道の駅の夕べが近づいてきた。

7/17 道の駅の夕べ2017 行燈づくりの日

今日は、道の駅の夕べのメインイベントである
子供たちと作る行燈の組み立て作業の日。

地元青垣中学校の生徒会&ボランティアの生徒たち
氷上西高校のまちづくり部のメンバー
そして付き添いの先生(戦力です)と一緒に
行燈の組み立てに取り掛かった。

毎年行燈の作り方は試行錯誤のなかで微妙に変わる。
今回は、ペットボトルの底に砂を入れて蝋燭を突き刺すという方法。
試作品はうまく作れたんだが、量産体制になると急に難しくなる。

なんせ砂なんでね…水含ませてるんで柔いんですよ…。
子供たちと現場協議を重ねながら、なんとか作業は順調に動き出すも…
まさかのペットボトル切れで作業終了。

残すところ1週間。
今年もドタバタの中、本番を迎えそうだ。

それにしても、頑張ってくれた中学生高校生のみんな、
ほんとうにありがとう!
当日、みんなの頑張った成果を楽しみにしててね。

さて、ペットボトルのお茶を買いに行こうか…底が平たくて丸いやつね。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-07-17 11:22 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)
<< 苦悩の時間は裏切らない 佐治農園「燻製実験」 >>