中佐治の中佐治!?

8/3 今日から岡ゼミの中佐治調査。

毎年、丹波市内の様々な集落を訪れ
住まいと暮らしのカタチを調査する
建築学科岡先生の地域再生ゼミ。

これまで、
佐治スタジオがある佐治のまちはもちろんのこと、
ATACOMで活動する成松の町、
(実はこの授業で調査したのが成松との関わりの始まり…)
春日町の黒井や柏原町の城下町、
青垣では、稲土の菅原集落、遠阪の今出集落などなど

そして今年は、僕が暮らしている集落。
遠阪の中佐治の中佐治がフィールドに。

詳しく言うと、遠阪校区の中の、中佐治総区の中の、中佐治自治会。
ちなみに僕が暮らすのは中佐治の2組。
いやーややこしい…というか複雑ですね。

というわけで、中佐治の中心である平岩家をメインに
学生たちによる集落調査の始まり始まり。

自分の暮らす集落だから、いろいろ知りたいことは山のようにあるのだが、
ここは学生目線でどんな発見をしてくるのか楽しみにしようかと。

といっても、やはり地元のことは地元の方に学べとうことで、
初日の晩は、平岩家の当主、平岩さんにスタジオまでお越し頂き、
中佐治のルーツ、平岩家のルーツについてレクチャー。
b0116276_02394039.jpg
「かつては、上佐治・中佐治・下佐治と呼ばれていたらしい」「えー!?」
「山垣城のふもとでは、「屋敷」「堀」「馬場」といった小字が残っていて…」
「えー!?どう見ても田んぼにしか…」

などなど、面白いお話盛りだくさんでしたね。
いやー昔の暮らしや大昔の都市計画は「地形のチカラ、大地のチカラ」を
最大限に生かしていたんだ…すごいですよね、僕らのご先祖さま。

というわけで、毎年いろんな発見がある地域再生の授業。
楽しみな夏が今年も始まりましたね。

デマチ


[PR]
by saji_saji | 2017-08-03 02:31 | 出町日誌 | Comments(0)
<< 岡ゼミ 地域再生ゼミが始まりました >>