ご無沙汰しておりました!WC履歴Part12!!!!!!!!!!!!!


こうして24時間時間を一緒に過ごし、枕を並べて寝た7日間。
少し長い修学旅行のような7日間。
涙あり、笑いありの7日間・・・・
(涙はなかったかぁ・・・笑。言うならば「大量の汗あり笑いあり」・・・か?!)
あれ、ちょっと〆みたいになってますが、まだまだ続くんですけどね。
おかしいなぁ・・・笑


さて、普段じっくり話せない「事」や「人と」、お互いの寝る間を邪魔して・・・いや、
惜しんでね(笑)、それぞれが濃い時間を過ごせたのではないでしょうか・・・
多分・・・おそらく・・・きっと・・・ね。

まぁ、そんなこんなで、このプロジェクトの事、ワークキャンプの事も、
もちろんのことながらお互いの知られざる考えを共有する機会が持てたわけで・・・

就業体験2日目の夜、誰かが買ってきたわけのわからん食べさしの残骸を囲み、扇風機の首振りの周期で、定期的に風に乗って漂ってくるそのにおいプンプン強烈な中で、
真剣に、且つ気楽に、それぞれの感じるところに耳を傾けたのでした・・・
あああぁぁ・・・研究室同様、部屋が汚いのがばれてしまったか・・・
プライバシー保護の為、極力アップのん選びました!笑

b0116276_111057100.jpg
b0116276_11113917.jpg
b0116276_11122370.jpgb0116276_11124258.jpg



時間がたっぷりあると、それぞれの中にある小さな事を見つける事が出来る。
それってどんな忙しい時も忘れちゃ駄目だなぁ・・・
なんて・・・しみじみ思っちゃったり、しちゃったわけです・・・笑



さて、
その次の日は就業体験を終え、夜は地域の人との懇談会。
ディスカバリー青垣の方々による丹波青垣の偉人”小島省斎”に関するプレゼンを中心にした青垣の歴史勉強会。
そしてその後、佐治自治協議会の方々との懇談会と続きました。

b0116276_11471497.jpg



焦らずゆっくり、着実に進むこと。
目に見えてないところでも、今この瞬間にも必ず学ぶことがある。出来ることがある。
毎日ちょっとだけハッピーになれる瞬間がある。
一学生として、自分自身の為に何かを学び、次への糧にする。
教室の外で・・・新しい出会いの中で・・・

その為の新しい「学べる環境」がゆっくりと、そして着実に整えられています。



くろまてぃ。
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-28 12:43 | Comments(2)

就労体験2日目の晩のこと・・・   ☆WorkC Part11!!!


就労体験が始まって2日目の夜は、佐治川祭りの灯籠づくりのお手伝いに出かけました。
ワークキャンプが始まる前に、前もって最低一人1個my灯籠用の絵を描いて来るようにとお達しを受け、出発前日、みんなで焦って作った作品を持って土台づくりに挑みました。

あるところではノリをはっつけて和紙を輪っかにする関大集団
またあるところでは巨大灯籠制作にしごかれる関大集団
またまたあるところでは土台を組み立てる関大集団
どの集団にも「+街の先生」がつき最後まで仕上げました。

まぁとりあえず見て↓ください!!!!!!!!!!!!!!!!!


b0116276_118387.jpg
b0116276_1194055.jpg



b0116276_1181819.jpg
b0116276_1195354.jpg



b0116276_1183037.jpg



そしてとりあえず前々夜祭です!!!!
かなり気が早いけど・・・笑
b0116276_126466.jpg
b0116276_1265847.jpg



ほんとにきれいだった・・・
何とも言えないあの光空間。
もちろん自分たち作った灯籠が凛と他のそれによりそっている・・・
それだけで大きな感動でした。
でもその火が風に揺れそれぞれが書いた模様がちらつき、
「群」となって存在する時、スーッと背筋が伸びる思いがしました。



さて、この灯籠作りを通して皆が町の人と絡み、それぞれに何か感じ取っていたことでしょう・・・



                                              くろまてぃ。
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-23 01:37 | Comments(2)

イクジウッド3日目「木を操る」編の作業風景☆WC Part10


わだまゆの紹介にあったように、イクジウッド就業体験3日目「木を操る」編メインイベントの膳作りは長さ4m、幅30cm、厚み4.5cmにカットされたヒノキの素材選びから始まりました。

「自分の事は自分で!!!」

半日掛けてじっくり自分の木を選んだ後は、4mの製材も自分たちで必死で運び、まずは汚れた表面をきれいにする事から始まります↓

b0116276_0551424.jpg
b0116276_0552840.jpg


この機械超爆音、超出来る子なんですっ!!!
すすだらけだったあたしの木もぴっくりするぐらいきれいになってでてくるのだ!
あたしも一回通して欲しい・・・(-_-;)笑

そしてきれいになった製材とのにらめっこがまた始まります。どこを使って、どこを切り落とすのか?木の個性を読みとってあげる大事な時間☆

決定したらあとは↓この超巨デカな機械でカッティングしていきます。

b0116276_12328.jpg

後は机の脚をどうするのかまたまた思案し、決まったらカット→そして更に手触りがよくなるまで磨き続けます。
そしてイクジウッドの焼き印を押して脚を固定して翌日のニス塗りまで待つこと一晩!!!!完成図を頭に浮かべながら家路へとつくのでした・・・んん・・・つくはずでした・・・笑。


以上、製材に使用される機械って滅多に見ることがないので一部ですが紹介してみました。
その他にも木の皮をむく機械や原木をカットする機械など、どれもダイナミックで圧倒されてしまいました。
機械が導入されてからは、当たり前ですが、どの工程もも人員が削減されていったそうです。逆に言えば昔はこの作業を全て手でやっていたんだから、林業人工が莫大に会った頃のことも想像つきますね。
このように社会の流れによって自然淘汰されていくのは否めない現実です。



                                           くろまてぃ。
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-23 01:14 | Comments(3)

就労体験終了翌日のイクジウッド組☆ WC Part9!!!

前述の通り、一日で仕上げまでできなかったイクジウッド組は、朝からosumo color を塗りに再びイクジウッドへ!
お盆休みに入られたのに申し訳ないです。。


osumo塗って、ちょっと乾かして、記念撮影して・・・

ほんと素敵な机ができました☆
どの机にも個性があって、全部素敵。自分の机に愛着がわくのはもちろん、他の二つにも不思議と愛着が。。


3つ並んでいる姿が嬉しい。
3つあると、なお良い感じ。


それぞれ違う板からできたのですが、「3つで1つ」な感じがしました。


「この机で枝豆、ビールがのみたいねぇ」といって終わりました。絶対みんなでするぞ!!


b0116276_083196.jpg
b0116276_084942.jpgb0116276_084080.jpg












3人の嬉しそうな笑顔を見てください☆↓

b0116276_0341810.jpg

b0116276_0342733.jpg


b0116276_0343667.jpg





wadamayu
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-22 00:27 | Comments(2)

就業体験最終日(イクジウッド) Part8!!!!!

くろまてぃにおされていますが、私も書かせていただこうかと思います☆
イクジウッド3日目。


「木を操る」編

一日かけて、ひとり一つ、机(一人膳)を作らせていただきました!

木選びから始まり、カッティング、やすりで磨き、組み立て、はんこ押し・・・
最後の仕上げ、osmo color(塗料) 塗りは、木選びに時間がかかったため?翌日へ。苦笑。
一日社長が付きっ切りで机作りの手助けをしてくださいました。


机作りで一番感じたことは、「木選びって重要やなぁ~!!」ということ。

何枚も木板を出してもらい、3日間で学んだことと、自分の感性で、じっと木と向かい合いました。一枚ずつ丁寧に見ていきました。

たくさんの板から「いいな」と思うものを見つけ、その一枚のどこをどこに使うのがいいか、またまたじっくり見て・・・

木を選ぶのに午前の部まるまるかかりました~。かけすぎかも苦笑。

しかし!!完成して思います!


「木選びがやっぱり一番重要やったなぁ~」と。


やっぱり土台は大切!
普段何かを制作するときなんて、こんなに素材について考えたことありませんでした。



3日間というのはすごく短く、ほんの少しかじれただけかもしれません。しかし、この3日間は私たちにとってすごく大きいものでした。

木を見る目が変わりました。
木がもっと近いものになりました。
木が前よりもっともっと好きになりました。
木を通して、佐治・環境問題・山・建築、、、いろんなものについて考え直す機会をいただきました。
木を通してたくさんの方に出会えました!


また、自分の就業場所ではないところでも、話を聞いて学べたこと、考え直したことがたくさんあります。


こういう機会を与えてくださった方々、イクジウッドのみなさん、たくさんの方々、ほんとうにありがとうございました。

                                      わだまゆ


最後になりましたが、写真を・・・
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-21 23:43 | Comments(2)