<   2017年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

歩こう会

8/20

「セキヤくん、今回は来てよ!」
と何度も言われ続けてきた、「歩こう会」についに参加することができた。
これは、地域の方が自主的にされてるウォーキングの活動で、
毎回テーマに沿った10km前後のコースを歩いている。
今回は「滝めぐり」

河内長野市はその7割が森林で、航空写真で見ると南部はほとんどが緑。
そこを切り開いて作られたのが南花台を含めたニュータウンなので、
ちょっと車を走らせるとあっとゆう間に深い森の中へ。

なんでもこの写真の滝は
朝の連続ドラマ「マッサン」のロケ地になっていたそう。

「一人ではとても来れないけど、みんなでなら来れるね!」
おしゃべりしながらだと、しんどさも紛れるし、
なによりみんなで遠出するのは歳をとったって楽しいとのこと。

マイナスイオンを大量に浴びたからか、
帰りのバスは少し穏やかな気持ちで遠くの景色を眺めていました。

セキヤ

b0116276_22044401.jpg


[PR]
by saji_saji | 2017-08-20 21:49 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

西山夘三の住まいの採集帳

8/19

「西山夘三の住まいの採集帳」という展覧会にいった。
すきま時間でささっと40分だけ、刺激的な時間だった。

-日本のすまい研究を牽引してきた建築学者、西山夘三(にしやまうぞう)(1911-1994)は、徹底した住み方調査を通して、膨大なスケッチや図版、写真を残しました。
本展では、漫画家を目指したほどの画力とすぐれた観察眼を持ち合わせた西山夘三による「すまい」のスケッチや図版、写真類、そして中学時代からの漫画作品や記録魔ぶりを窺わせる日記など約90点の資料から、西山すまい学の一端と彼の多彩な魅力に迫ります。-
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

最近記録を残すことに興味があって、少しチャレンジしようかなと。
手を動かす時間を増やしたい。

余談だが、、、
展覧会会場に小学校低学年の子がいて、めっちゃメモ取ってた。何をそんな熱心にと思ってのぞいたら平面パースをスケッチ模写してた。それだけでも驚いたけど、近くにいたお父さんが「うまいねー!3分休んだら別のもね。」
英才教育恐ろしい。

セキヤ
b0116276_22111537.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-08-19 22:05 | Comments(0)

夏祭りが続くと故郷への愛着と尿酸値が高くなる。

8/14 今宵も佐治は夏祭りだらけ。

8/11は神楽地区の夏祭り(僕は木ぃホルダー作りワークショップを出展)
8/12は僕らが企画する「大人のための夏祭り」で、ビアガーデンと灯篭街道を企画
8/13は青垣佐治川祭り。スタジオのある新町有志でつくる会「新友会」として出店
そして…
8/14は佐治町内各地で自治会単位の夏祭りを行っているところが多いのだが、
僕らは毎年、成人さんに誘っていただき中町自治会の夏祭りに参加している。

里帰りしている人たちもたくさん参加するので、思わず…
「中町って、こんなたくさん子供いたんやー」って思ってしまうほど賑わっている。

今年は、僕らの長男創くんも中町のお祭りにデビュー。
顔見知りの皆さんにご挨拶をして一通り可愛がっていただいた。
「いやーありがたいね、人と人とのつながりが一番やね」
って人見知りでシャイな僕でも感じることができる夏祭り。

運営する方や企画する方はごっつ大変やけど、
人と人とが繋がる場、故郷と繋がる場、
故郷への愛着を再認識する場になっているのが分かるから
なんとか続けていきたいと思うわけだ。

しかし、ま。
当然ながらビールを飲む機会も増えるわけだ。
「でまっちゃん、まぁ飲めやぁ~」って感じね。
めちゃくちゃ有難いんですけど、
いやー尿酸値の上昇が気になるんですよ…ね。

皆さんも大丈夫なんすかね?いろいろ。

休肝日の出町



[PR]
by saji_saji | 2017-08-14 01:43 | 出町日誌 | Comments(0)

焼けるような夕焼け

8/12

南花台は丘のまち。(佐治は風のまちかな?)
とにかく空が近く、色の変化が激しいので空見てるだけでも楽しい。
今日はそんな焼けるような夕焼けの写真とともに
先日の夏祭りのことについて広報紙に感想文を投稿できるようだったので
応募してみた文章をここに載せておきたい。
文章かっこつけすぎたなと反省している。
-----------------------------
東北大震災が起きたとき、地域の祭りを開催するかしないかの議論があったそうだ。神様がいる祭りは残り、神様のいない祭りは減っていったらしい。物事を継続することは本当に難しい。
全国的に高齢化やコミュニティの弱体化が問題になっている現在、多世代が集い、笑い合い、チカラを合わせて作り上げる夏祭りは、南花台住民を繋げるひとつの「文化」なのではないだろうか。
「しんどい」「疲れた」準備や片付けの際あちこちから聞こえてくるが、いざ動き出すとそんな人ほど率先して身体を動かしている。心からかっこいいと思う。皆が恊働で汗を流す意味と楽しさをこれからの世代に伝えなければいけない。
準備や片付けにもっといろんな人が参加してほしい。
盆踊りの参加者がもっと増えてほしい。
この祭りだけは無くしてはいけないと強く感じた2日間だった。

セキヤ
b0116276_18510420.jpg


[PR]
by saji_saji | 2017-08-12 18:44 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

晩酌女子も満足!?屋台用テーブルの納品。

8/10 今日はSAJIHAUSのお仕事納品日。
b0116276_01332547.jpg
とある会議でいっしょになった(株)ご近所の恒松さんから
「今日の会議と全然関係ないんですけど…
 こんな感じのテーブルって作ってもらえたりしますか?」
って感じの軽いノリで、廊下に置いてあった木製のテーブルの注文を頂いた。

「うん、まぁ、いけるでしょ」って軽いノリで快諾。

「イベントに出店する際に使えるように…」ということだったので、
女性でも気軽に組み立てられる機動力のある軽さと強度がポイントだった。

まぁ、いろいろ思案しながら、辿り着いたカタチがコレ。
まだまだ改良の余地はたくさんあるんだろうけど…
そこは、恒さんに使ってもらいながら感想を聞かせてもらいながら
改良していけばいいか…って感じです。

柔らかくて家具向きじゃないんだろうけど、
僕は杉の木が好きなんで、今回も杉の木を使ってます。
使い込むほどにいい味が出てくる杉の木。

今回のテーブルは、どんな風に使い込まれていくのか楽しみです。
b0116276_01332433.jpg
早速、晩酌女子のカウンターの出来上がり。
「恒さんおかわり!」って言いたくなる感じあるね。

どうもありがとうございました。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-08-10 01:30 | 出町日誌 | Comments(0)

8/12[土]佐治の宿場町で「大人のための夏祭り」開催!!

b0116276_12483399.png

8/12(土)大人のための夏祭り「佐治ビアガーデン」も

宿場町・佐治の旧街道に灯篭が並ぶ
灯篭を愉しみながら、夏の夕涼みはいかがでしょうか?

企画①「灯篭街道」
佐治の宿場町の街道筋に、手作り灯篭を並べますよ!
夕暮れになると、灯篭に燈をともしますよ。

企画②佐治ビアガーデン
生ビールに丹波ハイボール、キンキンに冷えたラムネなどが楽しめるビアガーデンも開催しますよ。
<飲み物> 生ビール ハイボール
      ツバメヤのラムネ ジュース
<食べ物> きちんとキタアカリでフライドポテト
      けっこういけるフランクフルト
      芦田ポートリーのきちんとチキンハム
      BARsajistudioキーマカレーとパン 
      ※軽食しかないのでご注意ください  

「佐治川まつりの前夜祭やー!」勝手に謳い、勝手に企画しながら、4回目を迎えるというこの企画。
小さい規模だけど、小さいことがいい時もある。
まちを楽しむ小さな仕掛け。

ぜひ皆さんのお越しをお待ちしております。

日 時 2017年(土)18:00-21:00
    ※灯篭の点灯は19:00くらいから
場 所 佐治市街地&佐治来楽館
主 催 関西大学佐治スタジオ
協 力 佐治地域自治協議会
問合せ 090-9625-4260 出町携帯


[PR]
by saji_saji | 2017-08-09 12:50 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

佳境の環境

8/8

スタジオによく来てくれる学生たちが所属している建築環境デザイン研究室は
いつもほんとにいろんなプロジェクトを動かしてる。
どんなに予定調整していても、必ず重なる部分が出てきて、今日も頭を抱えてしまった。
とはいうものの、おかげで後輩たちが早い段階から大仕事を任され成長するきっかけになったりしている。
僕も大学時代、いろいろさせてもらってたなぁ…
と思いながらみんなを眺めている。


プロジェクトが佳境に差し掛かると研究室の環境はものすごいことになる。

写真はプロジェクトOSCの様子。
研究室のドアを開けると2台のミシンが稼働し、
床一面にブルーのトーンでまとめられた軽やかな布が広げられ足の踏み場がない。机の上は資料や道具だらけ。(写真はだいぶ片付けたあと)
明日最終のモックアップ試験だそうだ。
今日もコアメンバーは遅くまで作業するらしい。


縁の下の力持ちとはよく言ったもので、
どんな素晴らしい物事もそこに至るまでは
相当泥臭いことを通ってきているように思う。
そういう部分がぼくは一番好きです。

今日も研究室にはそういった泥臭さがあって、
なぜだか離れがたく、ついつい長居してしまった。

9/1〜9/6にJR大阪駅時空の広場でこの布が活躍するそう。
彼らが縁の下で支えているものを是非見に行ってあげて欲しい。

セキヤ
b0116276_23471383.jpg









[PR]
by saji_saji | 2017-08-08 23:47 | Comments(0)

住み継ぐカタチ。

8/7 「住み継がれる集落をつくる-交流・移住・通いで生き抜く地域-」

朝、佐治スタジオに行くと、
僕宛に一冊の本が届いていた。
b0116276_09102460.jpg
集落の大先輩、山崎義人さんが中心となって執筆した
これからの「集落の住み継くカタチ」を考えるという興味深いテーマ。

「集落のことやりたいんなら、伊根と美山に行ってこい」
「そこで、美しいと感じれへんかったら、集落はやめたほうがいい」

10年以上前に神戸大学に研究員としておられた山崎さんに言われた言葉が忘れられない。
あの頃は、大学4年になりたてで、神戸大の大学院に行って、重村先生のもとで集落調査をやりたいと思っていた。
僕の高校時代のツレの紹介で、飛び込みで神戸大学へ乗り込んだ…今思えばアポなしで良く受け入れてくれたもんだ。

「僕は『建築家なしの建築』『集落の教え』という本にめちゃくちゃ刺激受けてます!」
「うーん、キレイなとこばっか見てたらあかん。集落はな…もっとドロドロしてるねん、そのドロドロしてる部分が魅力やねん」
「(なにー!?)そうなんすか?」

テキトーな感じで、いろんなアドバイスをくれたナイスな兄貴。
僕の人生のターニングポイントの一つだと今になって思う。
あの1時間ほどの時間が、僕を集落の世界へ、ドロドロとした魅惑の世界への入り口だった。

余談だけど、その時お話しながらも、山崎さんは手元で集落図を描いていたのだが、その絵がまたカッコよかった!
「僕もこんな絵を描けるようになりたい!」って話聞きながらワクワクして見てたのだが…
後で聞いたら、氷上町の葛野地域の集落環境提案図だったそうだ。

縁というのは不思議なものだと思った。

その後、いろいろあって僕は丹波というドロドロとした美しい場所で活動を始めた。
不思議なもんで、色々巡り巡って、山崎さんとは何度も丹波で一緒に仕事させて頂く機会を頂いた。

今回紹介した本も、ある日山崎さんから
「デマチ君さ…『ムラを住み継ぐ』ってテーマで研究会やってんだけど、
そのメンバーで佐治に行くから、今丹波でやってること話してよー」
って感じの依頼があって…本には出てないけど、ベースの部分にご協力させて頂いた。

いつの時だったか忘れたけど、山崎さんに聞いてみたことがある。
「昔、神戸大学に潜入して、山崎さんに集落指南を受けたことがあるんですけど…」
「あー、あの時の…覚えてるよーほんとうに集落やってたんだねー」
って、嬉しかったね。子供みたいに。

僕が今、丹波にいて、色んなドロドロと向き合い、
ドロドロしたものをデザインしているのは、
色んな方々との出会いの中で、たくさんの刺激と指南を頂いたことが全てだ。

当たり前のことだけど。

この本を手に取って、
暗闇の中を当てもなくジタバタしていたあの頃の自分と、
渋く輝いていた山崎さんの姿とあの神戸大学での光景を思い出した

デマチ



[PR]
by saji_saji | 2017-08-07 08:31 | 出町日誌 | Comments(2)

宮崎ゼミ

8月6日

本日は宮崎ゼミ初日。

宮崎ゼミは環境系の研究室であり、毎年、丹波の気温や風の流れや気温、湿度を調査して丹波と都会を比較したりします。ゼミでは初めて見る機会もたくさん登場します。意匠系では使わないような専門用語も飛び出し、分野が少し違うだけでたくさんの知らない事がある事を実感します。

実体験として学ぶ環境が丹波にはあるので、僕も様々な事を吸収していきたいと思っています。
うえじ
b0116276_23182643.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-08-06 23:18 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

夏祭り

8/5

この時期は日本全国どこでもお祭りが行われていると思いますが、
南花台も例外ではなく、毎年2日間の夏祭りが行われています。
関大生はコノミヤテラスとしてかき氷屋さんをしていて、今年で3年目になります。

実はこれだけ南花台で活動していながら、
なかなかタイミングが合わず、僕自身夏祭りに参加したのは初めてでした。

雨男の本領を発揮し、初日終了間際に土砂降りの雨を降らせたのですが。。。
かき氷屋さんは大変喜んでいただけたようです。

朝の6:30から準備。40~50人の方が参加されていました。
祭りのお店はすべて地域の方が出店されていて外部からお店を呼んだりしていません。
ニュータウンの祭りは、神事を伴うようなお祭りとはだいぶ性質が違うもののように感じますが、
人のチカラの集積であること・そのことが地域をつなぐ大きな役割を果たしていることなど、
本質的なところは変わりはないのだなぁと感じたのでした。

明日が本祭り。上手に盆踊り踊りたいと思います。

セキヤ
b0116276_01420589.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-08-05 23:42 | 大学の授業&活動 | Comments(0)