世界から佐治を見る。

僕の好きな作家の一人に藤原新也さんという方がいます。写真家なんかな…

ほんで、藤原さんが書いた「全東洋街道」という本は僕の愛読書です。

トルコから始まり、アジア各地を放浪しながら、
様々な国の場所の匂い、人間の性、生物、大地、生きる事…死…日常
ドロドロした「何か」を、写真とペンでありのままに書きとめていて…

本当に「生きる」ってドロドロしてて、矛盾に溢れてて、
けど…どこか「美しい」よなって感じさせてくれる一冊です。

で、なんでこんなこと書いてんのか…ってことなんですが。

実は、今日の晩から、5月1日まで
あこがれのシルクロードの出発点トルコ・イスタンブールへ行きます。
集落調査が目的で、他にギリシャ、アルジェリアへも行きます!

僕の生まれ育ちは奈良県奈良市なんはいつも言ってるんであれですが。
僕が小さい頃、奈良で開催されたシルクロード博がきっかけで、

「いつかシルクロードを全部歩いてみたい!」って

ガキの頃から強く抱き続けてきました。

その憧れのシルクロードの出発点に立てる日がやっと巡ってきました。
僕の建築の原点は集落です…けどもっと辿れば「シルクロード」なのかもしれません。

世界の美しい集落はいつも矛盾に満ち溢れています。
どこか、何かが「欠落」している気がします。
けどそれを「豊か」だと感じる自分がいます。
欠落している「何か」を自分の身体で確かめてきたいと思います。

少しの間、佐治のまちを離れます…
僕は少し離れたところから佐治の事、そして日本の未来の事…
じっくり考えてきたいと思います。

では皆さん、また5月にお会いしましょう!ちーす。

(出町 慎)
[PR]
by saji_saji | 2011-04-09 11:21 | 出町日誌 | Comments(0)
<< 帰ってきました! バラが彩るまち-佐治ゲリラガー... >>