西山夘三の住まいの採集帳

8/19

「西山夘三の住まいの採集帳」という展覧会にいった。
すきま時間でささっと40分だけ、刺激的な時間だった。

-日本のすまい研究を牽引してきた建築学者、西山夘三(にしやまうぞう)(1911-1994)は、徹底した住み方調査を通して、膨大なスケッチや図版、写真を残しました。
本展では、漫画家を目指したほどの画力とすぐれた観察眼を持ち合わせた西山夘三による「すまい」のスケッチや図版、写真類、そして中学時代からの漫画作品や記録魔ぶりを窺わせる日記など約90点の資料から、西山すまい学の一端と彼の多彩な魅力に迫ります。-
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

最近記録を残すことに興味があって、少しチャレンジしようかなと。
手を動かす時間を増やしたい。

余談だが、、、
展覧会会場に小学校低学年の子がいて、めっちゃメモ取ってた。何をそんな熱心にと思ってのぞいたら平面パースをスケッチ模写してた。それだけでも驚いたけど、近くにいたお父さんが「うまいねー!3分休んだら別のもね。」
英才教育恐ろしい。

セキヤ
b0116276_22111537.jpg

[PR]
by saji_saji | 2017-08-19 22:05 | Comments(0)
<< 歩こう会 黄色いトウガラシの猛威 >>