もちつきの文化

12/30

毎年恒例!?のもちつきが来楽館で開催された。
必死でもちつき続けてたので何人くらい参加されてたかはちょっとわからないのだけれど、飛び入りの参加もあったりで、楽しい雰囲気だったと思う。

以下は、昨年別の場所で書いた文章なのだけど、今年も同じことを思ったので、転載しておきたい。(たまたま日付も一緒)

------------------------------
12/30は餅つきをした。
小学生のときに石臼でついたのが最後。
大きくなってから一生懸命ついたのは初めてだ。
もちができるまでの過程は結構大変で。
もち米は前日から洗って水につけておかないなければならないし、
もち米を蒸すために、おくどさんで火を焚き続け、
重い臼や杵の準備もまた一苦労だ。
とはいうものの、みんなでやれば楽しい場ができあがる。

木の臼と杵でつくのはとても刺激的で楽しい。
蒸したもち米から立ち込める水蒸気。
掛け声ともちがつかれる音。
さむくなったらおくどさんの近くで暖まる。
ツヤツヤのもちをちぎってまるめて優しい甘さのもちを食べる・・・
ずーっと五感が刺激されてる。
粒状の米が一つのツヤのあるやわらかな塊に変化していくその様にあわせて、取り囲む人たちの一体感も増していく。
なによりできたもちが美味しい。(僕はもち嫌いだけど、美味しいと感じました。)

こういう一つの空間を共有する感じはやっぱり今の都会にはない文化なのではないかなと思った。 田舎でも、年をとって人が減って準備が大変という理由でやらないところが多いようだ。

感覚的だけど、もちつきのように、色んなしがらみとか思惑とか抜きで一体になれる場所が、これからの時代に必要な気がしてならない。 2017年は「同じ空間を共有する文化」に触れて、その魅力を感じ伝えていきたい。知ってほしい。感じてほしい。 そんなことができればいいなと思う。
------------------------------


2017年そんな空間づくりできてたかな。

タイシロウ

b0116276_00552984.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-12-30 23:57 | タイシロウの日記 | Comments(0)
<< チリも積もれば山になる 望年会2017の様子 >>