<   2017年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

BARNSHELF 5th Anniversary


7/20 BARNSHELF 5th Anniversary

衣川會舘に素敵な贈り物が届いていた。

「BARNSHELF way to 5」と書かれた可愛いデザインのトートバッグ。
オーナーの小前さんらしい、「ありそうで、ない」デザインが素敵だ。
b0116276_11183588.jpg
牛小屋をリノベーションし、雑貨屋をスタートして5年…記念の贈り物。

関大の職員を離れ、個人事業主として独立した間もないころ
大学時代の友人の佛願君(about/当時はgraf)から声が声が掛かった。
「でまっちゃん、三田でおもろい現場あるんやけど、手伝ってもらえへん?」
「おう、ええでー」
てな軽いノリで、引き受けたのが縁の始まり。

糞まみれの牛小屋を掃除するところから始まったあの夏の日。
自分の物件の改修作業はたくさん経験していが、まるまる店舗の施工は初めてだった。
なかなか順調に進まない現場に四苦八苦…
時間だけが押してくる日々に一人現場で泣きベソかいた日も懐かしい。

それでも…
関大の学生だった植地君や関谷君はじめたくさんの学生にも手伝ってもらい、
オーナーの小前さんも開店前の準備もあるのにずっと手伝ってくれて、
小前さんのお友達も入れ替わり立ち代わり現場作業に加わってくれた。
最後の方はgrafのメンバーも総動員で作業に加わってくれた。

開店前日は、徹夜で作業をして、何とか開店時間に間に合わせたという…
たくさんの人の想いと凄まじいいエネルギーに溢れた忘れられない現場だった。

「建築はいろんな人たちと一緒に作るものなんだ。」
「建築をつくるプロセスが大切なんだ」
当たり前のことだけど、その先の自分の建築に対する関わり方を
決定づけた現場だったと…今になって思う。

これからも、そんなスタンスで
建築をつくることに関わっていきたい。

小前さん、5周年おめでとうございます。
これからも素敵な「居場所」であり続けて下さい。

出町慎




[PR]
by saji_saji | 2017-07-20 11:16 | 出町日誌 | Comments(0)

関大前通り「まちかん114」で佐治スタジオ活動展示会

7/19

関大前通りにある「まちかん114」という地域交流拠点で佐治スタジオの活動展示会を行いました。
まちかんは約3年前にできた拠点で、なんやかんやあり現在は地域の住民のかたが交代で常駐し、毎日オープンしています。

佐治スタジオでは、学生や大学、丹波が繋がる拠点が大学付近にも欲しいという想いが以前からあり、ここで佐治スタジオの活動を展開していくことを決め、早速、佐治スタジオの活動展示会を行いました。初回で告知もほとんどしていないので、立ち寄ってくれる人は少なかったですが、丹波の活動に参加してくれている学生やその友人が来てくれて賑わう時もありました。
なかなか、建築学科の学生以外と接点をもつ機会は少ないので、新鮮な体験もできましたし、地元の住民が常駐しており、地域の方と話すこともとても新鮮でした。

運営の仕方が代わり、まだ何に利用できて何ができないかは探り探りの部分が多いですが、まちかんに常駐する住民さんたちとコミュニケーションを取りながら、丹波と関大をつなぐ頃ができるような場所として利用できるようになればいいなと思っています。

また、今後もどんどん利用していくので、みなさんも機会があればふらっと立ち寄ってみてください。(ちなみに、飲食物の持ち込みは可能で貸切利用でなければ、10:00~17:00までの間利用することができます!)
うえじ
b0116276_01091775.jpg
b0116276_01092545.jpg
b0116276_01094120.jpg


[PR]
by saji_saji | 2017-07-19 01:06 | 新!室長日誌 | Comments(0)

苦悩の時間は裏切らない

7/18

今日は学生たちの話を書いてみたい。

「今日はセキヤさん大学いますか?」
突然学生から連絡があり、なにやら相談事があるとのこと。
丹波から大阪へ戻り、駅下のカフェで打ち合わせ。
男山団地で行われている住戸リノベーションのことでの相談事だった。
建築士の資格を持ってるわけでもないので、アドバイスなんてできないのだけど、
学生たちの思いや考えを聞いて、事例とか普段の生活でのこと、聞いたことのある話をするだけ。
それでも「なんかスッキリしたな、何かが解決したわけじゃないけど笑」と言って
きっとこれから徹夜で作業をするのだろう、大学へ戻っていった。

南花台のほうでは、買い物応援プロジェクトのための可動式の棚の制作依頼があり、
「必ず寸法の入った図面を描くこと」を条件に学生にお任せした。
写真のように可愛らしい棚が出てきた。地域の人もすごく喜んでいる。

それぞれ写真や図面、CG検討や詳細なメモがたくさん出てきた。
40~50m2の部屋を変身させるために、小さな棚ひとつ生み出すのに
彼らはどれほどの時間を割いているのだろう。
彼らはどれほど苦悩しているのだろう。

設計って基本的には裏方仕事でそういった背景はなかなか見えてこない。
けれど、苦悩の時間はできたものに確実に反映されているように思う。
「学生だからー」といった話をよく聞くけど、年齢とか立場とか歴とか関係なく、
かけた時間って裏切らないよなぁと思う。

僕も頑張ろうと思った1日でした。

セキヤ
b0116276_21555749.jpg
b0116276_21555878.jpg
b0116276_21555844.jpg






[PR]
by saji_saji | 2017-07-18 21:58 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

道の駅の夕べが近づいてきた。

7/17 道の駅の夕べ2017 行燈づくりの日

今日は、道の駅の夕べのメインイベントである
子供たちと作る行燈の組み立て作業の日。

地元青垣中学校の生徒会&ボランティアの生徒たち
氷上西高校のまちづくり部のメンバー
そして付き添いの先生(戦力です)と一緒に
行燈の組み立てに取り掛かった。

毎年行燈の作り方は試行錯誤のなかで微妙に変わる。
今回は、ペットボトルの底に砂を入れて蝋燭を突き刺すという方法。
試作品はうまく作れたんだが、量産体制になると急に難しくなる。

なんせ砂なんでね…水含ませてるんで柔いんですよ…。
子供たちと現場協議を重ねながら、なんとか作業は順調に動き出すも…
まさかのペットボトル切れで作業終了。

残すところ1週間。
今年もドタバタの中、本番を迎えそうだ。

それにしても、頑張ってくれた中学生高校生のみんな、
ほんとうにありがとう!
当日、みんなの頑張った成果を楽しみにしててね。

さて、ペットボトルのお茶を買いに行こうか…底が平たくて丸いやつね。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-07-17 11:22 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

佐治農園「燻製実験」

7/16

本日は佐治農園で作業&燻製釜を試用してみました。
佐治農園でとれた野菜と豚バラやサーモンを燻製してみました。

初めてでうまくできるかな、と思っていましたが、以外と上手にできました。これなら、10/22に行うイベントでも使えそうです。

また、今年も10/22のイベントに向けて、佐治農園の整備や野外キッチン作りを行っていきます。
うえじ
b0116276_01002155.jpg
b0116276_01003885.jpg
b0116276_01002962.jpg


[PR]
by saji_saji | 2017-07-16 00:59 | 新!室長日誌 | Comments(0)

参加の方法

7/15

僕はとにかく差し入れをもらう。
一昨日はカレーうどん。
昨日は茄子とズッキーニといなり寿司。
今日はコカコーラとコーヒー、お昼ご飯(鍋焼きうどん)と韓国のお菓子とかき氷とぱん×2
とにかく可愛がられている。
実はおかげで2年で10キロも太らせていただいた。。。
(むしろこの量の差し入れもらってて10キロで収まってることに驚いている。)
ちなみにこれで標準体重です。

午前中よくテラスにくる方とお話ししていると
「いろいろみんなが頑張ってるから
わたしも何か入ってやってみようと思ったりもするけどねぇ。わたしなんにもできへんから。」
「でも、いつもテラスに来てくれますよね?」
「うん。写真撮ってHPにあげるのが楽しいのとここくるのはわたしもできるわ笑」
謙遜しながらも、何を隠そう熱心にHP(咲っく南花台というまちづくり事業全体のHPがある)に地域の風景写真をアップしてくれているのは彼女なのだ。拠点にいる人間としては、テラスに来て楽しそうにお話ししてくれることは素直に嬉しい。楽しそうな人を見てると元気がもらえるものだ。

身体を動かしてプロジェクトに参加するという方法もあるし、
テラスに足を運んでお話しするという参加の方法も写真を撮るという方法もある。
大切なのは「やりたい!」という意思と「楽しい!」と感じる心だと思う。

そういう意味では、僕への差し入れも
プロジェクト参加の一つの方法なのかもしれない…
(写真は今日お呼ばれしたお昼ご飯会、この前は焼肉をご馳走になった。)

セキヤ
b0116276_21244567.jpg





[PR]
by saji_saji | 2017-07-15 21:25 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

本町の家でまったり「スパイスバー」

7月14日

本日はスパイスバー。
いつも通りのレイアウト、いつも通りのメンバーで営業しています。
お客さんもいつもよく来てくれている人が集まり、ゆったりとした時間が流れていたように感じています。

佐治スタジオと違って、本町の家はみんなの滞在時間が長いように感じています。いろんな場所でバーを開催していると徐々に場所の特徴を感じれるようになった気がします。

8月と9月はおそらくお休みですので、次回は10月ですので、ぜひいっぱい飲みに来てください。

うえじ
b0116276_20042294.jpg
b0116276_20042448.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-07-14 20:03 | 新!室長日誌 | Comments(0)

なんで行かれへんの?

7/13

今日は例の関大高槻キャンパス高等部の学生のもとへ。
研究テーマを決めるという内容でした。
3つの班に分かれてグループでテーマを決めるというものだったのですが、
「都市の発展と過去との調和」
「人と技術」
など、なんとも論文っぽい難しい言葉が並び、すこし頭がクラクラ。

最後の班の番になって、次はどんな難しい言葉を聞かなきゃいけないんだろうと思ってると
「ちょっと見てほしいところがあります…」
と言われ、江川さんとみんなで最上階へ。
そこにはガラスに囲まれた屋上へと続くテラスがありました。
「ここ、いい場所なんですけど、私たち1回しか入ったことがないんです。」
「なんで行かれへんのかなって。入れたら楽しいと思うんです。」
これは私たちの大好物の発想ですよね笑
そっからはもうトントン拍子で。
結局その日のうちにクラス全員が入れました。
この班はこの気持ちのいいテラスについて研究し、日常的もしくは臨時でも
テラスが使えるような仕組みを解き明かすことになりそう。

「なんで?」「どうして?」が世の中を楽しくする。
高校生に改めて気づかされた1日でした。

セキヤ

b0116276_21405937.jpg
b0116276_21405938.jpg




[PR]
by saji_saji | 2017-07-13 21:29 | Comments(0)

越前大野へサラっと行ってきた。

7月13日 越前大野へサラっと行ってきた。

「ほなちょと大野市へ行ってくるわ」
早朝4時30分、家を出る。

荒木の饅頭屋でお土産を受け取り、
JRの篠山口駅へ。

始発だけど、結構乗ってるんですよね~。
大阪駅から特急サンダーバードへ。
そして福井からローカル線の北越美線で越前大野へ。

久々に電車で長距離を移動すると楽しいですね~。
普段読みたかった本を鞄から取り出し読んでみたり、
でも外の風景の移り変わりが気になってボーっとしてたり、
よさげな集落を見つけると、集落分析を始めてみたり…
忙しいですよ…電車に乗っているのも。

という感じで、今年から福井県大野市でも
関わり続ける定住のカタチによる故郷づくりプロジェクトが始まります。
またボチボチ、大野市での取り組みの様子もアップしていきます。

ではでは
b0116276_11405152.jpg
ちなみに関係ないけど、改修中の我が家の写真をアップ

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-07-13 11:32 | 出町日誌 | Comments(0)

創くんの誕生会

7月12日

水曜日は大学のことを書こうと思っているのですが、なかなか写真を撮るタイミングを逃しまくっています。来週は、大学での出来事を載せたいと思います。

その代わりというわけではないですが、前回の佐治倶楽部ミーティング終わりに開催された、出町夫婦の長男「創」くんの誕生会の写真をあげさせてもらいます。
終始、創くんは寝ていましたが、濃ぃ〜大人に囲まれて育つ創くんはどのように育つのでしょうか?
うえじ
b0116276_19353060.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-07-12 19:35 | 新!室長日誌 | Comments(0)