福井県でみつけた、とある集落の風景

7/10 今日もいろいろあったんですけど…なんとなくこの話題。

いい感じの集落を見つけると、
思わずハンドルを切って旧道へ入っていく。

面白そうな路地を見つけると、
おもむろに車を停めて歩きたくなってしまう。

これは集落マニアによくある反射的行動の一つだと思っている。

そんな反射的行動の繰り返しの先で見つけた、
とある漁村の路地を抜けた先の風景を紹介。
b0116276_21213258.jpg
朽ちかけた蔵の風合いがたまらない。
漁村ならではのどんよりとした空気のなかで
異質な色合いと素材感が際立っていた。

集落マニアの方なら、だれしも大好物なんじゃないかな…この感じ。

これだから集落は面白い。
そして美しい。

出町

[PR]
by saji_saji | 2017-07-10 21:25 | 出町日誌 | Comments(0)
<< 目に見えない問題 地域交流ワークショップ「表具師... >>