「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:佐治スタジオの活動( 155 )

2月27日のお話し。

えー、ご無沙汰しております。井上です。
最近ブログに載せる写真が増えてきています。
何から紹介していいのやら…。とりあえず2月27日のお話しをしますね。

早朝から私は佐治小学校に行っていました。
「生きっ子ファイナルパーティー!」です。
なんかすごいネーミングですが、1年間を通して行われてきた生きっ子会、
最後の修了式ということで、最後は「生きっ子屋台村」というのをしました。

体育館に6つの屋台を設置。
わたがし、ポップコーン、お好み焼き、プチカステラ、
まとあて、そして私も一緒になってやったフランクフルト。
子供が好きなもんばっかりですね♪
わたがしやポップコーンも業者さんから機会を借りて本格的にしてましたよ!
さすが、子供を想う親たちのパワーはすごいです。

さて、屋台も無事に終わり、次は佐治スタジオへ。
佐治スタジオにて、地位交流で1日限定のBARをしました。
芦屋のTHE BARを経営しておられるマスターが佐治の地で
THE BAR in TAMBAです。
b0116276_1672616.jpg

佐治スタジオの電球が切れたので換えました。
元気玉ではありません。

この日は新町の方々はじめ、本町の方々もたくさんお越し下さいました。
もちろんその他も、佐治では関大生以外滅多に見る事の出来ない20代世代など。

佐治スタはどちらかと言えば“異世代交流”の場というイメージが強かったのですが、
青垣に住む20代が加わることにより“同世代交流”の場が生まれ、
関大生にとっても、佐治で新鮮な空間だったのではないでしょうか?
ていうか少なくとも私にとっては新鮮な空気でした。
近くに住んでいても、顔や名前を知らないのは、
何も異世代だけではないんですね。
同世代でも学年や学校が違ったら全然知らない。

今回は佐治スタジオで新鮮な空気を体験した日でした。

みなさんも楽しんで頂けたようで♪とても楽しい交流会でした!
[PR]
by saji_saji | 2010-03-01 16:29 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

花の正体

こんちわ、井上です。
http://sajiaogaki.exblog.jp/12695280/
で紹介しましたお花。
あれは何に使われていたのかと言いますと…。
b0116276_1673181.jpg

1月24日(日)昨日の丹波新聞見ました?
こうゆうことをやってたんですねー。
なるほど、あの徹夜で作っていた花や模型は
この日の為に使うものだったんですねー。
みなさん、お疲れ様です。

構成の都合上、チョン切った分の文章があるので読んでください。

調査にあたった同大環境都市工学部建築学科研究員の前田勉さん(23)は、
「老若男女さまざまな人の声が聞きたかった。立体模型を使うことで、視覚化
でき、整理しやすいのでは」と話した。
街頭調査後の同地区自治振興会役員らとの懇談会では、地元住民のお気
に入りの場所が、個人の記憶などによっているのに対し、大学生は今の街並
みや風景にひかれているなど、視点の違いが明らかになった。
宮崎奏助自治振興会町は、「年配の人が『思い出の場所』に選んだ所で、当
時と現在の様子が大きく異なっている所があり、まちが空洞化していることを
実感すると共に、改めてシンボルとして、甲賀山に親近感を覚えている人が多
いなと思った」と感想。
立体模型は、成松交流会館に展示することにしている。


こうゆうことをやってたんですねー。
私も夜のワークショップには行かせて頂きましたが、
成松も佐治も同じ商店街の並びですが、どちらも同じではなく、
成松には成松の魅力が、佐治には佐治の魅力が、
その魅力を活かしてこれからどんなことができるのか。
なんてことを考えてました。

また何より、成松に住む人たちの熱い声や想いも聞けたいい機会でした。

私の好きな漫画の中に、
『国とは人』
というフレーズがあるのですが、まちもそうだなと思いました。
[PR]
by saji_saji | 2010-01-25 16:11 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

関大生、来てます。

みなさん、こんにちわ。井上です。
今日は太陽が照っていて暖かいなぁと思っていましたが、
でもやっぱりまだまだ寒いですね^^;肌が冷え冷えします、、

そんなまだ寒い中、関西大学の学生さんたちが
佐治スタジオに来ましたよ。
b0116276_1614438.jpg

b0116276_16143765.jpg

明日行われるプロジェクトの準備をしているようです。

第5回ワークショップin成松
交流型定住を促す「空き家活用モデル」の調査研究プロジェクト
中央地区開花宣言2010
~まちの魅力が咲き乱れる~
僕たち関西大学の学生と中央地区の住民の皆さんと一緒になって
中央地区のまちなみ模型に花を咲かせましょう!

いろいろな項目に分かれた花の形をした旗のようなもの、
たとえば「好きな場所の花」「思い出の場所の花」などを、
中央地区のまちなみ模型にどんどん立てていこうというものです。

学生からみた中央地区の魅力、何気なく見逃がしていた中央地区の
いいところ、実はこんな場所に!?やら…。

中央地区にはまだまだいろいろな魅力的な場所や風景、
モノが眠っていると思います。この機会にぜひ私たちと一緒に
中央地区に関わる多くの人々の想いの花を咲かせませんか?

日時:2010年1月20日(水)
    1部:10:00~12:30
       会場:中央小学校 ※小学生対象
    2部:13:00~17:00
       会場:成松のまちなか
    3部:19:00~21:00
       会場:丹波市中央公民館 つどいの間
申し込み不要です。お気軽にお越しください。


ということなんですね。

来られる方はどうぞお気軽にお越しください^0^ノ
[PR]
by saji_saji | 2010-01-19 16:39 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

難航…土田のうどん機械洗浄!!

みなさんこんにちは!
佐治スタジオの出町です。

土田うどん復活プロジェクトの続報です!
9月13日(日)佐治スタジオにて、土田うどんの製麺機械の洗浄作業を始めました。

事前にメーカーに問い合わせた時には、
整備士から、麺を延ばすローラーの部分が鋳物で出来ていて、
「ふぇーそりゃキツイでー。3年もほってたら中まで錆びてるからな」
と遠まわしに諦めろって言われたのですが・・・
諦めきれないのが、僕たちらしいということで。

地元の、農機具扱っている人や、工具などを扱っている人に聞きまくって、
なんとか作業を開始!!

まずは機会をバラしていき、部品ごとに洗っていきます。
さすが、さすがドロドロになった彼らは、非常に手強い!!
b0116276_16502520.jpg

参加してくれた、氷上西高校の生徒の悠と亮に
新町の山本さんに正二郎さん、稲土のちかっさんそして我ら佐治スタジオスタッフ一同
もうみんな油や何やらでドロドロです。

夜も遅く19時くらいまで作業は続きました。
その甲斐あって、各パーツも綺麗に生まれ変わり、
錆びのひどかったローラー部分も、錆びがかなり落ちたように見えます。
b0116276_16505441.jpg

しかし、問題は山積み!!
解体した各パーツを組み立てれるのか。。。
次回作業へ課題は持ち越し!

次回作業は9月20日(日)に決行予定
なんとか製麺を試して、錆の取れ具合を確かめたい!
皆さん随時仲間を募集します!まずは佐治スタジオまで機械を見に来てください!

次回もこうご期待!
[PR]
by saji_saji | 2009-09-14 16:51 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

「土田うどん」復活プロジェクト始動!!

皆さんこんにちは。
佐治スタジオの出町です。

青垣のみなさん、佐治のみなさんにビッグニュース!
みなさんがよくよくご存じ、あるいはこれで育ってきたという方などなど・・・

「土田のうどん復活プロジェクト」始動します!!

僕たちが佐治にかかわり始めて、3年が経ちました。
当時から、地域の方々から、「土田のうどん」をどうにかしたいという想いを
聞き続けてきました。

残念ながら僕たちは一度も食することは出来ませんでしたが、
青垣のみなさんに愛され続けてきた味を、僕たちも食べてみたい!

そして地域の宝である「土田うどん」を、未来に繋げたい!
そんな思いで、ようやく動き始めました!

今回は、関西大学はもちろんのこと、
8月頭にセンバヤさんで一緒に「写真ギャラリー」作りに参加してくれた
氷上西高校の元気あふれる仲間たち、
そして佐治まちづくり協議会の仲間たちと組んで、
まずは11月3日の佐治で行われる「八宿祭り」での復活を目指して頑張ります!

このプロジェクトの様子は、随時サジサジにアップしていきますので、
皆さんお楽しみに!!

そして、そして本題です。

「土田うどん復活プロジェクト仲間大募集」
土田うどん復活プロジェクトに参加していただけませんか?
まだまだ復活への道のりは遠いです…実際。
b0116276_1233969.jpg

b0116276_124289.jpg

一緒に復活目指して頑張る仲間を待っています。
出町まで随時ご連絡ください。
アドレスはn050010@kansai-u.ac.jpです。

みなさん、佐治がいよいよ動き出しますよ!
僕たち(佐治)の今後の動向にご注目あれ!
[PR]
by saji_saji | 2009-09-10 12:04 | 佐治スタジオの活動 | Comments(1)