ワークキャンプ☆Part6!!!!!まるきん2日目!!

イクジウッドの勢いに飲み込まれるぅぅぅぅぅ~!!
こっちも負けじと更新いたします。。。

諸事情により、写真を貼れないです。。すみません。
誰か写真あればつけてあげてください・・・
ぃや、言葉で最大限お伝えします!!!!!!!!!

やや寝不足のままチャリで出勤☆
3日間という短期間で色々なことを体験させようとしてくださる、社長と若社長に感謝の1日でした!
午後からトラクターを運転させていただきました!!
社長がどなるどなる!半泣きでした(笑)
休耕地を4人で耕しました。
車を運転したことのない私は、クラッチ?ニュートラル? ???
と、「?」だらけでしたが見よう見まねでなんとか運転できました。
怖かった~
その後も「運転してみー」といわれましたが、怖さ(トラクターだけでなく。。。)のタメ、
拒み続けると「女と思わないでと言うたんは誰や~」と。。。
軽々しく言うんじゃなかったー。

耕して何をしたかと言うと、コスモスの種をまきました!

そう、まるきんさんでは、休耕地を花畑にしようとしているんです☆
実は前期の産業廃棄地の再生を考える課題で
耕作放棄地についてちょっっっとだけ考えたんです、私。

「いかに山に返すか」ばかり。

でも解決策の1つは、こんなにも簡単なことだった。
荒れた耕作地をそのまま放っておくのではなく、
花を育てるだけで人々の心を癒すんじゃないか、また新しい風景が青垣に生まれるんじゃないか!
満開のコスモスを想像し、ちょっと幸せになりました。
満開のコスモスも必ずここでお伝えしたいと思います!
ちゃんと咲いてくれるかが若干心配だったりします・・・

お米を作るだけでなく、
農薬散布や合鴨でご近所との繋がりを生み、
養殖したタナゴやメダカでビオトープを作り、昔の環境を取り戻そうとし、
休耕地など、農業が今向き合わなければならない問題と向き合い、答えをだしている。
そんな就労場所です。

いよいよ3日目は・・・・・・「合鴨vs関大生」の巻 です!
乞うご期待っっ♪
                                       うえちでした

追加!!
この日も、もちろん夕日を背景に川で遊んで帰りました☆
THE☆青春part2
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-20 10:05 | Comments(1)

ワークキャンプPart5!!!!!!! イクジウッディ族だ!!!!!!

では、またまた熱いくろまてぃの時間。・・・
(若干私の日課化してる上に、前回、前々回と短くまとまらない傾向にあり睡眠不足が疑われる・・・笑。)

さてさて、では次回に続きましてイクジウッドでの体験2日目報告。

☆二日目☆
「現場で働く」編

二日目は前回の勉強会で得た知識を持ってして、実際の建築建材としてどう使用されてるのかを確認するかなりGoodなチャンスだったわけだ。
社長に連れられ車に揺られること約1時間(?!)
やってきたのは篠山市にあるとある物件↓
「まさかこの道いかないよねぇ・・・」と思った道を行く車。
こらえきれず「メイちゃぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~ん」と一発。
THE☆田舎 (前回より引用;THE☆青春 うえち 著)

とりあえず百聞は一見にしかず!!!!!!


b0116276_025417.jpg
b0116276_02664.jpg

b0116276_0282682.jpg
b0116276_033439.jpg

b0116276_0353845.jpg
b0116276_036870.jpg

あたしこんなとこ住んだら雑草食べ始めそうな気がします。

           ・・・・・・・・・・・・・・

木(気?)”のせいか・・・(-Q-)

           ・・・・・・・・・・・・・・笑

立派な自然。立派な眺め。立派な梁。
まずは前日の復習かねて建物探訪です。

何故ここにこの木を選択したのか?
木の節、木目といった模様はどのように空間に影響を及ぼすのか?
木の『背』『腹』はどの向きで配されているのか?
数年後、木がどのようになっていることが想定されているのか?
などなど・・・もっともっと・・・・

やっぱ木は生きてる!個性を持ってる。
その個性をうまく長所にしてやる社長はきっと女の心も巧みに読めたに違いない・・・笑


さて、今日のお仕事は1階の床に貼ってある段ボール等をはがし、
徹底的なお掃除から始まった。
自然に囲まれること、木の床、壁、天井。木の臭いに囲まれること。
風が抜ける室内での仕事は極上極まりなく、仕事の合間に眺める景色は一級品!

次の仕事は床にosumo color ってのを塗っていくメインイベント!!!!

b0116276_152983.jpg
b0116276_154373.jpg

こうやって自然の木に少し人間の知恵を足して日本の住宅は生き残ってきたんだねぇ。
人間たちで切り落としたからには第2の木の人生を華々しく飾って、より長生きさせてやらねば。
やっぱその為には人の手助け(お手入れ)がかかせないのですね!
くろまてぃはそう感じたのでした・・・

このように木を生かすも殺すも使い手次第。
彼等の個性を知らずに乱用することの怖さ。知りました・・・・

この日はこの後、近所の木造建築を何軒か訪問し、社長の講義のもと、
木の生かし方を見学したのでした・・・
そして色んな木の知識を増やしながら「黒松の木がくせがあり使えない」・・・なんて衝撃的な社長の一言に出会うのでした・・・笑。ちなみに私、『黒松』に深い縁とゆかりがあるもので・・・笑


さて!!!!!!!!!!! ””を取り直して!!!
最終日はいよいよ 「木を操る」編。


P.S.
b0116276_136295.jpg
市役所の方。こんな遠くまで私たちのお弁当を届けていただきました。 いつも応援しにくるわりに、私たちより前に立ってカメラに映りすぎて怒られてましたが(笑)、ここへ来てもやたら目立ってたので撮っちゃいました・・・笑。 いつもありがとうございますm(_ _)m
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-20 01:37 | Comments(1)

さぁっ!どんどん行くよ!!イクジウッド班!!

やっとネット難復旧により、どんどん行きます!!!!!!!!
またしてもクロマティです!!!!!!!!!

では、今回はみぅっっっっつりと働いた就業場所報告!!(初日)
クロマチはちなみに製材業をなさっているイクジウッドさんでの奮闘記をご紹介いたします。

・・・と、その前にこの場をおかりして、多数の希望者の中から無理を言って優先的にこの就業場所を譲ってくれた優しき友に感謝します。間違いなく良い刺激を受けることが出来た。ほんと有り難う!感謝しています。

b0116276_1285416.jpg

・・・と言うことで、この3人で挑んだ1日目!!!



☆1日目☆ 「木を学ぶ」編


b0116276_212040.jpg
b0116276_2124283.jpg



b0116276_213631.jpg
b0116276_2184044.jpg



b0116276_213355.jpg
b0116276_2201331.jpg




とりあえず、『木』とはなんぞや?
全く分かっていなかった・・・

檜(ヒノキ)と杉(スギ)。見分けられますか?
山見て、葉っぱ見て、枝見て、見分けれますか?
どんな木が上等って判断出来ますか?
山でどうやって生えてるか知ってますか?
木の『背』と『腹』って何?『あたり』って?
製材しても元々曲がってた方向に曲がるの?
曲がる短所、生かして長所?
『生き節』『死に節』どんな節?
海に浸かってた木。好みの海水は?
1本の木をどう調理して、どんな料理が出来て、どのように値がつくのか?
まだまだ・・・まだまだ・・・・

こんなに知らない基本の””・・・
脳みそフル回転。視覚、触覚、嗅覚フル回転の夏講習。
結局は、頭より鼻が発達していた3人。ひたすら鼻を木に押しつけた初日の勉強会。

そして念願のお仕事、木の皮剥きと鉋がけ体験。
木の皮むきは超パワフルな機械を操作→昔は手作業だったんよね?!・・・唖然。
金魚の糞のようについていった大工さんの作業場でちゃっかりチャンスを射止めた鉋がけ。
長年の夢実現に、リアルにテンションうなぎ登りなクロマチ!(笑)
大事な道具なのに貸してもらえるなんてマジありえないと思う。
心から感謝・・・m(_ _)m 

やっぱ大工さんってすごいや・・・
やっぱ職人ってすごいや・・・
あの木を見る目、豪快に木を切る姿、半端じゃない!
やってみて分かる無知な自分。作業の難しさ。職人の目。
一人一人がプロの仕事をして、その力が結集して数倍にパワーアップした作品。
それらをつなぐ信頼感。
小さな街でクモの巣状に広がるこの信頼感が実に渋かった(>_<)
いいねぇ~こぅゆぅのかなり好きだなぁ!


・・・なんてところで、次回は「現場で働く」編




くろまてぃ。
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-19 03:14 | Comments(3)

ワークキャンプ☆Part3!!!!!

でゎでゎ、ワークキャンプ2日目の様子をお届けします!!
私は「まるきん農林」さんに行っていました♪

実は・・・初日のご挨拶の時にすーごく社長が怖くて、若干びくびくしながら
自転車で就労場所へむかいました!
車で移動するみんながはじめは羨ましかったけど、絶対自転車の方が良かった!!
稲穂が風になびいてできる緑のグラデーションと穂がこすれあう音がたまらないっっ。

合鴨の餌やり、農作散布、タナゴの水槽の掃除、苗を育ててたビニルハウスの片付けをしました。

この日、私は(軽い気持ちで・・・)「女やと思わないでください!」と言ってしまいました。。。後々まで尾を引くとも知らず(笑)

社長は・・・相変わらず怖かったなぁ~(笑)

汗だくになった後は4人で川へ行って水遊び~☆
想像してみてくださいっっ夕日を背景に水辺で遊ぶ若者4人♪
THE☆青春
冷たい水といつも見守ってくれている山々に癒されます。

こうして私たちまるきん組の体験1日目は終わりました☆

自然の家の人、イクジウッドの人の1日目のレポート楽しみにしています☆☆☆

                              うえブラックでしたっっ
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-17 17:24 | Comments(2)

ワークキャンプ Part2!!!!!!!


引き続きワークキャンプ終了に伴い、写真をはっつけてのご紹介!!

・・・の前に!!!

佐治の皆さん、就業場所でお世話していただいたみなさん、市役所の皆さんを筆頭に、
滞在中に出会ったすべての皆さん、本当にありがとうございました。
心から感謝しております。


さて、それでは8日13:00現地到着後の様子を振り返っていきます!

b0116276_17131059.jpg

(写真がなかったので記事を拝借・・・)

まずは丹波市辻重五郎市長にご挨拶に行きました。
丹波を愛する市長さんらしい激励の言葉をいただき、
佐治だからこそ感じられるもの、出来ることを、
この一週間で見つけるぞ!と、自分自身密かに誓いワークキャンプがスタートしました。
終わってみると案外簡単にその答えが見つかっていました。
佐治の自然を存分に味わえる環境をサービスする「丹波少年自然の家」の仕事。
佐治の産業を支え、その景観となる田を守る「まるきん農林」の仕事。
山に囲まれ、自然の力を持つ環境として存分にその木の力や存在感をアピールする「イクジウッド」の仕事。
それぞれの仕事に触れて感じた『佐治の自然』と『仕事の疲れ(笑)』。
みっちり働いた後にみんなで訪れた○○滝(スイマセン・・・名前忘れてしまった・・・笑)
と地域の人と触れ合えた佐治川祭りとその準備・・・打ち上げ・・・笑(それらについてはまた後で紹介するとして・・・)
みっちり働いた後にリフレッシュ出来る環境がある。自然がある。
町の人同士が触れ合える機会がある。
平日も休日も。昼も夜も。仕事も私事も。・・・
すべての時間を楽しむ、「ストレス」ではなく「余裕」が持てる可能性がある町
私の目にはそのようにうつりました。
もちろん一概には言えないと思う。でも、私が感じたのも一つの事実だと思うんですよね。


さて・・・少し熱くなってしまったので、ここでホッと一息・・・(笑)
ウェルカムパーチーの写真です!
b0116276_17165891.jpg


b0116276_17265247.jpg


b0116276_17252987.jpg



この他にも各就業場所へ挨拶に行きました。


よく働いたワークキャンプ!よく呑んだワークキャンプ!(笑)
ゆくゆくはこの部屋では納まりきらないような大宴会に発展してくれるといいなぁと思うんです。
環デの人と佐治の人の輪。
佐治の人と佐治の人の輪。
環デの人と環デの人の輪。
すべての輪が広がった一週間だったと思います・・・


9日以降の各就業場所の様子や報告はまた次回。私が書くのか別人が書くのか・・・?!
乞うご期待!!



クロマティーでした!
[PR]
# by saji_saji | 2007-08-15 17:44 | Comments(4)