森の音楽祭 2014 笑顔編。

最後は、素敵な笑顔編。
笑顔の理由は、人それぞれあるでしょう。
ヴォロ家(ボロ家)のYくんが、
「僕たちはここが好きです。ここに永住するつもりでいます。
ここで土を耕し、仲間と暮らし、いつか結婚して、子供も育てたいです」
というくだりでは、キャーという歓声とともに拍手が鳴り響きました。
この時の三春エプロンコーラスの皆さんの笑顔は、最高でした。

「何ができとるんかとおもてたけど、今日来れて良かった」
「冥土の土産ができたわ~」
「あ~、楽しかった、楽しかった。ありがとう!」
と帰路につかれました。
老いも若きも交流できたとてもいい時間だったと思います。

関大のTくんは、
「音楽祭の後、オーシャンゼリゼを歌ってる男の子がいたんですよ。
たった一人だけど、それだけで、あ~よかった。
今回は成功したって思えました。」って話してくれました。

次回が本当に楽しみです。

オ~ジノモリ~♪ オ~ジノモリ~♪
(A)
b0116276_1653935.jpg
b0116276_1654955.jpg
b0116276_16551059.jpg
b0116276_16553866.jpg
b0116276_16565198.jpg
b0116276_16571680.jpg

[PR]
by saji_saji | 2014-03-20 16:58 | 大学の授業&活動 | Comments(0)
<< 大分大学「農山村未来創造室」訪問。 森の音楽祭 2014 関大バンド編。 >>