大人の木工教室…の先生です。

4月15日

「関西大学佐治スタジオ」という肩書がつくことで
世間から「先生」と呼ばれることが極端に増える今日この頃。
いつも「いや先生なんて呼ばんとって下さい」と言うのですが、
謙遜していると思われて…結局「出町先生」と呼ばれてしまう僕です。

そんな僕がもう一つ先生と呼ばれる場所があります。
それは篠山市にある兵庫県立丹波並木道中央公園で
毎月第1、第3土曜に開催されている「大人の木工教室」
いろいろご縁があって、1年くらい前から、
木工教室に来られた方の作業をサポートしています。
自分でものを作るのは好きだけど…
人に作り方を教えるのは苦手なんですよね…

それでも1年やり続けたら少しはましになってきて、
「先生の教え方分かりやすいわぁ~」なんて言われる日も。

「先生」って言われるのには、めちゃくちゃ抵抗があるけど、
伝えたいことが相手に伝わるっていうのは、嬉しいことだなって思います。
当たり前のことですけどね。

というわけで今日も、朝から木工教室に行ってきました。

公園内の山の整備の一環で桧を伐りだし、
同敷地内の製材施設で加工した材料を使って
イスやテーブル、収納BOXの中から好きなものを制作します。

また興味がありましたら、
ぜひ申し込んでみて下さい!

そういえば、一級建築士も「先生、先生」って呼ばれてますよね。
そっちの方で「先生」って呼ばれるようにならなアカンのでしょうね…。

うーん。

デマチ




[PR]
by saji_saji | 2017-04-15 01:28 | Comments(0)
<< 丹波悠遊の森「そば街道と手仕事... スパイスな男になりたい奴らのBAR。 >>