ATACOM2011-今年の制作作品決定!

8月23日、24日の愛宕祭りまで1週間を切りました!

今年も、学生の考える作り物コンテストを成松で行いました!
関大の建築学科の学生を中心に10案の提案がありました。

今年のコンペのテーマは「造り物のツクリカタ」。
昨年の提案を踏まえて、より地域の伝統に即した形で、
新しいツクリモノに対する視点を提供できたら…という思いから、
今年は特に「作り方」からデザインを導いていくことをテーマにしました。

で、8月6日成松で地元の方々や大阪から建築家やデザイナーを招き、
今年の作り物を決めるコンテストを行いました。

白熱したプレゼン&討論の結果、
員外研究生の飯坂君の提案が見事最終案に選ばれました。
タイトルは「YAMA CHILDREN TAMBA DORAGON」で、
甲賀山などの山から枝木を拾ってきて、それを束ねてつなぎ合わせ
丹波竜の常識を覆す丹波竜を作るという提案。
b0116276_19515740.jpg

地元で手に入る素材を使っているという点、
ツクリモノが終わった後も、転用できる素材であるという点、
造り物らしい地元の時事的なテーマを扱った提案であるという点、
作るというプロセスに多くの人が関われる作り方である点など…
審査員&会場から高い評価を受けました。

他にも、
「加古川の石ころ一式」
b0116276_1952263.jpg

「丹波の竹一式」
「ポリ袋一式」
b0116276_19524338.jpg

など

何で作るのか?どうやって作るのか?
いろんな角度から掘り下げた提案が多く、大変楽しいコンテストとなりました!

昨年は、オープン参加という形でしたが、
今年からは本番の造り物コンテストへの参加も認められ、
俄然やるきまんまんの僕たちですが…

8月16日から、成松に泊まり込みで制作合宿が始っています!
今年も20名近い学生が、エネルギーのある限りを尽くして頑張っています。

ぜひぜひ皆さん愛宕祭りでの披露をお楽しみに!
ちなみに差し入れ&ちゃちゃ入れ大歓迎です!

ではでは。

(出町)

-------------------------------------------------------
ひかみ成松愛宕祭り
8月23日(火)、24日(水)
 造り物は期間中、町内11か所で展示。
 24日19時30分~東北の被災地支援花火4,000発
 他、関大生による路上ペインティングイベント
 愛宕祭りメイキングムービー上映会などイベント盛りだくさん。
-------------------------------------------------------
ATACOM(アタコム)
関大生を中心とした、愛宕祭りを生かしたまちづくりを、
地元の方々と一緒に考え実践する学生グループ
[PR]
by saji_saji | 2011-08-19 19:53 | 大学の授業&活動 | Comments(1)
Commented at 2011-08-22 15:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 秋のゲリラガーデンマーケット 愛宕祭りの熱気の素 >>