を隠すようにそそくさと去っていった。

政子石は見た目はなんてことない対の石だった。
「この石にいったい何を願うのだろう」
人の信仰ってなんだかおもしろい。
その旗に囲まれた異様な空間と
その女性の念の込めように、人の想いの強さ・人の狂気のようなものをみながら
雨の中、次のパワースポットへ向かったのでした。

タイシロウ

b0116276_21134163.jpg


[PR]
# by saji_saji | 2017-10-17 21:12 | タイシロウの日記 | Comments(0)

子育てする環境を考える。

10/16 昨日は、「市長と語ろうタウンミーティング」の2回目が開催された。
僕は、全3回あるタウンミーティングのファシリテーターという役割で参加している。

丹波市の「子育て支援」について語り合う…が今回のテーマで
丹波市内の子育てに関わる方々24名に参加頂き、
谷口市長や教育長始め担当課の方々とお互いの思いをぶつけ合った。
b0116276_19404040.jpg
タウンミーティングというと、
パッとイメージするのが、行政と住民が向かい合って座り、(はなから喧嘩ごし…)
住民から行政へ一方的な要望をぶつけていく、
行政は住民からの意見をあの手この手で躱していく…って感じ。

今回、ファシリテーションの依頼が来た時に、
「こんな、お互いに得るものの無いタウンミーティングにはしたくない」
と思った。

あと、「なんで、僕なんやろうか?他に適任おるやろに…」と素直に思ったし、担当者にも伝えた。
とは言うものの、せっかくの機会がただの要望会になるのもつまらんなぁ…と思い引き受けることにした。

ファシリテーションと書いてはいるが、今回の役割は「翻訳者」「編集者」だと思っている。
建築家の役割には、「翻訳者」「編集者」という側面があって、
設計という作業を通じて、クライアントの想いや要望をカタチや空間に翻訳したり編集したりしているわけ。
この時のクライアントは個人だったり地域だったりするわけだけど…

そう考えたとき、今回のタウンミーティングにおけるファシリテーションの仕事も
広義の意味で捉えれば、建築家としての仕事だなぁと思い、引き受けることにしたのが本当のところ。

参加者の思いをどういう風に伝えれば、
行政の人たちが「一方的な要望」と捉えずに、耳を傾けることが出来るのか…。

行政の思いをどういう風に伝えれば、
参加者の方々が「言い逃れのための言い訳」と捉えずに、前向きに耳を傾けることが出来るのか…。

お互いの思いや要望をうまく重ね合わせることが出来れば、
うまく着地点を描くことが出来ればいいなぁと…と考えて臨んでいるのだが…
果たして、上手くいってるのかどうかは分からないのが本音。

市長は、来年度の施策に反映できるものは、どんどん施策化したいと本気で思ってくれている。
答え合わせは来年度の予算が発表されるまで分からないんだけど…少し期待している。

今回のテーマである「子育て支援」…とても難しいテーマで、
市もたくさんの予算をつぎ込んでいるようだ…
が、10年後、20年後も同じように予算をつぎ込むことが出来るのか…。

おそらく難しいだろう…いや、すでに難しいんだと思う。
「子育て支援」は行政だけが担う仕事ではないだろう…というのがあって、
なおさら「行政への要望会」にしたくなかったという想いが僕にはあったわけ。

やっぱりテーマは「協働」なんだろうな。
お互いが協力し合い、利用し合い、補い合って「協働」していくんだろうな。

「協働するチカラ」最大限に引き出すために必要なのは、
「××に○○してほしい」という要望を言い合うのではなくて、
「私は、△△のために、○○したい!」という思いを伝え合い、
うまいことカタチにしていくことだと思っている。

とか偉そうに言いながらも
「丹波市のこんな魅力的な子育て環境を作りたい!」とか、
「それやったら、行政としてはこんな支援ができる!こんな支援がしたい!!」
って、うまく引き出せたかは分からないけど、

参加した皆さんのおかげで、
「こらからの子育て環境」を共に考えるいい機会にできたと思う。
僕自身も、皆さんの思いを受けて、
これから何が出来るのか、自分自身でも動き出したいと強く思った。

出町





[PR]
# by saji_saji | 2017-10-16 21:33 | Comments(0)

恐れいります。

10/15 丹波市には、自治会や校区ごとに
「町民文化祭」的なものが開催されるところが多い…って知ってました?

僕が暮らす青垣町の遠阪校区でも当然毎年秋が来ると、
この文化祭的な行事が「ふれあいフェスタ」という名で開催される。
b0116276_23382777.jpg
これがなかなか面白くて、
地元には結構すごい技術、センスをもった方々が沢山いるんだなぁって素直に思う。
お向かいの大谷さんは丹波布の着物を出展されているし、
徳畑の山口さんも陶芸家で、有名な賞に入選しているそうです…
他にも絵画や写真もすっごく素敵なものがたくさん・・・いやぁ面白い。
b0116276_23391543.jpg
b0116276_23383602.jpg
というわけで、我が家も「せっかくやし」ということで、
昨年からちょろっと出展させてもらている…。
伊賀上野の河原さんの窯で焼かせてもらった陶器をね…。
b0116276_23383285.jpg
今年はというと・・・
そんなハイレベルな展示物に紛れて
「なんじゃこりゃ?」というものを出品。
b0116276_23382955.jpg
そう、我が家の畑で採れた「安納芋」を
ねずみかもぐらかが大胆にも食べまくった跡が
あまりにも芸術的だったんで、おもわず出品。

タイトルはずばり「ごちそうさま」

なかなか我が家らしい出展だったなと、家族3人で満足顔なわけで。
来年以降、出品拒否されないようにセンスに磨きをかけつつ、
堂々と畑のもぐらかネズミにもはっぱをかけていくか・・・。

出町

[PR]
# by saji_saji | 2017-10-15 23:21 | 出町日誌 | Comments(0)

夜行バス

10/14

明日は横浜の左近山団地に「左近山団地パークプロジェクト」の視察に行きます。
佐治スタジオスタッフの中で唯一車を持ってない僕の出張や旅行は、公共交通機関に大変お世話になるわけなんですが、特に夜行バスはかなりの頻度で利用していまして。

理由はひとつ。安いから。。。

ただ夜行バスにも当たり外れがあって。
「あ、このバスめっちゃ安いやん」なんて安さだけで選ぶと、とんでもない設備や乗客のバスだったりする。やけに安いのは注意。
かといって「ちょっと値段張るけど、今回はゆっくり寝たいし」といって大金叩いても座席の位置が悪く(1番前はものすごいしんどい)大してゆっくりできなかったり。

でも、僕あんまり乗るもんなんで、
感覚的に値段も設備もちょうどいいバスが選べるようになってきたんですよね。体系化してブログで紹介したいくらい笑。

というわけで、今から程よい値段の隣に誰もいない4列シートでゆったり快適に横浜向かいます。次回書くときは左近山団地の話かな?

夜行バスより
タイシロウ


[PR]
# by saji_saji | 2017-10-14 21:58 | タイシロウの日記 | Comments(0)