住み継ぐカタチ。

8/7 「住み継がれる集落をつくる-交流・移住・通いで生き抜く地域-」

朝、佐治スタジオに行くと、
僕宛に一冊の本が届いていた。
b0116276_09102460.jpg
集落の大先輩、山崎義人さんが中心となって執筆した
これからの「集落の住み継くカタチ」を考えるという興味深いテーマ。

「集落のことやりたいんなら、伊根と美山に行ってこい」
「そこで、美しいと感じれへんかったら、集落はやめたほうがいい」

10年以上前に神戸大学に研究員としておられた山崎さんに言われた言葉が忘れられない。
あの頃は、大学4年になりたてで、神戸大の大学院に行って、重村先生のもとで集落調査をやりたいと思っていた。
僕の高校時代のツレの紹介で、飛び込みで神戸大学へ乗り込んだ…今思えばアポなしで良く受け入れてくれたもんだ。

「僕は『建築家なしの建築』『集落の教え』という本にめちゃくちゃ刺激受けてます!」
「うーん、キレイなとこばっか見てたらあかん。集落はな…もっとドロドロしてるねん、そのドロドロしてる部分が魅力やねん」
「(なにー!?)そうなんすか?」

テキトーな感じで、いろんなアドバイスをくれたナイスな兄貴。
僕の人生のターニングポイントの一つだと今になって思う。
あの1時間ほどの時間が、僕を集落の世界へ、ドロドロとした魅惑の世界への入り口だった。

余談だけど、その時お話しながらも、山崎さんは手元で集落図を描いていたのだが、その絵がまたカッコよかった!
「僕もこんな絵を描けるようになりたい!」って話聞きながらワクワクして見てたのだが…
後で聞いたら、氷上町の葛野地域の集落環境提案図だったそうだ。

縁というのは不思議なものだと思った。

その後、いろいろあって僕は丹波というドロドロとした美しい場所で活動を始めた。
不思議なもんで、色々巡り巡って、山崎さんとは何度も丹波で一緒に仕事させて頂く機会を頂いた。

今回紹介した本も、ある日山崎さんから
「デマチ君さ…『ムラを住み継ぐ』ってテーマで研究会やってんだけど、
そのメンバーで佐治に行くから、今丹波でやってること話してよー」
って感じの依頼があって…本には出てないけど、ベースの部分にご協力させて頂いた。

いつの時だったか忘れたけど、山崎さんに聞いてみたことがある。
「昔、神戸大学に潜入して、山崎さんに集落指南を受けたことがあるんですけど…」
「あー、あの時の…覚えてるよーほんとうに集落やってたんだねー」
って、嬉しかったね。子供みたいに。

僕が今、丹波にいて、色んなドロドロと向き合い、
ドロドロしたものをデザインしているのは、
色んな方々との出会いの中で、たくさんの刺激と指南を頂いたことが全てだ。

当たり前のことだけど。

この本を手に取って、
暗闇の中を当てもなくジタバタしていたあの頃の自分と、
渋く輝いていた山崎さんの姿とあの神戸大学での光景を思い出した

デマチ



[PR]
# by saji_saji | 2017-08-07 08:31 | 出町日誌 | Comments(2)

宮崎ゼミ

8月6日

本日は宮崎ゼミ初日。

宮崎ゼミは環境系の研究室であり、毎年、丹波の気温や風の流れや気温、湿度を調査して丹波と都会を比較したりします。ゼミでは初めて見る機会もたくさん登場します。意匠系では使わないような専門用語も飛び出し、分野が少し違うだけでたくさんの知らない事がある事を実感します。

実体験として学ぶ環境が丹波にはあるので、僕も様々な事を吸収していきたいと思っています。
うえじ
b0116276_23182643.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-08-06 23:18 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

夏祭り

8/5

この時期は日本全国どこでもお祭りが行われていると思いますが、
南花台も例外ではなく、毎年2日間の夏祭りが行われています。
関大生はコノミヤテラスとしてかき氷屋さんをしていて、今年で3年目になります。

実はこれだけ南花台で活動していながら、
なかなかタイミングが合わず、僕自身夏祭りに参加したのは初めてでした。

雨男の本領を発揮し、初日終了間際に土砂降りの雨を降らせたのですが。。。
かき氷屋さんは大変喜んでいただけたようです。

朝の6:30から準備。40~50人の方が参加されていました。
祭りのお店はすべて地域の方が出店されていて外部からお店を呼んだりしていません。
ニュータウンの祭りは、神事を伴うようなお祭りとはだいぶ性質が違うもののように感じますが、
人のチカラの集積であること・そのことが地域をつなぐ大きな役割を果たしていることなど、
本質的なところは変わりはないのだなぁと感じたのでした。

明日が本祭り。上手に盆踊り踊りたいと思います。

セキヤ
b0116276_01420589.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-08-05 23:42 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

岡ゼミ

8月4日

本日は岡ゼミ二日目

僕はついていけなかったですが、学生は中佐治の平岩邸はの調査へ行っています。
前日は中佐治の歴史などについてレクチャーを受けて、全然知らない事ばかりをしれてとても面白いレクチャーでした。住んでいながら自分の専門性が高い分野以外は知らないので、違う視点からまちを見れるのはとても貴重な体験でした。

僕はすべてのゼミにがっつり付き合うという事はないですが、どのゼミも色々な視点から佐治を観ており興味深いなぁと感じました。
うえじ

b0116276_23140033.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-08-04 23:09 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

中佐治の中佐治!?

8/3 今日から岡ゼミの中佐治調査。

毎年、丹波市内の様々な集落を訪れ
住まいと暮らしのカタチを調査する
建築学科岡先生の地域再生ゼミ。

これまで、
佐治スタジオがある佐治のまちはもちろんのこと、
ATACOMで活動する成松の町、
(実はこの授業で調査したのが成松との関わりの始まり…)
春日町の黒井や柏原町の城下町、
青垣では、稲土の菅原集落、遠阪の今出集落などなど

そして今年は、僕が暮らしている集落。
遠阪の中佐治の中佐治がフィールドに。

詳しく言うと、遠阪校区の中の、中佐治総区の中の、中佐治自治会。
ちなみに僕が暮らすのは中佐治の2組。
いやーややこしい…というか複雑ですね。

というわけで、中佐治の中心である平岩家をメインに
学生たちによる集落調査の始まり始まり。

自分の暮らす集落だから、いろいろ知りたいことは山のようにあるのだが、
ここは学生目線でどんな発見をしてくるのか楽しみにしようかと。

といっても、やはり地元のことは地元の方に学べとうことで、
初日の晩は、平岩家の当主、平岩さんにスタジオまでお越し頂き、
中佐治のルーツ、平岩家のルーツについてレクチャー。
b0116276_02394039.jpg
「かつては、上佐治・中佐治・下佐治と呼ばれていたらしい」「えー!?」
「山垣城のふもとでは、「屋敷」「堀」「馬場」といった小字が残っていて…」
「えー!?どう見ても田んぼにしか…」

などなど、面白いお話盛りだくさんでしたね。
いやー昔の暮らしや大昔の都市計画は「地形のチカラ、大地のチカラ」を
最大限に生かしていたんだ…すごいですよね、僕らのご先祖さま。

というわけで、毎年いろんな発見がある地域再生の授業。
楽しみな夏が今年も始まりましたね。

デマチ


[PR]
# by saji_saji | 2017-08-03 02:31 | 出町日誌 | Comments(0)