僕たち佐治へ行きます!

こんにちは出町です。
僕たち明日1月24日、25日と佐治へいきます。
今回は、大詰めを迎えました佐治スタジオ改修工事を
しにいきたいと思います。
b0116276_191215.jpg


12月の頭から始まって、早2ヶ月が経とうとしています。
本当は、週末学生が来るときにだけ、大工さんに来ていただいて、
僕たちの改修作業の指導をしてもらうはずだったのですが、
平日も無理を言って、来ていただいて、僕たち・・・主に僕。
僕たちの指導をしていただいて、ここまでやってきました。
b0116276_1122513.jpg

b0116276_1115890.jpg

本来ならば、改修作業を行う前に、
佐治のまちの魅力の増大、佐治での暮らしの質の向上には
何がまちには必要で、そして改修してどのような機能、空間が必要なのかということ、
現存する多くの空き家を再利用することでまちを再生させるには何が必要か・・・
という事を、学生や住民の方々と議論し一緒に考える場が必要なんです。が、
b0116276_161754.jpg

今回は、早急に整備を行わなければならないということもあり、
スタジオの改修のプロセスを共有する時間が短かく、
住民の皆さんにとっては、何をしようとしているのかと思われる方もおられると思います。

今回の改修で大切にし続けた想いとは、
「まちに住民の方々や学生たちの居場所を作る」ということです。
b0116276_174473.jpg

現在、“家”の中には自分の「居場所」があると思います。
だからそこは「自分の家だ」と感じれるのではないでしょうか。

今、佐治を始め、多くの町では、“まち”の中に
自分の「居場所」がないのではないかと思います。
b0116276_113138.jpg

佐治ではかつて、商店街であったころ、そこいらに自分の居場所があったと思います。
まちの中に「自分の居場所」があるということは、
魅力あるまちの条件の一つではないかと考えます。
b0116276_1163946.jpg

そして、そのような居場所とは、自分たちで考え、体を動かして、
協力しあいながら、自分たちの手でつくりだすことによって生まれる
愛着や思い入れの積み重ねが不可欠だと思います。
b0116276_1161455.jpg

だから、学生や住民の皆さんと協働して
空き家の改修を進めて行きたいのです。

今後も、空き家の改修は続けていく予定です。
ぜひ佐治スタジオへ遊びに来てください。
僕たちの「居場所」へ!
b0116276_1181019.jpg

[PR]
by saji_saji | 2008-01-24 01:18 | 大学の授業&活動 | Comments(1)
Commented by いのうえ at 2008-01-25 13:58 x
僕たちの「居場所」
↑なんかいい響きですねぇ。。

改修作業頑張ってください!
<< いきぬきに、 関西大学紹介 ―千里山スタジオ編― >>