カテゴリ:出町日誌( 47 )

衣川會舘の改修は続く…その1

6/26 木で包むという手法

衣川會舘の2階は、
ご存知の通りコワーキングスペース、
テレワークスペースとしてリノベーションしました…が、
細かいところを作り込んでいく作業が割合あるんですね。

今回は、スチール剥き出しのロッカーがいやらしすぎて、
木で包み込んでやることに…。
b0116276_00101230.jpg
b0116276_00102743.jpg

出来栄えはというと…
まあそこそこですが、
スチール剥き出しよりかはいいだろう。

本当は、白色じゃなくて、
黒色とかだと古民家には馴染みがいいんですけどね。

なんでオフィス用品=白色もしくはグレー。
な構図になっているんでしょうね。
黒色とか消炭色とか濃いい色の方が
空間にマッチするケースって多いのにね。

いつになるか分からない、
衣川會舘の改修報告でした。

出町



[PR]
by saji_saji | 2017-06-26 22:48 | 出町日誌 | Comments(0)

ハジメからハジメへ

6/14 佐治スタジオで会合という名の食事会。
メニューはもちろん「ホルモン炊き」
青垣のソウルフードの一つ「ホルモン炊き」
お肉はなべ底に入れて、野菜を上に乗せるのがマイスタイル。

それはさておき
最後の最後にサプライズ。

あの元(ハジメ)君からうちの創(はじめ)君へ
誕生のお祝いケーキのプレゼント!
b0116276_23203997.jpg
cafe ma-noの北さん特製果物たくさんケーキ。
創君はまだ食べられないので、父が代理で堪能。

いやー素敵な皆さんです。
いつもありがとうございます。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-06-14 00:33 | 出町日誌 | Comments(0)

これからの自治組織のありかたを考える

6/12 TAMBA地域づくり大学オープンキャンパスにて
IIHOEの川北秀人さんを講師にお招きし、
「見える!地域自治の現状と可能性」をテーマに講演頂いた。

人口密度から人「交」密度へ 人の「交わり」密度を高めよう
「イベント」から「事業」へ
事業の棚卸、イベントの棚卸、役の棚卸・・・など自治組織をコンパクトに。
子供たちが将来、地域で稼げる仕組みを作る
小規模多機能自治
客観的に地域の現状を把握し未来予測をたてること データの使いこなし
b0116276_23203955.jpg
などなど・・・
これからの地域自治を考えるためのキーワードが盛り沢山。

久々に「テンションのあがる」講演会でしたね。

自治協の活動って「なんだかめんどくさそう」「役が多そう」って
マイナスなイメージが先行しがちだけど、
実は地域を楽しく豊かにできる可能性がいっぱい詰まっている。

若い僕ら世代がもっと地域自治に興味をもつことが重要で、
子供たちに素敵な未来をバトンタッチできるよう頑張らなあかんですね。

でまち

[PR]
by saji_saji | 2017-06-12 23:05 | 出町日誌 | Comments(0)

境界(ボーダー)を越える。

6/9 丹波の森大学開校式&講演会

今年度で、もう27期目になるそうです。
柏原にある丹波の森公苑で実施している
市民の学びの場「丹波の森大学」の開講式がありました。

僕は、受講生ではないんですけど、
丹波の森大学の学長をされている
関西学院大学の角野先生の講演を聞きに会場へ。

講演のテーマは「境界(ボーダー)を越える」
今年度の丹波の森大学のカリキュラムテーマとなっているそう。

一見、難しそうなテーマに聞こえるんですけど、
従来の枠(分野、専門、世代、地域など)の中だけで、
考えたり、協働したりしていてもダメだよ。
ってことだとお話を聞いていて感じました。

確かに境界を越えていくことは重要だけど、
そもそも境界の質が悪い場合はどうしたらいいのかな?
境界のあり方そのものを問わなければいけない…のだろうか。
b0116276_22420941.jpg
写真は、わが母校である関西大学と周辺のまちが接する境界(境界)。
空間的な話のように思えるが、大学と地域の関係性にも影響を及ぼしている。
この場合、境界(ボーダー)は大学と地域を「分断」するために存在している。
分断ではなく「協働」を生み出す境界(ボーダー)に変えることが出来ないだろうか…。
はたまた、境界を拡げる…なんてことも。
ポイントは「境界」を考える、作る、壊す、直すといった
様々な「プロセスをデザインする」ことが大事なんでしょうね。

少し話はズレましたが…、
境界(ボーダー)を越える…非常に興味深いテーマですね。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-06-09 22:31 | 出町日誌 | Comments(0)

素敵なプレゼント。

6/1 素敵なプレゼント

「今どちらにおられますか?」
「衣川會舘にいてますよー」

どうかしたのかなー?衣川會舘の利用かなー?と思っていると、
間もなくして、佐治倶楽部の大西さんが衣川會舘に来てくれました。

「創君、5月生まれだから、母が織った丹波布を使って鯉のぼり作ってきたの!」
「えー!ほんまですかー!?めちゃめちゃ嬉しいです!!」
b0116276_22264815.jpg
家に持って帰って、創君の枕元に飾ると、
創君も上機嫌な様子。
「良かったね~幸せ者だよ君は」

青垣に関わり始めて10年が経ちましたが、
いつも心の中にあるのは、
こんな僕を受け入れてくれている地元の方々への感謝の気持ち。

いやーこんな素敵な場所で、
素敵な方々と一緒に暮らしていけるって…
ほんとうに幸せなことですね。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-06-01 22:14 | 出町日誌 | Comments(0)

スパイスな男になりたい奴らのBAR。

4月14日

毎月、第2だか、第3だかの金曜日は
佐治・本町にある本町の家にて
「男のスパイスBAR」をやっています。
b0116276_01212330.jpg
「男の…」ってのは
男性限定のBARって意味ではなくて…

スパイス好で、インドカレーとか大好きで、
役柄的にスパイシーなんだけど、存在感にスパイスが無い男と
存在感はスパイシーなんだけど、会話力にスパイスが無い男による
食べ物だけはせめてスパイスを効かせたもので、
楽しい時間を過ごしてもらいたいという願いを込めたBARっていう意味です…。

というわけで、今日のBARの様子を少しアップ。
次回は、5月19日(金)18:00-22:00OPENです‼
b0116276_01212358.jpg
b0116276_01212244.jpg

ちなみに、月末のBAR Saji Studioは
4月28日(金)18:00-22:00OPENです!
今月から晩酌女子と一緒に企画していきますよ~。
そう、美味しい日本酒が呑めるってことです。

お楽しみに~。

でまち

[PR]
by saji_saji | 2017-04-14 01:11 | 出町日誌 | Comments(0)

今、どこに行きたいか。-海外編-

4月13日

特に佐治スタジオに関係ない話ですが…
b0116276_01052850.jpg
テレビのない出町家では
食事のたびに、ひたすら色んな話をします。

そんな出町家の話題の中から今日は一つ。
「次の海外はどこへ行くのか?」について。

昨年、6月に佐治スタジオのスタッフにご無理を言いまくり、
「イタリア中部の山岳都市へ調査旅行」と、それっぽい名目でドロン。
b0116276_01052768.jpg
やっぱりいいんですよね、イタリア。
何がいいって…「なんだか丹波と通ずるものがあるな」
って感じられるとこですよ。
食事や暮らし方、まちのスケールなどなど…あんま詳しくはないですけどね。
b0116276_01052731.jpg
b0116276_01052860.jpg
b0116276_01052834.jpg
というわけで、またイタリア行きたいですね。
レンタカーを借りて山岳都市を巡りまくりたいですね。

その次は、北欧に行ってみたいですね~。
僕の好きな建築家はなぜだか北欧に多いんですよね
彼らの建築を見てみたいし、丹波と同じ森林王国の姿を見てみたい。

その次は、インドに行きたいですね~。
当然、カレーの武者修行がメインです。あとちょっとだけ集落、建築見学。
出来ればスパイスを仕入れるルートなんかも開発したい…。
その流れで、そのままネパールまで行きたいですね。

そういえば、南米にもまた行きたいですね。
畑をするようになって、改めてジャガイモの美味しさに感動を覚えます。
アンデスのあの町で食ったスープに入ってた真っ黒ジャガイモは何やったんか…
今頃気になりだしています・・・。

アフリカやったらモロッコには行ってみたいですね。
出来れば、ポルトガルから船で入りたいですね~。

これほんまどうでもいい話ですね。
ではこの辺で、強制終了します。

要は、
丹波の白ご飯がめっちゃ美味しいってこと。

でまち

[PR]
by saji_saji | 2017-04-13 00:32 | 出町日誌 | Comments(0)

季節外れの大掃除

4月12日

今日は大学にて季節外れの大掃除。

関西大学では2011年度~15年度まで実施していた
「全国の集合住宅団地の再編手法の研究」のために
使っていた研究部屋を大学に返却しなきゃいけないとのこと。


その時使っていたパソコンやプリンターなどの備品
研究の成果として作成した資料や報告書、
研究のために購入した書籍などなど…

出るわ出るわ…5年間に渡るプロジェクトの濃密さがそのまま
モノの量になって出てきます。

片付けするための、もう一回り大きな部屋を借りなきゃ片付かない…。

当然、写真を取る暇もなく、
学生たちと一緒に片付けしまくったわけです。

要は…
その時大掃除して出てきた資料や書籍の一部を
佐治スタジオや本町の家に持って帰ってくる予定だということ。

集合住宅団地の研究でしたが、
「集まって暮らす環境を考える」という意味では
集合住宅も佐治のような集落も同じテーマだと思っています。

縦に集合するか、横に集合するか…という違い。

ですので、丹波地域での活動にも
役に立つモノが沢山あると思います。
また持って帰ってきたら、皆さんにご案内いたします。

ではではお楽しみに~。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-04-12 00:31 | 出町日誌 | Comments(0)

佐治の隠れた桜名所

4月11日

皆さん、お花見は堪能されましたでしょうか?

「いろいろ桜の名所あるけど、どこも人が一杯やしな~」
「結局、家の近くの桜で花見するのが一番ええわぁ」

って方、結構おられるのではないかと思います。
そういう僕がまさにこのタイプ。

それにしても青垣町ってほんと桜の木が多いですよね。
桜の名所にわざわざ行かなくても、
町内をドライブしたり散策するだけでも
いろんな桜の隠れ名所に出会うことが出来る!

高速道路の上から見たら、桜の多さにビビります。
そして…その美しさにビビります。

これは青垣町がよそに自慢できることの一つやと思ってます。

というわけで、渋々ではありますが、
僕が思う隠れ桜名所を一つご紹介します。
b0116276_00112920.jpg
場所は、佐治上町の吉井商店さんの倉庫脇の路地から見えているアレです。
実は神楽橋の上からでも見えるのですが…
ほんまに大きな、大きな枝垂桜が鎮座しています。
b0116276_00115215.jpg
その下に立つと、大きな桜のアーチ…桜のドームの中に
包まれているかのような感覚を味わえます!圧巻です。
b0116276_00114020.jpg
来年の春が来ても、この記事を覚えてくれていたら、
ぜひ小倉の大枝垂れ(勝手に命名)を鑑賞しに行かれては。

ちなみにお花見するときは、ヤマヒルにご注意を。
楽しいお酒の酔いもすぐに醒めちゃいますからね。

デマチ




[PR]
by saji_saji | 2017-04-11 23:49 | 出町日誌 | Comments(0)

朝6時44分善光寺。

3月4日

前室長出町は長野市善光寺へ。
b0116276_22452322.jpg
前日、門前町を案内して頂いた珠さんから教えて貰った、
「善光寺は朝のお寺なんです…」「朝っ?」
のフレーズが頭から離れず。

1166バックパッカーズのスタッフから
「朝の法要は6時44分からで〜す」
の言葉も引っかかって。

結局、朝5時に目を覚ます。

寝ぼけた室長を起こしていざ善光寺へ。
b0116276_22470415.jpg
トルコ・イスタンブールのモスクで感じたような
イタリアの教会で感じたような…
音、念佛、お経…が創り出す
緊張感のある厳かな空間を体感。

あー世界は広くて狭い。
そんな当たり前のことを感じた朝だった。

しかしまあ…心の興奮と反比例するように
冷え切る身体の芯の辛いこと。
b0116276_22475368.jpg
明日は越前大野。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-03-04 22:48 | 出町日誌 | Comments(0)