亀岡市河原林町の方々の視察

11/14

午後から亀岡市河原林町の方々の視察があった。まちづくり会の面々とのこと、16名の参加、大人数でびっくり。途中で黒井屋さんの昼食を挟みながら、佐冶スタジオ、本町の家、衣川會舘を見学してもらい、衣川で市役所堂本さんから市の空き家対策の取り組みや丹波市と関西大学の連携の経緯などを話してもらい、出町さんから佐冶スタジオ、佐治倶楽部の取り組みについて話してもらい、その後ディスカッションという流れ。

ディスカッションでは、「様々な空き家対策定住移住政策で、移住者の数も増えて来ているという話があったが、30年後も同じような状況(若い人たちが出ていく)がおこるかもしれない。それを見越した取り組みは行ってますか?」というような鋭い質問もあったりして、刺激的な会だった。みんなどこもなんとかしたいという気持ちを持った方がいるものだ。

個人的には、堂本さんの資料が大変勉強になり、なんだか視察に来た人みたいになってうんうんうなづきながら聞いていた。

出町さんの発表も久しぶりに聞いた。佐冶には週一回は来ているものの、なかなかゆっくり話すことはない。
実は現場で活動してると、自分たちの活動についてまとめる機会ってなかったりする。大学やらシンポジウムやらで依頼されないとなかなかやらないものなんです…。仲間の発表を聞いて、改めて佐冶の活動の意義を知ったりするのだ。


「月一回の佐冶倶楽部のどんな話が出てるのですか?」という質問に対し
「まぁ半分くらい雑談ですね、脱線しちゃう笑」
「議題は流すんやけど、雑談の中からこれやろ、あれやろとなるなぁ。まぁでも最初はうまくいかないですよ笑」
という臼井さん、出町さんの掛け合いが印象的だった。
このゆるさが継続の秘訣なんだ、きっと。

「やりたいことをやる。」

当たり前なんだけど、なかなかできない。でも佐冶倶楽部なら、佐冶のまちならやっていいんだ。



書きながら思い返してみると
なんだか希望をもらったような機会だったなぁ

タイシロウ


b0116276_20485125.jpg


[PR]
# by saji_saji | 2017-11-14 20:46 | タイシロウの日記 | Comments(0)

地域再生学内報告会

11/11

今日は大学で地域再生の報告会が行われた。
ここ数年は僕が司会を担当している。
今年は50人ほどの学生が報告会に参加した。
b0116276_22305520.jpg
今年、河内長野の方の活動が忙しくて地域再生の授業は一つも参加できず、
どの話も新鮮な情報だったので、個人的にはかなり楽しく聞くことができた。

北詰先生に始まりの挨拶をお願いしたのだが
「多様なジャンルの授業が行われているということを知って欲しい」と言っておられた。
ゼミの内容も順に、建築環境デザイン(江川ゼミ)、治水・道・建物の成り立ち(岡ゼミ)、民話(宮崎ゼミ)、景観(北詰ゼミ)、民話(秋山・井ノ口ゼミ)、木造建築(木造建築基礎講座)と本当にいろんな視点から丹波を切り取っていただき、それぞれの専門分野で調査している。

2泊3日で丹波の地に身を置いて取り組んでいるというところも重要だと思う。
僕は最後の挨拶で「まちは一つの物事で成り立っておらず
様々なものごとが複雑絡み合うことにより、複層的な様相で成立しているのだと思う。」
ということを話した。いつも思っていることだ。
それを受け、北詰先生に「景観も視覚やだけではなくて、本当は五感すべてで評価すべきなんだよね。」と言われた。

地域再生の授業は、たったの2泊3日なので
五感すべてを身体感覚として整理して評価することは難しいかもしれないのだけど、
丹波という「地域を身体で感じる」という視点を
来年の地域再生では学生のみんなに感じてもらえたらなと思った。

タイシロウ

b0116276_22305471.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-11-11 22:32 | タイシロウの日記 | Comments(0)

人呼ぶ座布団

11/8

Hさんがコノミヤテラスの外にベンチ用の座布団を編んでくれた。
いつも色々ありがとうございます!

このベンチは9月頃に設置した。
季節が良くなったので、ラジオ体操を外の廊下で行っていたのだが、
そのときに荷物を置く場所がなかったり、ちょっとした井戸端会議の
たまり場にしたいと学生が考えて作ったものだ。
…だったのだが、季節や天気のせいもあるのか、
思った以上に利用している人が少なくてどうしたものかと思っていた。
(内心ものすごく悲しかった)

で、この手編みの座布団ができてから
急にベンチを利用する方が増えたのだ、外は肌寒いというのに…

手編みでオリジナルの柄のあたたかい雰囲気が人を呼んでいる。
「座ってくださいねー」というサインになっている気もする。
空飛ぶ絨毯ならぬ「人呼ぶ座布団」
人の居場所をつくるって深いなぁと思ったのでした。

タイシロウ

b0116276_22354208.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-11-08 22:35 | タイシロウの日記 | Comments(0)

壁と掲示板

11/4

最近、咲っく南花台関係の新たなツールができた。
咲っく南花台事業者の会の「掲示板」だ。
b0116276_09263097.jpg
b0116276_09263000.jpg
b0116276_09263096.jpg

ビフォーの写真を見てわかる通り、汚れも目立つなかなか殺風景な壁で、
いっぽうでATMの前なので、人がたまり、目立つ壁ではあった。

はじめは、普通の壁掛けの掲示板のようなイメージということでお願いされたのだが、
せっかく作るなら、前の通りを通る人やATM前にたまる人たちが
その場所を気持ちよく思ってもらえるようなところになってほしいという思いで
掲示板としても機能する木の壁と、鉄扉・壁の塗装提案を一体でおこなった。

結構評判で「柔らかい雰囲気になったね」「店ができるの?」とかいろいろ言われているらしい。
掲示板という単一の機能だけを満たすのではなくて、
通りとかまちとかもう少し別の視点をいれるといろんな意味を持つ場所にできるなぁと。
日頃色々考えてたことが実現できて、いい機会をもらえたことに感謝です。

タイシロウ




[PR]
# by saji_saji | 2017-11-04 20:00 | タイシロウの日記 | Comments(0)

リノベ住戸は増え続ける

11/1

男山団地にリノベーション住戸を見に行く。
男山団地での団地再編プロジェクトでは「子育てリノベ住戸」を毎年3〜4戸生み出している。
関西大学の学生が建築の専門家と恊働で提案した、
住戸リノベーションプランを実際に作り、借り手を募集している。
毎年場所に応じた様々なプランが生み出されて人気を博している。

今年は提案部会(大学での専門家との議論の場)にも顔を出せて
設計プロセスも共有していたので、どんなものになったかとても気になっていた。

ビフォーの写真がないのでどんな変化か伝えられないのだが、こんな感じ。

どの住戸も眺望がよく、風の抜ける開放感のある住戸だが、
それを生かした気持ちのいいプランになっている。
b0116276_01093604.jpg
b0116276_01093686.jpg
b0116276_01093687.jpg
b0116276_01093733.jpg
b0116276_01093796.jpg

プランどうこうの話もあるんだけど、
この取り組みが社会的にどんな意味があるかというところに焦点を当ててみたい。

多様なパターンの住戸がたくさん生まれることに意味があると考えている。
入居した子育て世代が、ずっとその住戸に住み続けるかわからない。
子供達が大きくなったら外の戸建やマンションに引っ越すかもしれない。
引っ越して10年後、子供達が家庭を持った時、男山団地に戻れる場所=子育てリノベ住戸がまた生まれている。
しかもその間もリノベ住戸は増え続け、20戸以上の選択肢があるということ。
自分たちのスタイルにあった住戸を選ぶのを楽しみにながら、また男山団地に帰ってこれる。
両親も年をとって大きな家が必要なくなれば、UR団地の自分の手で管理できる程度の大きさの住戸に引越ししてくる…

こんな風に地域内でのひとの暮らしの循環が生まれることが
多世代が混在した持続的なまちにするためにとても大切なのだ。と思っている。
そういった意味では
子育てリノベ住戸だけではなく、高齢者向けのものや単身者向けのプラン、学生向けや女性向けなど、
いろんなパターンの住戸があるともっと良いようにも思う。


どうも団地住戸のリノベーションでは、その手法や技術、デザインに注目が集まりがちだ。
その先の社会的意義にもっと目を向けるというのも必要なのではないだろうか。
いつだって目に見えないことこそ大切なのではないか。

タイシロウ


[PR]
# by saji_saji | 2017-11-01 23:08 | タイシロウの日記 | Comments(0)