カテゴリ:大学の授業&活動( 154 )

2月のスケジュール!の巻

皆さんこんにちは。

2月21日の公開講座が近づいてまいりました。
では今回も「でま猿ジジイの浅いイイ話」いってみましょう!

2月の学生滞在スケジュール!の巻

■2月21日(土) 「丹波を知る」「地域再生」公開講座
場所:関西大学千里山キャンパス第4学舎3号館4階
時間:13:00~16:10
バス:青垣住民センタ-10時発 春日道の駅10時15分 関大着11時30分
    関大発16時30分 春日道の駅18時15分 青垣住民センタ-18時30分
申し込みは、佐治スタジオ(0795-86-7078)まで。
バスの手配がありますので、参加される方は、至急ご連絡ください。

■2月27日(金) 「空き家リノベーション」
場所:本町の家
時間:13時~17時
内容:道に面した土間部分の天井の解体を行います。
    宿泊する学生たちがいますので、夜は佐治スタジオの方へ顔をお出しください。

■2月28日(土) 「地域交流ワークショップ」
場所:佐治スタジオ
時間:13時~16時
内容:佐治スタジオ改修完成1周年企画ということで、佐治スタジオにて
    気楽に住民の皆さんと学生とで話をする機会を持ちたいなと思います。
    例えば
    ・佐治スタジオへ一言・・・もっとこうした方がええんとちゃう?こんなことしてみいひ
     ん?などなど
    ・佐治へ一言・・・佐治のまちのこういうとこ好きやわ。こいうとこ嫌いやわ。などなど
    ・関大へ一言・・・関大って何してるん?普段どんなこと研究してるん?
    ・学生へ一言・・・佐治のまちどう思う?まちの人らと交流ってどうなん?何に興味あ
     るん?など
    ・住民へ一言・・・学生たちのことどう思ってますか?自分のまちに何を感じてます
     か?などなど
   挙げだしたら沢山話してみたいことたくさんあります。
   けどなかなか機会を作ってこなかったので、
   本町の家の改修も始まります、一度皆さんと佐治スタジオで意見をぶつけ合いませ
   んか?

■2月25日~3月3日 「滞在型交流ワークキャンプⅢ」
場所:(株)村上社寺工芸社・・・山南町
内容:日本各地の社寺で檜皮葺の仕事をされている村上社寺工芸社さんで
    檜皮の採取から、檜皮葺作業まで、丹波が育んだ伝統技術を身体で体感してきま
    す。山南町でのワークキャンプは今回初めてです。
    青垣だけでなく様々な丹波の地域に触れる機会を大切にしたいと思います。
[PR]
by saji_saji | 2009-02-19 19:06 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

第13回公開講座が開催されました。

みなさんこんにちは。
佐治スタジオの出町です。

今日は千里山スタジオの椅子の上にいてます。
明日の朝、佐治スタジオに帰る予定です。

実は佐治スタジオには「離れ」があります。
みなさんこの事実に驚きを隠せないのは察しますが、これは事実です。
最近その離れを大掃除しまして、畳を入れ替えて使えるようにしようと考えています。
暇を見つけては、離れの整備もしていきたいと考える今日この頃。
では本題です。

12月13日(土)関西大学にて第13回公開講座が開催されました。

「丹波を知る」では県立柏原病院の小児科を守る会代表の丹生裕子さんに
「地域医療を守りたい- 住民としてできること
    ~県立柏原病院の小児科を守る会の取り組み~」と題しましてご講演頂きました。
b0116276_16264141.jpg

丹波市における地域医療の実態の危機的な状況を目の当たりにしました。
「お医者さんを応援する」取組や地域のママさん達との勉強会などの取り組みは
「地域で豊かに暮らしたい」という強い思いが根底にあって、
自分の暮らす”まち”を自分たちが主体になって豊かに暮らせる場所に
していくんだという思いを感じ、僕も大学という立場から、
まちが豊かになる方法を一緒に考えていきたいと感じました。

続きまして、「地域再生」では和歌山大学システム工学部環境システム学科教授の
本多友常さんに「建築設計から見るまちづくり」と題してご講演頂きました。
b0116276_1627639.jpg

始めの世界中の集落の写真を見ながら、実に多様な住まい方があるのだと実感。
では、日本では?和歌山では?そして我らが丹波では?どうだろうか・・・
設計を通じて、その場所に息づいている地域の流れ(歴史や産業、環境など)を
そこで暮らす人々と解釈しあうことが重要ではないかと、様々な設計の事例を
通してお話頂きました。
僕たちも、佐治に息づく地域の流れをいかに、皆さんと解釈し、
空き家の改修等に反映していくのか・・・とても大切なテーマだと感じます。

今回、ご参加いただいた皆様ほんとうにありがとうございました。
次回の公開講座は年が明けまして、1月10日(土)となりますので、
また関大へお越しいただき、ぜひ公開講座の方にご参加ください。
来年度もよろしくお願いいたします。
[PR]
by saji_saji | 2008-12-15 16:28 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

「本町の家」改修説明会を行いました!

みなさんこんにちは!
佐治スタジオの出町です。

今僕は大学にいてます。
今日は朝、佐治スタジオから7時21分の神姫バスに乗って柏原まで行き、
そこから電車で大学まで来たのですが。なんと所要時間2時間30分!
10時には大学の千里山スタジオに到着しておりました・・・通えるやん!って思いますよね。

帰りは、大学を17時30分に出て、18時20分の梅田から出ている全但バスを使えば、
なんと20時には青垣ICに着いちゃいます・・・なおさら通えるやん!ってなりますよね。

てなわけで、いつもながら余談が長くなりましたが、ようやく本台題突入です。

12月7日は以前sajisajiでもお知らせしてました通り、
空き家リノベーションで借用する「本町の家」での
改修説明会を開催いたしました。
b0116276_17162872.jpg

当日は、朝零下4度という今年一番の冷え込みだったそうで、
よいお天気なのに昼間になっても、一向に温かくならない寒い一日。

にもかかわらず、本町の住民の皆さん始めお集りいただき、ありがとうございました。
はじめは15時になっても臼井さんしか来てなくて、
先月の説明会の再現となるのではとビビッてたのですが、
徐々に集まりだしてホッとしました。

この日は、関西大学が関わるきっかけの話から
現代GPの活動の説明改修の作業の流れまでを簡単に説明したのち
「佐治スタジオ」の改修の様子を発表して、
僕たちがどのよううなことを考えて活動しているのか、
空き家の改修を通して、いかにまちに貢献しようとしているかを話しました。
b0116276_17165442.jpg

ほんとうは、今春に行った、佐治まちなみ調査の結果も報告したかったのですが・・・
あまりの寒さに、予定を切り替えて、またの機会に行うことに勝手にしました。
b0116276_17172281.jpg

佐治スタジオの改修時にも感じたことですが、ほんと寒いです。家の中は・・・
特に土間は寒いですよね。
暖房の準備をできてなかった事を深く反省してます。
本当に参加して頂いた皆さんありがとうございました。
次回は暖かい環境の中で説明会ができればと思います。

次回の説明会は、年が明けてからになるかと思いますが、
これからもよろしくお願いいたします。

最後に一言。
帰りにシルバーハウスアネックスにて今年、発ボタン鍋を食しました。
山の恵みを思う存分味わっちゃいました。
おいしかったです。誘って頂きましてありがとうございました!

ではでは。
[PR]
by saji_saji | 2008-12-10 17:18 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

第13回「丹波を知る」「地域再生」公開講座のお知らせ

皆様こんにちは。
佐治スタジオのヤギ出町です。

第13回「丹波を知る」「地域再生」公開講座のお知らせです。

皆さんぜひご参加ください!

ちなみに、関西大学の食堂には「ビュッフェコース」というのがあります。
簡単に言うと、量り売りというやつです。
お皿に自分の好きな料理を取って、計りの上に乗せると、
合計の重さに対して値段が決まるというシステムです。

和食の惣菜から洋食まで結構種類があります。
ちなみに僕は、サラダをたくさん食べています。
キュウリ等の重い野菜を取らずに、レタスや玉ねぎ、水菜といった軽い野菜で作ると
かなり安く、しかも大量にサラダを食べれます。
草食動物になれます。気分は草原のヤギ。アルプスの少女ヤギです。

余談が長くなりましたが、公開講座以外にも結構楽しめる関大です。
では以下、詳細になります。どうぞ!

---------------------------------------------------------------------------

日 時:2008年 12月 13日(土) 13:00~16:10

場 所:関西大学千里山キャンパス 第四学舎3号館3101
               (空中テニスコートのある建物)

プログラム:
○13:00~14:30  「地域医療を守りたい- 住民としてできること
            ~県立柏原病院の小児科を守る会の取り組み~」
 
 講師:丹生 裕子氏(県立柏原病院の小児科を守る会代表)

○14:40~16:10 「建築設計から見るまちづくり」 
 講師:本多 友常氏(和歌山大学システム工学部環境システム学科教授)

---------------------------------------------------------------------------

■丹波⇔関西大学 無料送迎バスの案内
 □行き
  10時00分青垣住民センタ-発→10時15分春日・道の駅経由→関西大学着
 □帰り
  17時00分関西大学発→19時00分春日・道の駅経由→青垣住民センタ-着
 ※道路状況によって、到着が遅れる場合がありますので、ご了承ください。
[PR]
by saji_saji | 2008-12-03 15:26 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

空き家リノベーション説明会します!

みなさんこんにちはー!
どうも佐治スタジオの出町です。

今週末の12月7日(日)に空き家リノベーション説明会を開催します!
場所は、「本町の家」で行います。
場所は下記をご覧ください↓
b0116276_1248232.jpg


詳細は以下のとおりです。
-------------------------------------------------------------------------------------
日時:2008年12月7日(日) 15時00分~16時00分

内容:①空き家改修説明
    関西大学の取組みの説明、改修の主旨、改修作業予定

   ②佐治まちなみ・暮らし調査報告会
    今春に佐治のまち中で行った調査の報告を行います。

   ③佐治スタジオ改修の過程説明

   ④意見交換会
-------------------------------------------------------------------------------------

「本町の家」とは、佐治スタジオの改修に続きまして、
空き家リノベーション第2弾で借用する予定の町家です。

僕たちが、町家の改修を通じていかにまちづくりを進めていこうと考えているのか。
住民の皆さんと理解をしあいながら進めていきたいと考えていますので、
お忙しいとは思いますが、ぜひ足をお運びください。

ちなみに、当日は今春、佐治のまちなかで皆さんのお宅にお邪魔させていただきながら
行った、町並み調査の報告会も行います。
調査から見えてきた、佐治のまちの現状や課題そして今後への可能性とは・・・
ぜひ、ご協力いただいた皆様には来て頂けると嬉しいです。

では当日、会場でお待ちしております!
    
[PR]
by saji_saji | 2008-12-03 12:56 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

第11回「丹波を知る」「地域再生」公開講座

皆さんこんにちは。
TAFSデマスタジオの研究員の出町です。

最近は、めっきり兵庫・大阪・奈良の新三都生活が板についてきた僕ですが、
いつも佐治から帰る電車の中で、実家である奈良の僕の部屋は
「TAFSデマスタジオ」もしくは「TAFS奈良スタジオ」
とでも呼んでもいいかなと考えたりします。
b0116276_20365735.jpg


要するに、どこが我が家か分からなくなってきているということです・・・
僕にとっての定住とは、住民票が縛るのみの状況です。
「関わり続ける定住」とは言わば、「風」のようなものでしょうか・・・
などなど・・・頭を使っているフリをブログという場を借りて行う現代人です・・・いつのまにやら。
b0116276_20373842.jpg

さて本題ですが、10月25日の関西大学にて公開講座が開かれました。

「丹波を知る」では、「兵庫の野生動物・共存の道をさぐる」と題して、
森林動物研究センター研究員の森光由樹さんにご講演いただきました。

兵庫県を舞台に、野生動物と人間の共生が大きなテーマ。
野生動物の被害の様子や、対策。里山が果たしてきた役割などなど
自分たちの身の回りで起こっている話なだけに、聞き逃せない話ばかり。

中でも、日本の森はかつて江戸時代から戦後まで芝山やハゲ山ばかりだったという話は
意外すぎて驚嘆。衝撃の写真や絵に興奮です。最近の山は荒れてきていると
言われているが、別の角度から見ると安直に判断はできないなと・・・
b0116276_2038823.jpg

「地域再生」では、「地域恊働のまちづくり-可能性と展望」と題して、
早稲田大学教授の佐藤滋さんにご講演頂きました。

佐藤さんは、大学として様々な地域の都市計画やまちづくりに関わってこられ、
その中から、具体的な地域の例を出しながら、お話をされていました。
ここでいう地域協働とは、行政と住民の協働ではなく
実際にまちで活動する様々な主体どうしの協働という意味だそうです。

佐治のまちでは、最近多くの主体を一つに束ねる動きがありましたが、
多くの主体を残し、各主体自身がまちの中での役割を理解したうえで、
連携を取りながら佐治の魅力の向上、課題の解決さらには事業の組み立てなどを
行っていくのが重要だというお話。

大きな目標を共有した、様々な団体(主体)がまちのなかであれこれ活動している様子って
なんか楽しげで、生き生きしていていいですよね。

そういえばこの前、佐治スタジオで住民の皆さんとお話ししていて、
なんか堅苦しくなくて、気楽にまちなかで楽しく過ごせる集まり、サークルみたいなのが
あったらいいのになって・・・「さじ倶楽部」・・・うーん、こんなとこかな。

プチキャンドルナイト、出張キャンドルナイト、まちなか大運動会・・・
競技種目は、まちなかピンポンダッシュ競争、ほんまに買い物競争(負けたら自腹)
逆かくれんぼ(まちに隠れているものを勝手に見つけ出してくる)・・・などなど妄想の世界
続きは佐治スタジオで・・・長くてすいませーん。
ちなみに今回の写真は、僕の実家付近の風景です。僕の原風景かな。

てなわけで、貴重なご講演をして頂いた、先生方ありがとうございました。
また遥々丹波からお越しいただいた皆様ありがとうございました。
また次回、11月22日の公開講座もお待ちしております。
[PR]
by saji_saji | 2008-10-27 20:40 | 大学の授業&活動 | Comments(0)

夏の打ち上げ、秋一番

みなさんこんにちは。出町です。
佐治スタジオ研究員の出町です。
今のところ写真なしです。すいません。

9月7日、8日は「夏の打ち上げ」プログラムを行いました。

この夏は、「ワークキャンプ1・2」や「地域再生」の授業の参加で
大勢の学生たちが丹波に来てくれました。

が、

やはり、授業は授業です。過密スケジュールの中で目的を
果たさなければいけないという側面も当然あるわけで、
ゆったりとした「佐治タイム」に身を任せながら
自由に気楽に過ごす時間がなかなかとりづらいという問題もあるように思います。

で、もう自由に過ごしてもらおうというのが趣旨です。
ワークキャンプに参加していた学生はお世話になった方々のところへ遊びに行ったり、
佐治スタジオの大掃除をワイワイやったり、台所の収納棚作りをしたり、
自転車に乗って写真撮りツアーをしている学生がいたり、縁側で昼寝したり・・・

こういうふうに自分たちで考えて、自分たちで自分たちなりの佐治での過ごし方を
見つけていってもらえるといいなと思っています。
そういう中からしか、ほんとの地域の魅力だったりってのは見えてこないですよね。

てなわけで、夜はほんとの打ち上げでした。
家の前で、七輪を使ってバーベキュー大会。
気づけば、通り中が白く煙っていた・・・みなさんすいません、匂いしかお届けできなくて・・・
道の駅で買った野菜たちとサンシティ中川さんで購入したお肉でみんな大満足の一夜でした。
そのあと、地元の方々や、佐治スタジオの料理長も来て下さり、一層加速であっという間に朝がきて・・・てな感じで楽しく過ごせました。
みなさんありがとうございました。

8日も引き続き、掃除したり、ぶらぶらして過ごしてたのですが。
昼から僕は同じ関西大学の建築学科の構造学研究室の学生たちの製材所見学に同行して
どたばた走り回っていました。

僕がドタバタしてスタジオに帰ってくると、和室に人の輪ができている・・・なんやろ・・・あ、
兵庫県民局の方々が、政策提案のためのヒアリング調査に来られていて、
学生たちが質問に答えている所でした。

彼らの受け答えしている姿は、堂々としていて、
この佐治の良さだったり、自分たちが感じていること、自分たちなりの意義みたいなことを
彼らの中でしっかり解釈し、自分たちの言葉で話している姿に胸が熱くなりました。
佐治にきて、遊んだり、改修したり、交流したりいろんなことを通して、
いろんなことを感じ取ってくれていて、僕はとてもうれしかったです。ふむふむ・・・

今は、学生たちを見送り、井上さんと藤原君と3人で佐治スタジオにいます。
何とも言いようのない、心地よさの中で心の豊かさについて思いを馳せます。
からりと晴れ、澄み渡る空の下、心地よい風が遠く稲穂の気色を運ぶ、秋の色。
[PR]
by saji_saji | 2008-09-09 12:08 | 大学の授業&活動 | Comments(1)

夏の嵐

皆様、大変長らくご無沙汰しております・・・出町です。
お久しぶりでございます。

最近めっきり更新を怠ってしまい申し訳ありません。

では早速、これまでの分を一気にドバッと更新します!

と、言ってみたくなるのは、若さが故でしょうか。
なんてことはありません、少しづつ26歳なりに冷静に更新していこうと思います。

今年の夏休みはいろいろなことがありました・・・
まさに夏の嵐のごとく、いろいろな事が佐治を舞台に起こっていました。

今回は、大雑把にどんなことがあったかお話しする予定ですが、どうでしょう。

まずは、「いつまで続くの!?佐治スタジオ改修」編
b0116276_1647220.jpg

今春から進めていた佐治スタジオ2階の改修作業も床と天井貼りも終わり、
土壁の塗り直しも完了し、後は階段周りの手すりの取り付けと
窓枠を取り換えて内障子を入れるのみとなりました。
とうとう「もうすぐ完成しますよ」と自信を持って言える段階まで来ました。
ご協力いただいた皆さんありがとうございます!
b0116276_16462257.jpg


近々「佐治スタジオ2階ゲストハウス見学会!」開催いたします。
また詳しくは案内チラシの方を配布致しますのでぜひ参加してください!

さらになんと・・・佐治スタジオのお風呂が大変身いたします。
檜風呂です・・・。ただいま作業継続中。
完成しましたら、皆様お風呂セット(缶ビール要)片手に遊びに来てください。

さらにホットなニュースです。
1階の続き間にあった押入れの改修作業が完成しました!
使い勝手の悪かった押入れをぶち壊し、そこに佐治スタジオの資料や書籍を
収納する棚、荷物や衣料を収納するスペースを設けた
収納スペース(構造補強を兼ねる)が出来上がりました!
学生たちの議論がカタチになった収納スペース。
細部には素人仕事が垣間見えますが、それも愛嬌ということで・・・

続きまして「初々しく地域再生授業始めます」編
b0116276_16514339.jpg

関西大学が丹波に来るようになり早くも1年が経ちました。
とうとう佐治に関西大学のゼミが乗り込んできました。
それぞれの先生が、自分の研究分野を生かして丹波の「地域再生」を
学生たちと考える2泊3日のゼミ合宿が開催されました。
b0116276_16422519.jpg
b0116276_1643460.jpg

我らの研究室の教授・ミスター江川直樹さらに准教授・マドンナ岡絵理子は当然の事、
他多数の先生方が学生を引き連れ佐治に到来・・・一時佐治スタジオはパニック状態・・・
これは運営上の問題ですが、なんせ学生が大勢やってきて賑やかで
その光景そのものが「地域再生」ってこんなことの積み重ねじゃないかとでも言わんばかり。
b0116276_16432693.jpg


この成果は、10月19日の「八宿祭」で披露したいと思います。

少し指が疲れました。皆さんも目が疲れたと思いますのでこの辺で
とりあえず休憩します。
b0116276_1644172.jpg

続きまして「ただいま!ワークキャンプ」編
今年もやりました。そして佐治の皆様にはほんとにお世話になりました。
そして佐治OBのみんなも遊びに来てくれました。
b0116276_16474229.jpg
b0116276_16475039.jpg

詳しい内容はまた、順次更新していきますんでお楽しみに。


さてこの「サジサジ」ブログですが、やはり学生にどんどん書いてもらいたいし、
OBのみんなや、読んでくださっている方々にもコメントしてもらいたいと思います。
b0116276_16485969.jpg

これからは、くだらないことでも更新していきますので、
お付き合いいただけると幸いです。

ではまた。
[PR]
by saji_saji | 2008-08-26 16:49 | 大学の授業&活動 | Comments(2)

佐治スタジオにバーカウンターが設置されました!

こんにちは出町です。

佐治スタジオより冬のビッグニュースです。
現在、改修作業真っ只中の佐治スタジオに
とうとうバーカウンターが設置されました!
b0116276_2283765.jpg

どうですか、桜の木の1枚板で作られたカウンターです。
とても硬くて、固定するのにビスを打つのですが、
途中で何本も折れてしまい、大変苦労しました。
b0116276_2321329.jpg

なんと長さが5mもあります!
長すぎて、通り土間の上部にまではみ出しています・・・
この長さに、この重さ・・・何よりもスタジオ内に入れるのが大変でした。
お向かいの松本さんに手伝ってもらえなけりゃ・・・無理だったかもしれません。
松本さんありがとうございました。お寿司美味しかったです。
b0116276_2394244.jpg

足元は檜(ヒノキ)で固定しています。木目が美しいですね。やっぱ・・・

さてさて、いったいこのバーカウンターはどこから来たのでしょうか・・・

このバーカウンターは元は、三宮のバーで使われていました。
驚きなのは、そのバーカウンターの年齢です。
なんと80歳・・・80年ほど前から昨年の4月までのあいだ
三宮のバーで、様々な人々の喜怒哀楽を受け止めてきたのだろうと思います。

b0116276_2541331.jpg


そして今、三宮から青垣町佐治に舞台を移し、
佐治の住民の皆さんや学生たちの「拠り所」として
バーカウンターは再び命を吹き込まれました。

b0116276_2551181.jpg


佐治スタジオの改修作業もいよいよ完成間近です。
2月13日には薪ストーブの設置を行います。

そして2月21日15時より
芦屋市よりバーのマスターを招いて
「佐治スタジオOPENパーティ」を開催します。
学生たちもたくさんやってきます。
みなさんもぜひ覗きにきて、一緒に楽しく過ごしましょう。
お待ちしております!
[PR]
by saji_saji | 2008-02-07 02:55 | 大学の授業&活動 | Comments(2)

僕たち佐治へ行きます!

こんにちは出町です。
僕たち明日1月24日、25日と佐治へいきます。
今回は、大詰めを迎えました佐治スタジオ改修工事を
しにいきたいと思います。
b0116276_191215.jpg


12月の頭から始まって、早2ヶ月が経とうとしています。
本当は、週末学生が来るときにだけ、大工さんに来ていただいて、
僕たちの改修作業の指導をしてもらうはずだったのですが、
平日も無理を言って、来ていただいて、僕たち・・・主に僕。
僕たちの指導をしていただいて、ここまでやってきました。
b0116276_1122513.jpg

b0116276_1115890.jpg

本来ならば、改修作業を行う前に、
佐治のまちの魅力の増大、佐治での暮らしの質の向上には
何がまちには必要で、そして改修してどのような機能、空間が必要なのかということ、
現存する多くの空き家を再利用することでまちを再生させるには何が必要か・・・
という事を、学生や住民の方々と議論し一緒に考える場が必要なんです。が、
b0116276_161754.jpg

今回は、早急に整備を行わなければならないということもあり、
スタジオの改修のプロセスを共有する時間が短かく、
住民の皆さんにとっては、何をしようとしているのかと思われる方もおられると思います。

今回の改修で大切にし続けた想いとは、
「まちに住民の方々や学生たちの居場所を作る」ということです。
b0116276_174473.jpg

現在、“家”の中には自分の「居場所」があると思います。
だからそこは「自分の家だ」と感じれるのではないでしょうか。

今、佐治を始め、多くの町では、“まち”の中に
自分の「居場所」がないのではないかと思います。
b0116276_113138.jpg

佐治ではかつて、商店街であったころ、そこいらに自分の居場所があったと思います。
まちの中に「自分の居場所」があるということは、
魅力あるまちの条件の一つではないかと考えます。
b0116276_1163946.jpg

そして、そのような居場所とは、自分たちで考え、体を動かして、
協力しあいながら、自分たちの手でつくりだすことによって生まれる
愛着や思い入れの積み重ねが不可欠だと思います。
b0116276_1161455.jpg

だから、学生や住民の皆さんと協働して
空き家の改修を進めて行きたいのです。

今後も、空き家の改修は続けていく予定です。
ぜひ佐治スタジオへ遊びに来てください。
僕たちの「居場所」へ!
b0116276_1181019.jpg

[PR]
by saji_saji | 2008-01-24 01:18 | 大学の授業&活動 | Comments(1)