阪井くんからヒアリングを受けた

1/10

大学で阪井くんからヒアリングを受けた。彼は修士論文執筆真っ最中で、愛宕祭とそれに関わるATACOMのことについてまとめている。

僕と植地くんは初代のATACOMからの古株で、初期の頃の話や、ATACOM4ではリーダーをしていたこともあり、その辺りを中心に聞かれた。

改めて聞かれるといろんなことを思い出した。怒られた話とか感動した話とか嬉しかった話、悲しかった話…
8年もやってたらそりゃいろいろあるなぁよなぁとしみじみしてしまった。


その夜、阪井くんから何やら興奮気味のメールが届いた。どうやらいろんな方のヒアリングをまとめてきて、何か見えてきたらしい。曰く「人の力で祭りをつくるプロジェクトが、祭りの力で人をつくっている」とのこと。
面白い発想と発見だと思う。
きっと祭りの原点ってそういうことなんじゃないかなと思いながら、彼の修士論文がどんな風に締めくくられるのか、楽しみに待っていることとしよう。

タイシロウ

[PR]
by saji_saji | 2018-01-10 22:10 | タイシロウの日記 | Comments(0)
<< 寒度の限界へ。 おしゃれな年賀状 >>