「ほっ」と。キャンペーン

沢野遊園地改修計画作り -途中経過その2-

沢野遊園地改修計画作り -途中経過その2-

昨年から沢野自治会の皆さんと一緒に考えてきた
沢野遊園地の再生計画作りのワークショップの経過報告です。
b0116276_10495213.png

4月11日(火)に沢野公民館で、
第3回の計画案の検討ワークショップを行いました。
b0116276_10384896.jpg

これまで提案してきた、
①みんなで作り続けている公園作り(運動体として公園を捉える)
②建物に囲まれた、落ち着きのある空間作り
③公園にある資源を活用した公園作り(水はけの悪さ、茂りすぎの桜など)
を具体的に模型とスケッチ図面を使って提案しました。
b0116276_10501614.png

模型を囲みながら、意見交換を重ねる中で
検討委員会の皆さんと具体的に話を進めていく段階の話へ…。
b0116276_10505183.jpg

学生や地元の方々そして、佐治にたくさんある小中高等学校の子供たちを巻き込みながら、
ワークショップ形式で、公園を少しづつ再生していこうということになりそうです。

これには、計画を作って、実行に移るまでの期間が開かないっていう利点があります。
色々な方々のエネルギーを途切れさせずに計画を進めていくことは重要だと思います。

ということで…とりあえず関西大学の学生が社会実験的に
沢野公園でワークショップを行っていきたいと思います。

まずは木材を並べて、水はけの悪い地面に、
イカダ状の木製デッキを作ってみたいと思います。

どんな感じになるか分からないけど、
この公園の再生へのプロセスが、関わり続ける定住を促進し、
地域が抱える様々な課題を解決する、一つの糸口になると信じています。・

ワークショップの様子や案内をアップしていきますので、
皆さんどんどん参加してください!

----------------------------------
沢野遊園地改修計画作りプロジェクト

主 催 沢野自治会
    関西大学佐治スタジオ
協 力 佐治倶楽部
    沢野自治会 子供会 2組の皆さん
    認定子供園あおがき
    子育て学習センター
    など
問合せ 関西大学佐治スタジオ
    TEL 0795-86-7078
[PR]
by saji_saji | 2012-04-17 10:39 | 佐治スタジオの活動 | Comments(0)
<< なにげない風景…福井のどっか 佐治スタジオ台所の改修作業報告... >>