未来予想図づくりワークショップ

11/18

9月末から行ってきた南花台の未来予想図づくりの中間まとめとして、
地域の方に声かけをしてワークショップを行った。

現在の南花台や周辺ニュータウンの抱える課題、それに対して咲っく南花台で取り組んでいる様々なプロジェクトを共有後、9月末から行ってきたヒアリング内容を報告。その上で、みんなで「シニア世代」「子育て世代」「こどもたち」の順で、3つ世代にとっての南花台の未来について考え、最後に「5年後、10年後、20年後の南花台の未来の姿」について話し合うというもの。雨の中20人の参加があった。

それぞれの世代の未来について
・テーマ説明1分
・個人で検討2分
・グループごとに個人の意見の共有10分
・全体でグループで出た意見の共有5分
…というふうに細かく時間を決めて1セット。
これを4セット、約1時間半、みっちり話しあった。

今回大切にしたのは
「ゴールを決めることではなく、みんなの想いを共有すること」
当たり前だけど、まちづくりや地域再生に正解などなくて、その場所その時その状況に合わせて無数にできることがある。それを「こうするんだ!未来はこうだ!」なんて決め付けることはできない。むしろ、まずは、多様な想いがあるということをみんなで確認しあうことが大切だと考えた。そこから見えてくる「何か」に対して次の方法を考えるしかないのではないか…と思っている。

学生と内容を考えたのだが、僕としては、きっちり時間を決めて進めるというタイプのワークショップを仕切ったことがなかったので、すごく不安だった。実際やってみると、いつも以上に密度の濃いワークショップになり、意見もたくさん聞くことができた。地域の方も満足したのかワークショップ後に僕まで個人的に意見を言いに来る人はいなくて(いつもは結構ある。消化不良なのかなと反省してる)、むしろ学生の関わりやワークショップでの振る舞いを褒めていただけた。

これまでは、「ゆるい雰囲気で気軽に自由に話し合うことが大切」だと思ってきたのだけれど、「明確な目的のために綿密に計画された話し合いの場」も大変有効だということを実感した。

今度は未来予想図をどんな風に表現するか。
みんなでしっかり考えたい。
b0116276_21115724.jpg
b0116276_21115643.jpg
b0116276_21115702.jpg

※この話を江川先生が聞きつけて、
ドイツのバルトキルヒでの将来ビジョンと実行プロセスについて紹介された。
下記の記事がわかりやすい。
住民参加で2年かけて将来ビジョンを練り上げて、
次の2年で実行のためのアイデア出しを行っている。
そういえばスローシティについて調べている時に見かけた記事だ。

タイシロウ


[PR]
# by saji_saji | 2017-11-18 21:09 | タイシロウの日記 | Comments(0)

高等部の研究報告会

11/16

今年度関大の高等部の授業(SGH;スーパーグローバルハイスクール)の外部講師をしている。
※SGHについては下記からどうぞ


なんかすごい大きなことが書いてあるけど、
僕は1年生を担当していて、研究とは何か?論文とは何か?
ということをみんなで一緒に考えている。

今日は研究報告会(ポスターセッション)があった。
会場に着くと多くの高校生がポスターの前で説明を聞いている。説明する学生からは緊張感がバンバン伝わってくるけど、先生や保護者に対しても真摯に説明していて、最近の若い子はみんなしっかりしてんなーなんて思ったりした。

3班あったのだけれど、
それぞれ「まちの暮らしやすさの指標とは」「IT技術と幸福」「憩いの場の提案」というようなことをテーマにしている。難しいテーマながら、結構人気があったように思う。


自分たちの研究内容を学内外の人にプレゼンするなんて機会が高校1年生からあるってとっても幸せなことだなぁと思う。僕が高校生の時に外の人との繋がりって部活の演奏会くらいで。基本的には高校という閉じたコミュニティで生きてきたように思う。
彼ら彼女らにとって外の人として何か刺激になっているといいな。

高校生が「地方創生」というキーワードでまちづくりについて調べた内容を話しているのを聞いて、この場にいる高校生が、地域再生・再編の取り組みの担い手になれば…なんて想いを馳せてみたりした。

タイシロウ

b0116276_07592778.jpg
b0116276_07592666.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-11-16 20:58 | タイシロウの日記 | Comments(0)

マチオモイ帖

11/15

ATACOM8リーダーの中村さんが
「マチオモイ帖がつくれるまちはいいまちなんじゃないか」
ということを話していた。
なんでも、インターン先が東京で行われたマチオモイ帖の展覧会の空間設計を担当していたそうで、東京まで見に行ったらしい。
※マチオモイ帖については下記からどうぞ


僕もマチオモイ帖自体は2年ほど前から知っていたのだけど、実際に見に行ったことはなかったので、大阪での展覧会を見に行った。

会場には思っていた以上にたくさんの個性的なマチオモイ帖があった。まちの捉え方切り取り方は、人によってかなり異なっていて、勝手に一冊にまちのことがまとまっている冊子をイメージしていた僕には新鮮なものとして映った。まちの風景を写真で記録した人、イラストで表現した人、想いを詩で表現した人、インタビュー記事の人などなど…


丹波でマチオモイ帖作れたらなぁと思って見に行った。
会場で個性的なオモイ帖を見ているうちに、どうすれば、住んでる人一人ひとりの想いをモノとしてまとめることが出来るのだろうと考えていた。
当たり前なんだけど、人それぞれまちへの想いが異なっている。景色、空気、匂い、食べ物、公園、暮らし、家族…それぞれの断片的な想いの集積がまちを表現するというストーリーは、参加する人も見ている人も楽しいのではないか。きっと数があればあるほど楽しいし、発見やつながりも作り出せると思う。

ただ、今あるマチオモイ帖のほとんどがデザイナーによってつくられていて、実際につくろうと思うとあのクオリティで作れない。(その分余計に個性的に見えているのだと思う)フォーマットを作ることでコントロールできるかもしれないけど、その制約が表現の自由度を奪いはしないか。

専門知識がない人でもまちへの想いをモノとして表現できる方法がないのかなぁ。帰り道、悶々と考えていた。

タイシロウ

[PR]
# by saji_saji | 2017-11-15 23:33 | タイシロウの日記 | Comments(0)

亀岡市河原林町の方々の視察

11/14

午後から亀岡市河原林町の方々の視察があった。まちづくり会の面々とのこと、16名の参加、大人数でびっくり。途中で黒井屋さんの昼食を挟みながら、佐冶スタジオ、本町の家、衣川會舘を見学してもらい、衣川で市役所堂本さんから市の空き家対策の取り組みや丹波市と関西大学の連携の経緯などを話してもらい、出町さんから佐冶スタジオ、佐治倶楽部の取り組みについて話してもらい、その後ディスカッションという流れ。

ディスカッションでは、「様々な空き家対策定住移住政策で、移住者の数も増えて来ているという話があったが、30年後も同じような状況(若い人たちが出ていく)がおこるかもしれない。それを見越した取り組みは行ってますか?」というような鋭い質問もあったりして、刺激的な会だった。みんなどこもなんとかしたいという気持ちを持った方がいるものだ。

個人的には、堂本さんの資料が大変勉強になり、なんだか視察に来た人みたいになってうんうんうなづきながら聞いていた。

出町さんの発表も久しぶりに聞いた。佐冶には週一回は来ているものの、なかなかゆっくり話すことはない。
実は現場で活動してると、自分たちの活動についてまとめる機会ってなかったりする。大学やらシンポジウムやらで依頼されないとなかなかやらないものなんです…。仲間の発表を聞いて、改めて佐冶の活動の意義を知ったりするのだ。


「月一回の佐冶倶楽部のどんな話が出てるのですか?」という質問に対し
「まぁ半分くらい雑談ですね、脱線しちゃう笑」
「議題は流すんやけど、雑談の中からこれやろ、あれやろとなるなぁ。まぁでも最初はうまくいかないですよ笑」
という臼井さん、出町さんの掛け合いが印象的だった。
このゆるさが継続の秘訣なんだ、きっと。

「やりたいことをやる。」

当たり前なんだけど、なかなかできない。でも佐冶倶楽部なら、佐冶のまちならやっていいんだ。



書きながら思い返してみると
なんだか希望をもらったような機会だったなぁ

タイシロウ


b0116276_20485125.jpg


[PR]
# by saji_saji | 2017-11-14 20:46 | タイシロウの日記 | Comments(0)

地域再生学内報告会

11/11

今日は大学で地域再生の報告会が行われた。
ここ数年は僕が司会を担当している。
今年は50人ほどの学生が報告会に参加した。
b0116276_22305520.jpg
今年、河内長野の方の活動が忙しくて地域再生の授業は一つも参加できず、
どの話も新鮮な情報だったので、個人的にはかなり楽しく聞くことができた。

北詰先生に始まりの挨拶をお願いしたのだが
「多様なジャンルの授業が行われているということを知って欲しい」と言っておられた。
ゼミの内容も順に、建築環境デザイン(江川ゼミ)、治水・道・建物の成り立ち(岡ゼミ)、民話(宮崎ゼミ)、景観(北詰ゼミ)、民話(秋山・井ノ口ゼミ)、木造建築(木造建築基礎講座)と本当にいろんな視点から丹波を切り取っていただき、それぞれの専門分野で調査している。

2泊3日で丹波の地に身を置いて取り組んでいるというところも重要だと思う。
僕は最後の挨拶で「まちは一つの物事で成り立っておらず
様々なものごとが複雑絡み合うことにより、複層的な様相で成立しているのだと思う。」
ということを話した。いつも思っていることだ。
それを受け、北詰先生に「景観も視覚やだけではなくて、本当は五感すべてで評価すべきなんだよね。」と言われた。

地域再生の授業は、たったの2泊3日なので
五感すべてを身体感覚として整理して評価することは難しいかもしれないのだけど、
丹波という「地域を身体で感じる」という視点を
来年の地域再生では学生のみんなに感じてもらえたらなと思った。

タイシロウ

b0116276_22305471.jpg

[PR]
# by saji_saji | 2017-11-11 22:32 | タイシロウの日記 | Comments(0)