ATACOM2011

今、学生たちは徹夜の連続で意識朦朧としながら…
それでも、パソコンに向かい作業をしています。

彼らに負けまいと僕もついつい何徹も重ねてしまいます…。

なぜ彼らは頑張るのか…。

それは、今年の成松愛宕祭りの造り物で、
自分の考える「ツクリモノ」を実現させたいからです。

「学生が考える『造り物』コンテスト」
日時 8月6日(土)13時00分~15時00分
場所 ひかみ成松交流館(成松の下町、旧JA建物)

昨年は、応募があった全10案の中から
「ガレージにいる、山のこども」という案が選ばれ、
丹波の製材所で出る、木材の廃材一式で、丹波の山を表現しました。
b0116276_23204299.jpg

今年は、どんな提案が出てくるのか?
そしてどの提案が実施案として選ばれるのか?
皆さん学生の考える新しい視点からのツクリモノを見に来ませんか?

今年も成松愛宕祭りから目が離せない!

(でまち)

-------------------------------------------------------
ひかみ成松愛宕祭り
8月23日(火)、24日(水)
 造り物は期間中、町内11か所で展示。
 24日19時30分~東北の被災地支援花火4,000発
 他、関大生による路上ペインティングイベント
 愛宕祭りメイキングムービー上映会などイベント盛りだくさん。
-------------------------------------------------------
ATACOM(アタコム)
関大生を中心とした、愛宕祭りを生かしたまちづくりを、
地元の方々と一緒に考え実践する学生グループ
[PR]
by saji_saji | 2011-08-03 23:25 | 大学の授業&活動 | Comments(0)
<< 愛宕祭りの熱気の素 続・佐治ゲリラガーデンマーケット >>