カテゴリ:佐治スタジオの活動( 181 )

机-つくえ-リノベーション!

机を作りたい…でも足作るのメンドーやなー。
これが僕の脳ミソの中で起こってる葛藤の一部。
b0116276_12475973.jpg

メンドーやなーというか。

どうも、世の中にはかっこいい「足」を持っていながら、
かっこいい「顔」に出会えていない机たちがたくさんいるみたいです。

婚活で地域再生だー!盛り上がる今日の状況を横目で見ながら、
ささやかに「机だって婚活が必要だー!」と小声で意気込むわけです。

で、机リノベーション始めます。
てか、既に第2弾です。
で、先日完成しました!
b0116276_12485013.jpg

天板は、大阪の団地改修プロジェクトに使った丹波の木材を再利用。
杉の板で厚みは30、間柱材なんで適度な節と暴れ具合を見ながらチョイス。
b0116276_1249985.jpg

足は、佐治スタジオのオーナーにお願いして、
土場から机の脚になりそうなもんを拾ってきて、再生。
b0116276_12492839.jpg

あとは、細々と作業を重ねて完成!

一応ダイニングテーブルをイメージしてるんですが、
今んところ、バーカウンターのところで活用。
b0116276_12495190.jpg

やっぱ杉の柔らかい質感と飴色の木肌の感じが、
サイコーに好きですねー。

塗装も最低限の薄さで仕上げているので、
使いながら傷ついたり、汚れたりして、
生活の痕跡が、佐治スタジオという場所が、
時間と共にこの机に刻み込まれていくのを
楽しみに見つめていきたいですね。
b0116276_12502252.jpg

皆さんも、なんか机作ってみたいなー。
ボロボロなんやけど、なんか捨てられへんねん…
これ何かに活用できへんやろか…
てなもんがあったら、ぜひ佐治スタジオまでお越しください。

きっと、新しい価値を発見できると思いますよ!

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-05-25 12:50 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

新年度突入!もうすぐ6年目突入!

毎度ながら、怒涛の年度末を何とか乗り切り・・・
春の気配にようやく意識を向けられるようになってきた感じです。

というか、春ですね。
大学の桜が咲き始めてます。
b0116276_0491634.jpg

桜…いいですね。
しみじみ思います。

本当は、ゲリラガーデンマーケットのこと書きたいんですが、
次回にとっておきたいと思います。

昨年度をザクッと振り返ると、ほんと色々な活動をさせてもらったなーと思います。
本業である、設計らしいことはほとんどしてないんですけど…も。

5年前にコンペをいっしょに闘った仲間と、
当時、いろいろ語り合い、議論してきた事が、
すこしづつ実現してきています。

当時のコンペ案のタイトルは「想いの束」

丹波に暮らす人、関わる人、暮らしていた人…どんなカタチでもいい
丹波への想いを束ねよう
小さな想いも、少しづつ束ねていけば、大きな想いになる。

そんなきっかけ作りに僕らが少しでもお役に立てたら最高ですね。

今年一年で感じたこと、
僕一人だけじゃ、ほんと無力だなーって事。

ゲリラガーデンマーケットや佐治倶楽部の活動、
ATACOM、高校生との活動、丹波ツアーなどなど・・・

いろんな人たちと一緒に考え、悩み、議論し、動き、
笑い、怒り、へこみ、でも動き、そして最後に笑う。

多くの人と丹波で暮らすこと、生きることを共有する豊かさ…
今年ほど強く感じた年はなかったかな…
てか年々強く感じるようになっています。
b0116276_053162.jpg

てなわけで、今年も走り続けます!神出鬼没!
これからもずっと丹波と関わり続けます!
「豊かに暮らす」…そのために僕が出来る事、やり続けます!
みなさんうっとおしいやろうけど、ヨロシクお願いします!

では2011年度スタート!ってことで。

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-04-04 00:53 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

佐治スタジオ3分クッキング!

今僕は、インドネシア料理「soto ayam(ソト アヤム)」を
すすりながら、辛さでヒリヒリした唇を、
窓から眺める吹雪の景色で冷やそうとしています。

そう、青垣は吹雪です。

そして、僕が食べているのは、
昨夏にインドネシアに行ったときに、はまりまくったインドネシア料理の
「soto ayam(ソト アヤム)」というとてもポピュラーな鳥スープです。

で、あまりにも美味しいかったんで、
インドネシアのスーパーでスープの素を大量に買い込んでた訳です。
b0116276_23163755.jpg

作り方はいたって簡単で、
①水を大体1リットルくらい鍋に入れて3分間熱します。
②沸騰するまで3分間ゆで続けます。
③鶏肉を大体3分間で解凍できる量を適当に切って鍋に放り込みます。
④好みの野菜を、3分間切り刻んで、鍋に放り込みます。
 ※僕は、キャベツ、玉ねぎ、みつ葉を小さく刻んで入れました。
⑤3分くらい水で戻した春雨もしくはマロニーちゃんを鍋に入れます。
⑥最後にスープの素をを鍋に入れて、3分ごとに味見します。
⑦ええ感じに、部屋が東南アジアの雰囲気になってきたら、完成です!
てな感じで、皆さんもぜひ一度お試しあれ!

向こうでは、ご飯を入れて雑炊風にしたり、お芋の団子入れたりしてました!
てか、スープの素がめちゃ個性強いんで、なんでもアリです。

今度、佐治倶楽部でインドネシア料理やろうかなー。

PS 今日は、神楽地区の空き家の活用を考えるワークショップに
呼んで頂きまして、いろいろと一緒に勉強してきました!

神楽のみなさん、また学生と一緒に遊びに行きますんで、
よろしくお願いします!

ではでは。

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-03-02 23:16 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

兵庫県人間サイズのまちづくり賞を受賞!

久々の更新です。
頑張ります。

僕たちの活動も、5年目を迎えまして、
なかなか継続して活動出来ているなーといろんな方々に感謝してます。

そんな中、兵庫県の人間サイズのまちづくり賞を受賞することになりました。
b0116276_0143384.jpg

まさに、びっくりなわけです。

今回は関西大学の活動という枠組みでの評価なので、あれですが…
僕たちの佐治での活動が、佐治のみなさん…丹波のみなさんに
もっともっと喜んでもらえるように、これからも頑張っていきます!

なので、この賞をいい励みに、今後とも末長く関わり続けていきますんで、宜しくどうぞ。

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-02-24 00:15 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

猪解体ツアー!

今更ながら、丹波と奈良には海がありません。

しかし丹波には豊かな山の幸があります。

まさに命の源と呼べる「丹波の山」に僕らは生かされています。
なんて事を実感できる瞬間って、年に何回くらいありますかね?

僕は猟師の足立善徳さんのおかげで、年に何回も実感してます。

ということで、「丹波の暮らしの豊かさ」をツアーにしよう!
ということで始めた社会実験企画も今回でラストの7回目を迎えました。

今回は「猪肉解体ツアー!」ということで、
山の幸である猪を、猟師さんと一緒に交流しながら解体していくというツアーを行いました。
もはや丹波ファンと言っても過言ではない、芦屋の皆様が今回もたくさん参加してくれました!
b0116276_0232850.jpg

この日の解体に合わせて、小ぶりの猪を捕まえてきてくれた善徳さん。
簡単に言いますが、全然簡単なことではないんですよね…雪が多くて。

で、しょっぱなから、「どうやって猟するんですか?」
「わなってどうやって仕掛けるんですか?」
皆さん興味津津で、質問攻め。
b0116276_0234868.jpg

この日のために仕込んでいた特性鹿肉ジャーキーも、
一瞬で皆さんの胃袋へ吸い込まれ、いよいよ解体へ。
b0116276_0241615.jpg

時間の関係で、事前に皮むきと、半身の解体は終わらせてもらっていたので、
残りの半身の骨抜きとボタン型にするラッピング作業を行いました。
b0116276_0243351.jpg

THEBARのマスターの小田さんは張り切って解体に取り掛かります!が、
皆さんその後ろからこわごわ覗きながら見てたり、がっつり凝視してたり、
「まな板の上に乗ったら、全然平気やわ」ってなコメントも出たりで、
想像していた以上に皆さん楽しんでもらえて良かったです!
b0116276_025678.jpg

解体の後は、お待ちかね猪肉の鉄板焼き!!
b0116276_0253299.jpg

事前に解体してた猪のスライスをどんどん焼いていきます!
「めちゃめちゃうまい!」
「やわらかい!」「全然く臭くないっ!」
b0116276_0255349.jpg

皆さん大興奮!実際に解体というプロセスを経験したことで、
その味は格別のものになったんではないかと思います!

その後も、善徳さんの話は尽きずで、皆さんほんまに楽しそうでした!
b0116276_0262570.jpg

何よりも善徳さんがめちゃ楽しそうにしてたんで、僕はほんま嬉しかったです!

そのあとは、佐治に戻り黒井屋さんで「ボタン鍋」で宴会した後、
佐治スタジオで交流会&これまでのツアーの報告をしながらもうひと呑み。
b0116276_0264317.jpg

参加して下さった方から「佐治スタジオはなんか別荘みたいな感じやー」って言われました。
この社会実験の狙いの一つが「拠点を構えてツアーをやる」でした。
従来のツアーのように来たら一度きりではなくて、何度も足を運びたくなるような
「故郷」のように何回も訪れたくなる「きっかけ」作りであるべきやと考えています。

そして、このツアーを通じて学んだことが、
地元の方と一緒に何か作業を通して交流するということの重要性です。
今回の善徳さんとの交流が早くも次の動きを作っていて、
芦屋の皆さんは3月に今度は鹿のつくね鍋をやろう!って話になってます。

なんかこんな感じで、参加した側も、受け入れた側もハッピーになれるようなツアーを、
そして素敵な「きっかけ」作りをこれからも仕掛けていきたいなーと思います。

僕的には、まだまだ伝えたい丹波の魅力が山ほどあります!
どういうふうに伝えていくのがいいのか、答えは沢山あると思います。
これからも地元の皆さんや丹波ファンの皆さんと一緒に考え続けたい思います!

善徳さんほんとうにありがとうございましたー!
また3月に鹿鍋お世話になりますっ!

ではまた次回のツアーもこのサジサジにてご案内しますので、
皆さんぜひぜひご参加ください!

ではでは

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-02-01 00:28 | 佐治スタジオの活動 | Comments(2)

まちづくり協議会とイス作り。の巻

佐治まちづくり協議会の皆さんとイスづくりしてます。
b0116276_1145427.jpg

というのも、佐治の町中に座ってまちを眺めれる場所を作ろうというのがスタートです。

まちの中の居場所作り、
佐治に町の魅力的な風景を感じれる場所作り、
外に出歩きたくなる場所作り、
これを地域の木材、地域の住民パワーで作り出そうというのが大きな目的。

先週の日曜日に4、5人で集まってイス作りをやりました。
時間的な制約もあって、すぐには完成!って話にはならないんですが、
みんあで作業分担して、なんとかひとつ目が完成!
b0116276_1146614.jpg

杉の角材(50角)で作った格子の脚の上に、
橡(トチ)の天板(420角-厚40)をのせました。
b0116276_11462526.jpg

なかなかシンプルで力強い雰囲気が出たかなと思ってます。
佐治のまちなみに馴染みながら、ピリッと刺激を与えるようなカタチがいいかなと
話し合いながらデザインを考えていったので、まちなかに置く日が楽しみです。
b0116276_11464846.jpg

あと同じ形のイス(天版はイチョウの木ver.もあります)を3脚作るので、
これからまたばりばり作っていきたいと思います!

久々にモノ作りしましたけど、やっぱ木材は一つ一つ性格が違うから、
付き合っていて楽しいですね!

皆さん、イス作り興味ある方は、是非佐治スタジオまでご連絡を!
てか手伝ってくださいーい!

ではでは。

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-01-30 11:47 | 佐治スタジオの活動 | Comments(1)

第1回愛宕祭りサミット開催!

b0116276_22442996.jpg

皆さん、「愛宕祭り」と言えば、成松を連想される方は多いと思います。
が、
日本各地のあちらこちらで「愛宕祭り」が行われていて、
成松の「造り物」もあちこちで伝統的に作られています。
名前が違ったりするし、ルールも様々なんですが…

で、伝統的な祭りはその地域のまちなみ景観や暮らしと密接に繋がっていて、
まちづくりの原点になっているんだ!ということで、各地で様々な取り組みがされています。

しかし、現在高齢化や担い手の不足などで、
なかなか厳しい地域も増えてきているし、もうやめようかという地域も増えていると聞きます。

一方で、伝統的な祭りがなくなった途端に、
そのまちのまちなみや暮らし方変わってしまったという事例もあり、
伝統的な祭りをどのような形で継承していくのか問題は山積みなわけです。
しかしながら、成松では1年の始まりも終わりも愛宕祭りにありというぐらいで、
成松から出て暮らす人たちが成松に戻ってくる貴重な機会でもあるので、
なんとか大切に継承していきたいなーと思うわけです。

というところから、全国の愛宕祭りで頑張っている人たちを集めて
愛宕祭りサミットを開こうということになりました。
b0116276_2245429.jpg

様々な地域がネットワークを作り、お互いに刺激しあい
応援しあい、競い合いながらそれぞれの地域を盛り上げていくことを目指しています。
b0116276_22453338.jpg

ほんでまー僕は成松の一員として、サミットに参加。
成松の皆さんもいろいろなハプニングを乗り越え、
無事関大に到着。八尾さん吉積さんお疲れさまでした。
昼は学食で、学生に交じって昼食を食べてもらい、
学生の数の多さに圧倒されながらも、楽しんでもらえてよかったです!
b0116276_22455695.jpg

交流会も盛況のうちに終わり、
1回目の愛宕祭りサミットは無事終わりました。

僕たちも、また来年ATACOMでお世話になるし、
昨年以上に関わる学生を増やしていきたいと思いますので、
皆さん来年も成松愛宕祭りから目が離せませんよー!
b0116276_22461559.jpg

では成松の皆さん今年も宜しくお願いしますー!
b0116276_22463634.jpg

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-01-15 22:46 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

えべっさん2011

1月9日、10日は毎年、佐治の八柱神社で恵比寿祭りが行われます。

2年前に本町の皆さんと一緒に参加させてもらっって以来、
毎年、佐治スタジオにも福笹を飾っています。
b0116276_15475447.jpg
2年前に参加した時も、大雪の中地元のみなさんと、
焚火が消えないように夜通し、見守っていました。
特に人数の少ない町内会は大変ですよね…徹夜ですよ。
b0116276_15482166.jpg

しかもめちゃくちゃ寒い…というわけで飲むしかない!
けど、ビールが必要以上に冷えすぎてて、喉を通らない!
熱燗が二口目には、ぬる燗に…三口目には冷になって喉を通らない!
もうウォッカしか…いやいや酔っ払い過ぎる!寝てまう…てことは…?!
けど寒い国の酒が、なんであんなアルコール度が高いんか身体で理解。

てな感じで、次回は新町の担当の番のときに僕も再び参加するわけで、
8町内会が毎年交代でやるんで、皆さんは8年に1回でいいんですが、
僕の場合、本町と新町に参加するわけで、4年に1回です。
まさに恵比寿オリンピック!って感じですね。

オリンピック予選とかあればいいんですが、
僕の場合予選免除ですぐ本大会に参加できるんですよね。

ま、こんなん言いながら、楽しんでるんですけどね、僕は。
軽い変態ですよね。

僕んところの教授の口癖は、
「建築家はマゾじゃないとできない!」
なんですが、僕もあながち建築家の条件を一つクリアしてんじゃないかと…。
なんか嬉しくないですけどね。
b0116276_15483684.jpg

というか、雪の八柱神社、かっこいいですねー。
閾としての存在感抜群ですよね。

「昼は人が作り、夜は神が作る」

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-01-15 15:50 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

佐治スタジオ 1月の新刊

久々にやってみます、このコーナー。
「佐治スタジオの今月の新刊!」

今回ご紹介するのはこの2冊。
まずは「ATACOM」
b0116276_14471472.jpg

今年の夏、成松愛宕祭りに僕たち関大生が関わった全記録を1冊にまとめました!
本のデザインから編集まで学生が気合を込めて作ったproject bookです。

「造り物」を作るに至った経緯や製作合宿の記録など、
僕たちの丹波への想いを集約。
佐治スタジオに常に置いてありますので、いつでも読みに来てください!

2冊目は「住む。 2011年冬号」
b0116276_14462281.jpg

今回の特集は「静かな、木の家具」ということで、
木と共に暮らす喜び、豊かさがじんわり伝わってきます。
丹波で暮らす事は、木と暮らす事なんだ…って思いました。

その他、僕の勝手なチョイスの本たちが佐治スタジオに揃ってきてます。
実は佐治倶楽部で、本屋さんをやりたいと思ってます…。
ゆっくり本を読みながら過ごせる場所って、いいですよね。
ぜひ佐治スタジオへお越しください。

ではでは。

(出町)
[PR]
by saji_saji | 2011-01-06 14:47 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)

2011年始まりましたー!

皆さん、明けましておめでとうございます!
b0116276_14231173.jpg

2011年、つまり平城京遷都1301年ということです。
b0116276_14234943.jpg

今年の8月で関大が佐治に来て5周年ということです。

佐治スタジオ開設当初、
b0116276_14243510.jpg

夜な夜な、騒ぐ僕たちにお怒りの苦情を多数頂いた事、
道の真ん中で花火をしてお叱りを受けた事、
道の真ん中を歩いて、クラクションでご指摘を受けた事、
佐治スタジオで住民の皆さんが白熱の死闘を演じた事、
佐治スタジオの改修中、室内の気温が氷点下になった事、
夏は鍋が出来るくらい涼しいと言って、汗かきながら鍋を食べた事…
b0116276_14251824.jpg

b0116276_14253290.jpg

b0116276_1427157.jpg

言いだしたらキリがないほど、色々ありました…
今となっては笑い話ですが、これまで事故もなく活動を続けてこれたのも
常にいろんな方々にご指導ご支援頂いてきたからだと思います。
b0116276_1425544.jpg

これからもお世話になっていく事は、残念ながら目にはっきり見えております。
これからもくだらないことで怒られ、
くだらないことで汗を流し、くだらないことで笑いあって、
気負わず過ごしていけたらいいなって思います。
b0116276_1426957.jpg

これからも関西大学は関わり続けます。僕もですが。
今年からは「佐治倶楽部」も立ち上がります!
「一緒に」考え、悩み、話し、動き続けましょう!

本年も宜しくお願い致します。

出町 慎
[PR]
by saji_saji | 2011-01-06 14:28 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)